中学受験をする?しない?最後に決めるのは小学生の我が子の意見

中学受験に関しては住んでいる地域で位置づけがかなり違うようですね。

私自身、〇十年前に中学受験をしましたが、受験をしたのは学年で3人でした。

しかも、中学受験をすることを友達にずっと隠しながら塾に行っていました。

なぜ隠していたかというと、もしかしたら全部不合格で公立へ行くことになるかもしれない、中学受験をする子が珍しかったのであの家は教育熱心だと変な目で見られる、公文やそろばん以外に学習塾へ行っている子がいなかった、など、当時は変に目立ってしまうからでした。

周囲に受験をする子がいない中、知人に中学受験をした子の話を私の両親が聞き、私も塾へ行くことになりました。

それまで、な~んにも勉強していなかった私は、自分の意思もなく、よくわからず、親に「塾へ行ってみない?」と言われたことからスタートした中学受験でした。


スポンサーリンク

中学受験をする?しない?最終的には子供と話し合うことが大切です

我が家の子供たちが通う小学校でも中学受験をする子は学年で数人なようで、「中学受験するんだって~」と子供が噂を聞いてきて知るというような中学受験人口が少ない地域です。しかし、隣の学区の小学校では半分以上の生徒が中学受験をするため、逆に「中学受験しないの?」という小学校もあるようです。

中学受験をするきっかけは、偏差値が高い大学へ入りたい、身内がみんな中学受験をしているから当たり前と思っていた、文化祭が楽しくて憧れた、制服がかわいい、お友達も受験するから自分もしてみたい、すでに将来設計を決めている、家の近くに私立中学がある・・・理由は様々。

どの子でも中学受験をすることは可能ですが、それには学力の問題、塾・学費などお金の問題、通学時間の問題など公立中学とは異なる点がたくさんあります。

中学受験はメリットもデメリットもたくさんあり、膨大なエネルギーも必要ですので、情報収集をして現状を知った上で検討し、子供の性格、やる気、状況をよく話し合ってから決めることが大切です。

正直、我が家はお金の余裕などなく、私立へ6年間通わせることができるかどうかも微妙な状態ですが、親として、子供が決めてやりたいと言ったことにはどんなことであれ、できる限り(←ここ重要)応援したいと思っています。

それが、スポーツの道でも、勉強の道でも習い事でもいいですよね。

我が家の息子は、私と違い自己主張が強いので本人が中学受験をやりたくないと言ったらやめると思います。

親がやってみなさいと言っても、本人のやる気がなければ時間もお金ももったいないです。

中学生になったら周りからも刺激を受け、自覚を持ち、変わってきます。

その時に発揮するように親も切り替えが必要です。

小学生のうちから勉強していないでスポーツをした方がよい、友達と遊んだほうがよいという意見もあり、中学受験に否定的な話も聞いたことがありますが、もちろん、中学受験をすることで友達との時間は少なくなりますし、勉強量は半端なく多くなります。

どちらにしても正解・不正解ではなく、どんな環境でも友人を作り、子供が将来、幸せに自分の力で生き抜いていってくれる力を養ってほしいと親として思っています。