小学生のノート術★書き方で学力がアップ?子供がやる気なくても見せてみる

本屋さんですごく興味がある本を見つけました。

東大合格生が小学生だった時のノートが紹介されています。

小学校1年生の時に学校でだいたいのノートの書き方を教えてもらいます。

線で囲う、赤・青鉛筆で色分けするなど、基礎の基礎は教えてもらっていますが、素直にやる子とやらない子でノートの質が全然違うんですよね。

息子は、マス目があるノートでもなぜか、

マスを完全無視

やたらと挿絵だけ気合が入っている

ようなノートです。

妹は、マスに目いっぱい大きくきれいに書いているので、とっても見やすいお手本ノート。

息子は、塾へ行くようになってからやっと、下敷きのありがたさをわかったというくらい、ノートが汚くても平気タイプ。

そこで気になったのが、東大に合格するような子は、小学生の時、どういうノートの書き方だったのでしょうか?


スポンサーリンク

自分が書いたノートは頭の中を表している

何かの本で読んだことがあるのですが、自分が書いたノートというのは、自分の頭の中を表しているそうです。

頭の中で整理できていないから、ノートに書く時もぐちゃぐちゃなんだそうです。

確かに・・・

私は、頭の中であれこれ考えるよりも、書き出して忘れないようにしたり、新しい発見を見つけたり、書きながら覚えるという癖がついています。

しかし、息子は頭で全部物事を考え、答えだけをパッと求めるタイプなので、ただ単に各作業が嫌いなのもあって、ノートの取り方がめちゃくちゃです。

学校でも塾でも何度もノートが真っ白だったことがありました。

先生たちにも、息子は書き始めるまでが遅く、慌てて書くから時間が足りていないということで、とっかかりも遅いんですね。



本人は、あれもこれも同時にできない。

聞いていれば頭に入るから、その後で書く!

と言い張る時期がありました。

しかし、頭のキャパシティにも限界があるので、やはりノートを書き、後で自分が見て思い出す、覚えるということに変えていかないといけないという話をしました。

塾では、問題を解くことに一生懸命で、授業のノートをとる、まとめるということを息子はしていません。

学校のノートも字が汚いうえに、まとまってない・・・というか、しょうがなく書いている感じです。

そこで、この東大合格生が小学生だった時のノートを見てみると・・・



うわっ!!やっぱり ∑(゚ロ゚〃)

というくらい、まさに小学生のお手本という感じです。



いやぁ、みんながみんなこういうノートだったとは思えないくらい立派なんですけど・・・

ノートの書き方のノウハウがたくさん書いてありますが、これを息子が読んだところで心が動くかというと・・・

そうでもないみたい Σ( ̄Д ̄;)

です。


ノートをきっちりとるよりも、問題を解きたい!

という息子。

理科が大好きで実験教室にも行っていますが、やはり自分で感想なり、結果なり、まとめなりを書かなくてはいけません。

私は自分で試行錯誤して楽しくノート作りをしていた方なのですが、男の子にノートの取り方って親が教えるべき?放っておくべき?




まったくわかりません。



ノートを書くことは苦手だけど、自分から進んで書いた昆虫図鑑や、ゲームの攻略法などは図入りで説明付きで上手に描くんですよね。

親が子供のノートの書き方を教えなきゃ、子供もわからないよね

とりあえず、付きっきりでノートについての書き方講座みたいに息子に教えても、やってくるはずがありません。

ただ、連絡帳もそうですが、日付、問題の番号、ページなどは最低限書くようにはチェックをしています。

丸付けの時も、相手が見にくかったら丸をもらえないこと、勘違いされるような字を書いてもダメ、割り算などは下に長くのびるものだから余白を考えて、などちょっとしたことは気が付いた時に言うようするくらいです。


この本を読んで、親の声掛けをちょっと意識してみようと思っています。



男の子でもう10歳、あーだこーだ言われるより、たまにサラッと言ってみようかな。

次は高学年になるし、板書の量も増えます。


この本には

ノートでお仕置きしない

とあります。


でも、見たら言いたいことが山ほどでてきちゃうと思うんですよね。

こらえて、ほめる箇所を探してみようと思います。

と言いつつ怒ってしまいそうな私・・・
( ̄_ ̄ i)


書くことで満足してしまう子、しっかり先生の話を聞いて覚えてしまう子など、色々なタイプがあると思いますが、ノートはいつになってもついてきますからね・・・。


そのうち、授業も動画を撮って、家で復習したりする時代になるのでしょうか??

とりあえずはノートを自分なりに書くことをしてほしいと思っています。




【追記(2016年4月13日)】

小5になった息子ですが、相変わらずノートの取り方はお手本になるようなものではありません。

やっと日付や問題番号などを書いたり、ちょっと色分けをするようになったり、フリーハンドで図を書いたりしていますが、計算式はなぜかマスがあるのに波打ってるし・・・。

それでも、タイトルを大きくするなど自分なりに工夫ができるようになってきました。

ノートの取り方を親がいくら言っても、本人が意識しないとなかなか改善されないな~と実感。

特に書くことが面倒な男の子は、とりあえず黒板を写すこと、ノートをとることからですので、難しいです。

(息子なんて、先生のダジャレや面白い話は忘れないようにと言って、ノートに書いてくるし・・・)

ただ、ノートの取り方は自分であみだすのもアリですが、やはりノート作りのベースは知っていてほしいもの。

栄光ゼミナールの学力アップシリーズで「御三家・難関中学に合格する小学生のノート術」が新装されました。


カラフルに色分けしすぎないなど、だいたいノート術に関する本はどれも同じような内容となっている気がします。

ただ、栄光ゼミナールの本は見やすく、子供に見せて、「こういうところをポイントにするといいよ」と注意点やポイントを説明しやすいなと感じました。

やるかやらないかは本人次第ですし、オリジナルノートでももちろん良いと思いますが、マネをすることで書き方を取り入れることができます。

ノートの書き方をあまり意識していない子にはまずはお手本ノートを見せて、気を付けなくてはいけないところだけ注意し、あとはアドバイスとして教えてあげたいなと思います。