小学校の給食費や学級費をPTAが集金する仕組みって・・・

小学校の給食費問題が一時期騒がれましたが、今の時代、自動引き落としにかわりつつあるようです。

えっ?まだ手渡しで集金している学校があるかって??

と、びっくりされる方もいらっしゃるかと思います。

はい・・・我が家の子たちが通う小学校は集金日に子供たちがお金を学校へ持って行くんです。

地域によってはまだまだ手渡しの集金方法の学校も多数あり、自動引き落としにしたけど、未納がやはり多くてまた集金に戻したという学校もあるようです。


スポンサーリンク

仕組みを変えるのは大変なことだとわかるけど・・・

数か月前、PTAの本部をやっている友人から

「会計の人がお仕事で担当できなくなったから本部として集金のお手伝いをしてほしい」

と頼まれ、半年限定でお手伝いをすることになりました。



子供たちが通う小学校では集金日に子供たちが袋に入れて学校へ持って行きます。

担任の先生が預かり、クラス代表の集金係のお母さんたちが回収し、集計をします。

PTAの本部として書類のみをチェックし、現金は各クラスの集計係のお母さんにおまかせ。

教頭先生が銀行へ入金をしに行く。

入金処理が終わったら私たちが通帳を取りに銀行へ行く。

という流れが毎月あります。

これが、すんなりいかないんですよね・・・。

集金係のお母さんたちのチェック不足や、入れる袋を間違えたり、銀行で金額があわないとか、明細表の書き方が違うからやり直しとか・・・

各クラス2名ずつの集金係のお母さんが6学年いて、PTA本部の人がいて、教頭先生が関わって・・・

未納者も絶えません。

書類上と、現金があわなければ何が問題か夕方までかかってPTA本部の私たちが原因究明に。

ボランティアとはいえ、時間も責任も作業もどっさり!!

基本的に学年ごとに書類上と現金が一致するようにチェックしているはずが、なんだかミスがでてくるんですよね。

こんな労力をお母さんたちが使うなら、もっと他の所でお手伝いしてもらい、早く自動引き落としにしてシステム化してほしいものです。

いつまでこんな効率悪いやり方をしているのかな~と思います。

未納者防止としているようですが、自動引き落としだって結局は同じことだと思うのですが・・・。

きっと、どのような方法をとったとしても払う人は払うし、払わない人は払わないという永遠のテーマでしょうね。


提出する側も、兄弟それぞれの集金袋があるので、集金前に小銭を集めたり、お金を両替したり、結構大変です。

もっとPTAの役割も見直してほしいなと思いますが、やはり何かを変えるというのは大変なこと。

数年で異動になるのに、教頭先生も自分の時にシステムを変える労力が大変なんでしょうね。

それもわかります。

でもこうやってPTAの本部でお手伝いをしてみて、普段、ボランティアでやってくださる方がいるということがよくわかりました。


何事も、やらずに文句ばかり言う人も大勢いますが、子供たち・学校のことを考えてできることをしていくのも親の務めかなと思いました。



ちょっと愚痴・・・

事務所の人もいるのですが、給食費や学級費には一切かかわらず、PTAのお母さんたちと教頭先生でやっています。

事務所の方たちは定時で帰ってしまうのですが・・・何か位置づけが違うのでしょうか???

後でわかったのですが、事務所の方たちは市や県の職員だそうで、給食費の集金はやらないらしいです。。。

夢の中にお金がでてきそうです(笑)