すみっコぐらしの簡単キャラ弁で小学校・幼稚園の運動会を応援!

子供が幼稚園の時は運動会が午前中に終わったため、みんなで食べるお弁当作りというものがありませんでした。

私にとって、3段弁当を作ることになったのが子供が小学校に入ってからです。

よく雑誌などの特集で「運動家のお弁当」が取り上げられていますよね。

かわいいお弁当箱、かわいい小物、ピクニックのようなグッズで全部揃えられても、わたしの場合は料理下手なので中身が伴わないような・・・

まったく自信がありません (o´_`o)ハァ・・・

でも、子供たちにとっては運動会で頑張って、お昼ご飯にみんなで食べるということが何よりも嬉しく、おいしいものですよね。

今では、小学校によって運動会の日に各自お弁当で教室で食べるというところもあるようです。

我が家の子供たちが学校へ通っている間、あと数年は3段弁当作りを頑張るぞ~!(1年に1回でも私にとっては大イベントなのです(汗))

スポンサーリンク

我が家の3段弁当とグッズ

小学校での場所取りはいつもお友達のママと協力していますが、毎年お弁当作りもあるし、暑かったり、砂ぼこりがすごかたり、年によってなかなか大変なんですよね。

主人が仕事の関係で子供たちの運動会に参加できないことが多く、主人の両親は私に気を使って、お昼前には帰ってしまうため基本的にお弁当は子供たちと私の3人で食べています。

なので、あまり気を使わなくてもよく、お弁当は子供たちが喜ぶものを考えるようにしています。


運動会と言ったら3段弁当!と思い、雑貨屋さんを見て回るとおしゃれでかわいいものばかり♪

でもちょっと高いな~、年に1回しか使わないし、安いものないかな~と探していたところ、アマゾンで発見しました!



3段にもなるし、2段にもなるし、大満足で使っています。

まずは道具から攻める派です ( ̄ー ̄)ニヤリッ

運動会の日は暑くなることが多いので、1番上のフタと隙間には保冷剤や凍らせたゼリーを入れたりしています。

そして、さらに半日屋外に置いておくので、保冷バッグにお弁当箱を入れ、さらに凍らせた飲み物などを保冷材代わりに入れて、キンキン状態に。

かなりの重量となりますが、暑さを考えたら、ごはんが多少冷え冷えになってもばっちり保冷した方がいいですね。

3段弁当と一緒に、紙皿、お箸、カチコチに凍らせた濡れタオル(保冷剤&子供たちの熱中症対策)をセットにしています。

重ねて収納出来たりと、進化したようですね♪


不器用な母が苦戦して作ったキャラ弁

運動会の主役は子供たち。

お弁当は食べたいものを食べてもらい、残ったものを母が食べています。

だいたい野菜系が残るのですが・・・。



小学校2年生の娘が『すみっコぐらし』というキャラクターにはまっていまして、内緒でキャラ弁なるものを作ってみました。

実は、事前練習までしちゃってます。ヒマ人?いえいえ。



どうやって緑色にしたかというと・・・デコふりかけという、キャラ弁用ふりかけがスーパーで売っているんです。




そしてこの緑色はほうれん草味で、なんだか離乳食のような懐かしい味のおにぎりとなりました。

茶色は、金ごまふりかけで、ピンク色は鮭の瓶詰を使っています。



ちなみに、『すみっコぐらし』は、リラックマなどを手掛けるサンエックスのキャラクターで小学生、中高生に人気の癒しキャラなんです。



娘は緑色のペンギンキャラが大好き。

お昼ご飯タイムの時に娘も息子もお弁当を見て大興奮!

こんなんでも喜んでくれるなんて作った甲斐があるもんです。

ぶっちゃけ、ちょっとダサい出来栄えですが、子供たちも母は料理が苦手ということをよくわかってくれているので、素直に喜んでくれました。

まだ数年、運動会のお弁当作りがあるので来年はどうしようかな~。