子供の習い事:そろばん教室が続かなかった理由、実験教室が続いている理由

我が家ではとりあえず、習い事は本人がやりたいものがあれば、やらせてあげたい&本人がやりたくなくてもスイミングは命を助けるものだから習おうという考えでした。

というわけで、息子は幼稚園~小学校低学年までスイミングとサッカーを習い、娘はスイミングとピアノを習い事としていました。


スポンサーリンク

子供には子供なりの理由がある

【そろばん教室での出来事】

息子は一緒に買いものへ行くと、レジの人がお釣りの金額を言う前に、自分で暗算をしたがり、ゲーム感覚でおつりの計算をしていました。

もしかして、計算を強くしたら伸びるかも?と思い、そろばん教室へ数か月通ったことがありました。

小学校2年生の時です。

しか~し!!


親の思いとは裏腹に、息子はそろばんがやる気ないようで、昔ながらのこわ~いおばちゃん先生に怒られても、そろばんを使わずに暗算してしまっていたようなんです。

先生から私も注意されてしまいました (p・Д・;)



そろばんの先生:「お宅のお子さん、そろばん教室に来ているのに、そろばんを使わないんですよ!注意してもやらないので意味がありません!!」

私:「申し訳ございません。本人とよく話します。」



本人にそろばんをやらない理由を聞いてみると…


「そろばんを使うのが面倒くさい!指で珠を動かさなくても頭でわかっちゃうんだもん!」



あっ・・そうですか。。。
それならばやる意味がないな

と思い、数日後にはそろばん教室を退会したのでした。



【教訓】そろばん教室に通うなら、自分流の計算方法を確立する前に行かせた方がよさそうです。

【大好きな実験教室】

息子は昆虫好きのまま、理科が大好きなのも変わらなかったので『実験教室』が向いているんじゃないかな?と思い、探しました。

本格的なところだと費用が高すぎるし、ちょっとした実験だと面白みがないし・・。

我が家からは遠いのですが、栄光ゼミナールのサイエンスラボの体験をしたところ、息子の目がキラキラ☆

煮干しを解剖し、顕微鏡で見るという実験でした。

入室テストを受けて、即入会し、サイエンスラボはず~っと続けたいということで、中学受験勉強の様子を見ながらギリギリまでお世話になろうかと思っています。

少人数、面倒見がよい、先生のお話が面白い、考えさせる、年に2回の学会があり、まとめて発表する、隔週の授業なので月に2回だから無理なく通える、都合があわないときは振替可能。

教室へ行くまで車で40分くらいかかってしまうのですが、親子ですごく満足しています。

いつも息子はお持ち帰りの物を見せてくれながら、実験内容を語ってくれます。

(正直、私は理系だったのにちょっとちんぷんかんぷんなのですが(笑))。

実験教室でやった内容が、塾の理科のテストにもでた~!と言っていたこともあり、息子にとてもぴったりな習い事は継続できそうです。

【教訓】興味があり、好きなことはとても身になるので伸ばしてあげたい。

好きこそものの上手なれ!!



ちなみに、娘は単発講座の実験をしましたが、「楽しかった~♪」と楽しむだけで、何を学んできたのか???という状態でした。

きっとやることが楽しくて中身に興味はなさそうです。