作文・読書感想文が苦手な小学生!ブンブンどりむで書き方を教えてもらおう!

私自身、国語が苦手で、国語から離れたくて理系に進んだような感じでした。

高校時代、高2で理系・文系にクラスが分かれ、理系にいけば、世界史や古文、国語系の科目が減ったんです(^^)


なので、このサイトでも変な日本語や文章がいっぱいかもしれませんので、あらあら・・・と思いながらもスルーして下さい(>o<)


息子は自分で文章を考える、まとめる、文字にして書くということが苦手だなと市販のドリルをやっていたり、学校の様子を見て、低学年のうちから感じていました。

学校の授業時間内に書くという課題が終わらず、居残りか宿題として持ち帰りしていたんです。

宿題として家でやっていても、

「何を書いていいかわからない~!!」

とグチグチ言うばかりで手が動かず、時間ばかりが経ち、親もイライラ。


スポンサーリンク

作文・読書感想文・文章の書き方を学べる通信教育があった!

自宅でできる習い事は時間の都合がつけやすい

これからの時代は、自分の意見をまとめて発表する、記述が増えるということをヒシヒシを感じていたので、マズイっ!!と母の感が発動。

私たち両親とも国語が苦手なのでコツも教えられないし、これはプロの手を借りなければどうにもならないかも~と習い事をリサーチ開始!

今まで通信教育はやったことがなかったのですが、ちょうどいい!というか是非やらせてみたい!と思ったのが、齋藤孝先生監修の作文通信教育「ブンブンどりむ」という学習です。


すぐに資料請求をし、どのような感じで進めていくのか子供と一緒に確認をしました。


子供にとって必須のキャラクターたちがストーリー仕立てで展開していってくれて、無理がない量で、進めやすそう!

資料がとてもわかりやすく、子供にも取り掛かりやすく、親への情報誌もいいネタがいっぱいで嬉しい!

なんと言っても、齋藤孝さんが監修なら安心というか心強いに違いないっ!

というわけで、資料請求し、魅力的な教材を見て、迷わずすぐに入会しました。

ちなみに、齋藤孝さんをご存知ですか?

テレビで見たことがある方もたくさんいらっしゃると思います。

物腰が穏やかな先生で、明治大学文学部教授の教育学者なんですよ。

声に出して読みたい日本語」がベストセラーとなっています。

実際にやってみて良かったと思うところ

・テキストでは1つのテーマの中で、文章の組み立て方を順序良く、わかりやすく、難しくなく、数回にわけて構成していき、最後に自分でまとめる。

・ストーリー仕立てで抵抗なく取り組みやすい

・課題提出は自分でテーマを考えて、自分なりに書いてみる。1ヶ月に2回の提出。

・提出した課題の添削には、先生からポイントをびっしり書かれているが、上手にほめてくれて、子供にも読みやすい字で素直に受け入れられる

・ポイントシールで景品を目指せる

・他にもブンブンどりむ内の新聞があり、投稿してポイントアップを狙ったり、他の子が書いた課題を紹介している

・親宛ての読み物が参考になったり、四字熟語やことわざなどのミニブックがある

・TVにも多数出演されている明治大学文学部教授の齋藤孝先生が監修しているということで、知名度も内容も安心感があってバッチリ

・書く力だけでなく、国語力を効果的に身に着けられるように考えられている教材

・文章を書くという拒絶反応を和らいでくれる

・1日10分程度でできる量なので、毎日コツコツ飽きずにやれる



良いところばかりをあげましたが、まだ小学生の習い事なので、提出する時期については親が子供に促さないと課題を提出しないで終わってしまいますね。

通信教育なので、やはり子供任せにしては意味がありません。

我が家のように手も足も出ずに困っているというお子様には、とっかかりを一緒にやってあげると子供もすぐにコツをつかむので早道だったなと感じました。

なかなか作文専門での習い事がなく、私のように教えてあげたくても「文を書くことが苦手」「下手に教えない方がいいかも…」という親にとっては、とても有効活用できると思います。




果たして、効果があらわれたのでしょうか???


文章を書くハードルが下がって取り組む意欲がでてきた

我が家の息子は甘えん坊で私に頼るというか、「お母さん、何とかして~」「お母さん、そばにいて~」ということが多かったので、最初はテキストを一緒にやっていました。

1日2ページくらいなので、無理なく、一緒におしゃべりしながらも、自分でなるべく文章を考えさせるように、書かせるようにし、付きっきりでやりました。

と言っても、一日10分くらいですが・・・。

しかも、資料請求されると内容や流れがよくわかると思いますが、かわいい絵付き、ストーリーなので親が指導することもなく、ストーリーに自分が考えたことを当てはめていくので、親も苦ではありません。

3ヶ月くらい経つと、「自分でやってみるからお母さん何も言わないで!」という日が出てきました。

文章はつたないものでしたが、いつもはなかなか出てこない言葉を生み出し、自分なりにやってみたんだなと思うと、わが子にとっては一歩成長でした。


半年くらい経つと、課題の長文(原稿用紙1枚くらい)を自分でテーマを考え、構成も考え、書けるようになってきていたので私もびっくり!!

