ダンボール遊び☆幼児の五感をフル活用させる遊び

ダンボールは子供にとって、とっておきの遊びアイテムです!

ダンボールで何かを作ろうと思うと、はさみで切りにくいし、後始末が大変だったりしますが、それだけにやりたい放題の遊びが出来ちゃうんですね。

子供たちが小さい時はダンボールが大活躍でした。

・ダンボール迷路
・ダンボールキッチン
・ダンボール化粧台
・ダンボール電車
・ダンボールお風呂


狭い部屋の中でも楽しくなっちゃうアイテムです。

何かを買って大きいダンボールをゲットできたら、もうおうち作りになっちゃうでしょう。

子供はもぐったり、入ったり、隠れたり、狭いところが大好き。

落書きしても、ぺたぺた貼ってもいいですよね。


スポンサーリンク

おうちでも体を動かして楽しいダンボール遊び



下の子が生まれて上の子を連れてなかなか外に出かけられない時など、いつもと違うおもちゃで体を使ってみて下さい☆


汚らしくても、子供が楽しんでいるのが一番!


ダンボール風呂は、チラシを破ってこんな狭い空間で汗びっしょりでした。




兄はダンボールキッチンでおままごと、妹はダンボール化粧台でおしゃれ中?

(ヘアバンドが変にくっついていますが、本人はこれであっているそうです(笑))





ホームセンターで、「おえかき でんしゃ」というダンボールでできた子供が入れるサイズのセットがありました。

自分で好きな旧東海道線のカラーで絵具を塗り塗り。

(屋根までは面倒になってしまった母・・・白いままです。)

楽天でもアマゾンでも品切れでした。

ホームセンターにはこの自動車シリーズもあったので、電車や車好きの子には面白いですよね。




【おまけ】
完全に主人はノーコメント・・・毎日仕事から帰ってきて、ダンボールが転がりまくりのおうちはやっぱり嫌かしら・・・。

よくやるよな~と思っているようです。