日能研・サピックス・四谷大塚:塾のクラス替えが気になった

中学受験をすることに決め、通塾するのであれば、まず入塾テストがあります。

公開模試にあわせてテストを受けますが、この結果で入塾後のスタートコースが決まります。


我が家の長男は小学校3年生の秋に日能研の公開模試を受け、2月からwコース(基礎クラス)に入りました。

息子が行っている校舎は、応用クラスがG、基礎クラスがWの2クラスです。

日能研の4年生は2週間に1回、カリキュラムテスト(通称:カリテ)があり、クラス替えに影響します。


息子は、Wクラスの1~3位をキープし、テストの結果で毎回変わる席に一喜一憂していました。

子供なりにプレッシャーというか、競争心というか、順位で席がかわるのも厳しい現実ですね。


子供が行っている校舎は保護者会の席は自由席なのですが、校舎によっては子供の席に親が座るというところもあるそうです。

子供と二人三脚なのだから仕方がないですけど・・・

親も現実を知るんですね・・・(_ _|||)


4年生になる春休み前、息子が塾へ行っている間、日能研から電話がありました。

思わず、


「何かやらかしちゃいました??」


と聞いちゃいました。

学校での問題児から、塾でも何かやらかしてしまったのかとつい条件反射で・・・


先生は、



「いえいえ。一生懸命やっていますよ。よろしければ、クラスアップのご相談で、通塾日が変わるのでタイミングをお聞きしようかと思いまして。」



ということでした。



こういう嬉しい電話は大歓迎です!!



いつも小学校からの電話は息子が何かやらかした電話ばかりだったもので・・・

4年生の春から、とりあえず2クラスのうちの応用クラス(Gクラス)に在籍し、4位~ビリをあちこち席移動しているようです。



「Gクラスは13人くらいで、Wクラスはもっと多いよ。Wクラスはふざけている子がいたり、ケガする子もいて先生がしょっちゅう怒っているし、クラス落ちはしたくない」



と言っていました。

(結構、おふざけキャラだと思っていたのですが、発言はいっぱいするけど塾ではふざけないそうで・・・だいぶ落ち着いた??)


様々なタイプの子供たちがいるので、子供たちの意識も色々ですよね。

日能研はクラス数が少ないので、真面目に授業を受けている子たちには迷惑なことです。


スポンサーリンク

塾によってクラス替え頻度もクラス数も違う!できるだけ上のクラスを目指そう!

日能研に通っているので、他塾の日常を知る機会がほとんどなかったのですが、先日受けたサピックスオープンでクラス基準が発表され、クラス数の多さにびっくりしました。


そこでちょっと調べてまとめてみました。

(2015年、校舎などによってちょっと違うかもしれません)


【日能研】

★ 4,5年生は2週間、6年生は1週間ごとにカリキュラムテスト(通称:カリテ)、数週間ごとに公開模試

★ 4,5年生は2か月に1度くらい、6年生は毎月クラス替え。カリテと公開模試の結果で判断

★ 4年生から成績順で席がかわる

★ 1クラス20名前後、1学年2~3クラス



【サピックス】

★ 毎月あるマンスリーテストと年に2~3回ある組分けテストの結果で1~2か月に1度、クラス替え

★ 6年生から成績で席順が決まる

★ 1クラス15名前後、1学年5~6クラス、大きい校舎は20クラス以上



【四谷大塚】

★ 週例テストと、4,5年生は年に3回、6年生は2回ある組分けテストの結果でクラス替え

★ 4年生は4つのコース、5,6年生は5つのコースに分けられる



目指すもの、目標があると頑張るパワーもでますが、3年間追われ、追い続けるのも大変なことですよね。

学年が上がるにつれて、模試が増えるのでテストだらけです。


今まで読んできた本やブログなどにも書いてありましたが、クラスを上がることは結構大変なことです。

しかも、塾側もクラスによってやることを変えますし、テスト内容がかわることもあります。

5年生になってから、苦手分野がでてくると成績の状況がかわることもあるそうですが、結局はみんなが必死。

なのでクラスは現状のままということが多いため、早いうちからクラスアップを目指すことがよいと経験者の方が言っていました。

私もそう思います。


クラスが上がったら、落ちたくない => 現状維持するのも大変だけど、上を目指す


そうやってゴールまで向かっていくんですね。


鍛えられます! みんなファイト~!