クリスマスプレゼントは子供に人気があるもので!娘の不満が・・

子供にとってクリスマスプレゼントは朝起きた時の楽しみですよね。

親は事前にリサーチし、プレゼントを準備して夜中にこっそり置いておき、子供たちが喜ぶ姿を見るという習慣があります。


私も小さい頃、クリスマスの日の朝には枕元にプレゼントとお菓子が入ったブーツがありました。

各ご家庭でクリスマスプレゼントをサンタさんへお願いする方法や、受け取り方が違うようなので、聞いてみると結構面白いですね。


スポンサーリンク

子供をがっかりさせてしまった親の失敗。ものすごく反省したけど娘は毎年忘れていない

子供たちが小さい頃、なんとなく毎年習慣になるならサンタさんへのクリスマスプレゼントのお願い方法を簡単にしようと思っていました。


お友達のおうちは、クリスマスイブに毎年温かいスープを作って、クリスマスツリーの下に置いておくそうです。

お友達のお母さん、エライっ!

夢があってかわいいです。


我が家は、短冊のごとく、紙に欲しいものを書いてクリスマスツリーに飾り、ことあるごとにクリスマスツリーに手を合わせて、サンタさんにお願いをするという習慣がいつの間に出来上がっていました。

完全に七夕と神社のお参りパターンのコラボです。

もう宗教ごちゃ混ぜ状態??



毎年、子供たちにプレゼントとお菓子の入ったブーツを枕元に置いておいたのですが、娘が4歳の時、親として失格なことをしてしまったんです・・・ 


ちょうどクリスマス前にプリキュアを見始めたばかりの娘はプリキュアのおもちゃをサンタさんにお願いしていました。

しかし、親として2月に新番組が始まるのを知っていたため、

あと1ヶ月くらいしかないのにプリキュアのおもちゃを買うのはもったいないなぁ

今までハマっていたならわかるけど、今からスタートはちょっと遅いしもったいないなぁ

と思っていました。

そこで、それなら娘はピアノも習って音楽が大好きだし、長く使える何か楽器にしよう!と勝手に「木琴」をクリスマスプレゼントに用意しました。


クリスマスの日の朝、娘が起きて

「あれっ。おもちゃじゃなくて木琴だ・・・サンタさんにちゃんと聞こえなかったのかなぁ」

とボソリ。

あぁぁぁぁ~!

親としていけないことをしてしまったぁ~!

Σ(|||▽||| )

と超絶後悔です。


一応、木琴ステキだよね~!一緒に演奏しようよ!とフォローし、遊んではいましたが喜んでないし・・・。

やっぱり、子供たちに人気があるクリスマスプレゼントを選ばないとダメですよね。

そして、その後、娘は毎年、クリスマスツリーに向かって、テレビのCMを指さしながら、

「サンタさん!!これっ!これが欲しいの!ちゃんと大きい声で言うから聞いてください!」

としつこいくらいに叫ぶようになりました。

4歳の時の出来事とはいえ、子供の心を傷つけてしまい、毎年娘には

「なんであの時は木琴だったんだろう・・・」

とつぶやかれます。


まだ娘はサンタさんを信じているので、いつかネタバレになった時にはきっと恨まれるんだろうな(汗)

みなさんも子供の夢を壊さないようにクリスマスプレゼントの準備をしてあげてくださいね。

4歳と言えども、しっかり記憶には残っています(怖)