任天堂のマリオメーカー延長チケットを公開模試のご褒美にしてみた

子供もやっぱりニンジンがないと馬力がでないですよね。

我が家の長男のニンジンは、ニンテンドーのDSや、Wii Uタイムで息抜きすることです。

でもでも・・・我が家ではもちろんルールがあるので、そう簡単にはやらせていません。

なんて言ったって、時間の管理もできない息子、夢中になるとやめられない、先にゲームをやると後のことにやる気がでなくなる、なんていうことを繰り返してきたので、きっちり約束を守れた時だけゲームの許可がでます。


スポンサーリンク

我が家でのテレビゲームやDSをやってよいルール

もともとDSを持つようになったのは小学校3年生の冬からでした。

自分のやりたいことばかり優先して、やらなきゃいけないことは後回しか、やらないということを繰り返してきた息子には危険だなと思い、ずっとDSを持たせていませんでした。

でも、周りのお友達は妖怪ウォッチのゲームで大盛り上がり。

子供たちも通る道かなということで、約束事を決めて、DSデビューをしたのが1年前でした。


約束事は



・やることを終わらせてから寝る時間までならやってもOK
 (宿題、勉強、寝る準備、次の日の学校の支度など)

・DS本体は公園に持って行かない
 (物の管理ができないうえに、盗難のトラブルがあるらしいので)

・1回につき、30分まで。それ以降やりたい時は要相談で必ず休憩は入れる

・終わりの時間が守れず、あとちょっと!となる時は没収or強制終了



です。



いつも気分よくゲームができているわけではなく、生活態度、物の管理、勉強に関してなどでやらかしてしまった時は、改善されるまでゲーム禁止なのでしょっちゅう禁止令状態。

自分で時間を作るように計画をたてればいいものを、ついその時の気分でやらなきゃいけないことを後回しにし、結局夜の勉強で時間切れ~ということがほとんどですが・・・。

もったいない!!

でも、気分が乗ると、ゲームやりたさに勉強もホイホイサッサとはかどる時もあるという気分屋ですね。


今回の公開模試の結果が、我が家としてものすごくよかったので(あっ。国語以外で・・・)、ご褒美をどうしようかと主人と相談しました。

やっぱり、一番ゲーム時間が欲しいんだろうねということになり、そこで考えたのが

マリオメーカー15分延長チケット!!

息子は、これを貯めこんでまとめて使うという発想をしそうなので、先手を打つことにしました。

それは、

2週間の有効期限付き!

です。


もともと、ゲームをやる時間がないというより、自分でゲームの時間を作れないことに問題があるのだから、これで生活行動の悪さに気づいてもらおう作戦です。

今回のご褒美として、このチケットを6枚プレゼントしました。

兄は大喜びで勉強頑張っていたのでしばらくは、これがニンジンとなりそうです。


突然話はかわりますが・・・

日能研では、Nフレンズというものがあります。

夏休み前に行ってきたのですが、日能研を卒業した中学1年生のお兄さんお姉さんたちが、進学した学校ごとのブースにわかれて個別で数分ずつお話をさせてもらえるイベントです。

4年生の夏休み前に初めてNフレンズに行き、自分が希望している学校の先輩とお話をしてきました。

子供より、私の方が真剣に色々聞いちゃったんですけどね。。。


そこで気になったのが、

「ゲーム類はやっていましたか?」

という質問。


答えは、

「う~ん、息抜きにやってもいいと思うけど、やり始めたらやめられなくなるから、最初からやらなかった」

ということでした。

えらいっ!!さすがっ!!

これを聞いた息子は・・・

「ぼくもいつかはやらない時がくると思うよ」

だそうです。



今はその時じゃないということですかね???
<(; ̄ ・ ̄)=3