国語が苦手な息子のために母は考えた!その1

塾に通っていても、中学受験は結局親のサポートがなければ子供だけで力は伸ばせません。

子供本人が家庭学習でもサクサクやり、親のサポートをあまり必要せずに塾での成績もアップされる賢いお子さんもいらっしゃると思いますが、我が家は完全に親のサポートがなくては路頭に迷うタイプです。

我が家の息子の国語が苦手な話題は何度かでてきたと思います。


【参考記事】
中学受験の国語・読解力をどうやってのばすか?

こうなったら、(我が家は父親ではなく)母親の出番でしょ!ということで、超国語が苦手な私が国語対策をすることにしました。


スポンサーリンク

子供の国語力をどうやって伸ばすか?の前に母が勉強するべしPart1

息子のやる気のなさがはっきり出てしまう国語

私自身が中学受験のために2年間、塾に通っていましたが国語って何を習っていたんだろう?とまったく記憶がありません。

算数は、〇〇算とか、線分図の使い方など体で覚えている感じなのですが、国語となるとな~んにも解法なんてあったのかも覚えていません。

なんとなく自分なりに解釈をしながら問題を読んで、問題から必死に答えを探して、必死に埋めるという無理やりな解き方をしていたように思います。

(よくやれていたな・・・と思いますが・・。)

塾の集団授業で国語の時間を過ごしていても、今の息子には特に興味がない科目なので、何も吸収せず成果なんてあらわれないだろうなと思っていました。


案の定、4年生の前半は塾の国語のノートが真っ白けっけ。


教科書の線引きもミミズの線がちらほら。


まったくをもってやる気が見られない状態でした。


やる気がでない⇒ノートに何も書かない⇒問題は解くけど、記述は手を付けない⇒ノートも解答用紙もかなり真っ白。


何を書いてよいかわからない・・とよく言っていたので、読解というものをわかっていなく、どんどん流されてしまってやる気も起きず、悪循環だったんだと思います。

物事を明確にしないと理解ができない子なので、余計にやっていること自体がわかっていなかったんですね。

まずは塾に相談する!

塾では、こちらからアクションを起こさなければ特に対応をしてくれないと思っていたので、まずはこんな状態であることを相談しました。

塾とは長いお付き合いになるので、困っていることはどんな小さいことでも相談した方がいいかと思います。

お金も払っていることですし、子供だけが塾で勉強をするためだけでなく、親もどんどん質問をして、塾・家庭の連携で我が子をサポートしていくのがベストですよね。

塾は小学校と違ってやめたり転塾もできるので、ある程度、相性が必要かと思います。


「うちの子は特に国語で困っているんです~~~!!助けてください!」

と面談していただきました。


(もしかして、塾の先生からすると、迷惑な親だったりして???)



・国語の先生に子供がノートをとっているか気を付けていただく。

・とりあえず自分の言葉で記述を何か書いてみる。

・同じ文章を数回読んで、違った見方をして問題を解きなおしてみる。
 (変に記憶力が良いので、問題の答えは覚えてしまっているのであまり効果的ではないような・・・)

・塾のテキストだけで十分なので、他のドリルをやる必要はない。



だいたいアドバイスの想像はついていましたが、具体的な解決策を見つけるために私なりに考えました。