塾選び・3年生の秋に入塾テストを受けて2月から通塾開始

塾は関東での話となります。

今の時代、低年齢化となってきていますが、中学受験の塾はだいたい3年生の2月から新学年4年生がスタートとなります。

1月~2月前半に6年生の本番入試が終わるので、次の学年の子たちがスタートしていくというわけです。

塾選びは情報収集をして口コミや評判を調べても、実際に通うのは子供ですし、行ってみないと雰囲気やシステムや対応の感じ方がわからないですよね。


スポンサーリンク

我が子にあう塾を選ぶか、我が子が塾にあわせるか?

集団塾の場合はカリキュラム・やり方が決まっていて、成績によってクラス替え、席順移動など常に競争となります。

その中でも、使用しているテキストの難易度や通塾日数、開始&終了時間も塾によって違うためたくさんの要素を見極めて塾を決める必要があります。

個別指導の場合は、その子の弱点を見つつペース配分をしてくれたり、通塾日の融通がききますが、指導者がアルバイトの学生だったり、相性があわなかったり、すぐ担当の先生がかわってしまったりなど問題もちらほら聞きます。

中学受験のノウハウをわかっていて、責任をもって対応をしてくれる先生ならば逆にありがたいのですが、親の要望、我が子にあう先生との出会いはなかなか難しいことです。

通信教育という方法もありますが、私がきっとキーーーーっとなってしまいそうなので、息子とのバトル勃発が多くなる予感が・・・。

我が家が塾を検討した時に考えたことは、



・候補としては車で送迎しやすい場所にあり、中学受験の情報量が多いSAPIXか日能研。

・四谷大塚もよかったのですが、近くにない。

・早稲田アカデミーは熱血すぎるという評判が気になった。(実際、体験に行っていないので実情はわかりません。)

・栄光ゼミナールは4教科にすると結構、塾代が高い




ということで、サピックスか日能研の選択となりました。

サピックスに入塾できるかどうかは別問題として、入塾レベルが高い、授業レベルも高いことから合格率も高いんですよね。

親としては、通塾すれば子供も必死になって底力がアップするんじゃないかなという考えもありました。

とりあえず入塾してみて、息子が必死にくらいつけるように親もフォローすればやっていけるかな?という気持ちもあったんです。

しかし、息子はきっと3年間突っ走ったら息切れしてしまうのではないかな、もし下の方のクラスでいくら頑張っても頑張っても上がれずにいたら自信・やる気をなくしてしまうのではないかなと親として思いました。

こんな生ぬるいことを言っていては中学受験に勝ち残れないというご意見もあるかと思いますが、子供にとっての3年間は長いので、和気あいあいと評判の日能研に決めました。

(どこまで和気あいあいなのかちょっと不安ではあったのですが・・・)

こういうこともご縁なので、通ってみなくてはわからない部分はあります。

3年生秋の模試を受けて、2月から通塾開始となりました。

息子は、2クラスのうちの下のクラスからのスタートです。

もし、様子がわかりたければ短期講習に通ってみるのも1つですね。

子供自身の意見もでてくると思います。

塾に不満がでてきた場合は転塾という方法もありますが、我が家には金銭面での余裕がないので、日能研の中で目標をたか~くもってほしいと願っています。