課題は多少文章が変でも、添削をしてくださる先生がいるので、親は口出しをしません。

ちゃんと、下書きをし、清書をし、糊付けをして送付できる準備まで自分でやるようになっていました。


「何回も取り組んでいるうちに、コツがなんとなくわかてきた、ただ、書きやすいテーマがいつも自分が好きな昆虫になってしまう。」と息子は言っていましたが、何も書けずにぐずぐず泣いて手が動かなかった子が手ごたえを感じてくれてとても効果があったと思いました。

中学受験のため日能研に通うことになり、負担を減らそうと、「ブンブンどりむ」を退会してしまいましたが、もうちょっと早くからやっておけばよかったなと後悔しています。

まとめ・感想

幼稚園児の時に我が子が文章を書くことが苦手なんていうことはわかりもしませんでした。

でも、もし得意だったとしても、ブンブンどりむでさらなるコツを掴んだり、コンテストに出て自信をつけるのも有効だなと思いました。

我が家の場合は苦手分野の克服という意味だったので、苦手意識がない小学校入学くらいから少しずつやっていたら、語句も増え、文章を組み立てることも無意識にできるようになっていたかなと頭をよぎりましたが、後の祭り。

やるなら、特典がついている時の方がお得ですよね。

タイミングが大事です!






遅いかな?と思う必要はなく、気が付いた時に始めても成果がでると思います。

子供にとって、文章を書くということは、中学、高校、大学・・・これからの将来、ずっとついてくるものですよね。

どうしても自信がないという場合は、「学年はあくまで目安で、お子さまの学習状況にあわせてコースを選択できます。」と書いてありますので、学年を下げて受講しても大丈夫そうです。

これからの時代は、中高一貫校だけでなく、2020年度の教育改革によって中学入試も思考力・作文力が求められてきています。

PISA型って何?私立の中学入試にも適性検査が増えてきているらしい

1年半くらいの受講でしたが、文章となるとグチグチ文句を言っていた息子が、自分から自信がついてやろうという意識がでたことは大きな成果だと思っています。

気になる方はまずは資料請求をしてから内容をお子様と一緒にご確認くださいね。







4年生の夏休み読書感想文では、4年生の代表に選ばれたようで、苦手だった文章作りに自信が持てました。


(実際のところ、内容はつたない感じで、語彙力もまだまだなく、原稿用紙3枚でかなり苦戦していましたが、学校の先生に選んでいただき、息子もよい機会だったと思います。)


日能研に通うようになって、国語だけでなく、算数・理科・社会でも記述問題が必ずあります。

文章にコンプレックスを感じる前に、書くこと、文を作ることのコツをつかめるといいですね。

【追記】
これからの子供たちは教育改革の境目で、親の世代とは違う学習内容に変わっています。

小学校生活でも文章に対しての取り組みが増えています。

>>新聞スクラップで世の中の話題を知って、まとめる力をつけよう

作文、読解などは、なんとなくできるようになるものではないのだなと中学受験の勉強に取り組んで実感しました。

>>PISA型って何?私立の中学入試にも適性検査が増えてきているらしい

文を書くことに手が止まってしまう子には、楽しさとまでは言わなくても、難しいことではないということがわかってもらえるといいなと思います。

【追記】

兄がブンブンどりむを受講したのが小学校3年生の時でした。

今では、妹が小学校3年生になり、やはり文章を書くことに行き詰まりを感じています。

ブンブンどりむの受講も考えていたのですが、兄弟割引がある日能研を選択したため、授業で記述もあるので日能研一本の習い事。

日能研の夏期講習を受けるつもりはなかったので自宅学習の予定でした。

そんな時、たまたまナイスタイミングでブンブンどりむの2ケ月お試し体験という広告を発見!

うししし(笑)

妹にもぜひやってもらわなければ!!

というわけで、本人に相談もなく、申し込みしました。

>>読書感想文・作文が苦手な小学生の娘に「ブンブンどりむ」夏休みに2ケ月のお試し体験

兄より国語の苦手意識がない分、きっと楽しめると思うんだけどなぁ~。

夏は、読書感想文もあるし、ブンブンどりむでコツも教わりながら文章力をアップしてもらいたいです!