上越国際・エンゼルグランディア越後中里・湯沢中里へ!子供と楽しむスキー場選び&道具の準備

親がスキーをやらないと、なかなか家族でスキー旅行という選択肢がありませんよね。

ママ友たちも親がスキーをしないけど、子供たちには経験させてみたいんだよねという声をよく聞きます。

そういう時は、子供だけで参加ができるスキーツアーに行かせるのも1つだと思います。

我が家の体験記事

スキー合宿へ子供1人で行かせた体験は貴重!可愛い子には旅をさせよ


家族で行くにしても、子供だけ行くにしても、スキーには準備が必要です。

それが面倒だ・・・と感じる方も多いかもしれませんね。

でも、今はスポーツショップやブックオフなどの中古にもたくさん子供用のスキーグッズがあるので、サイズが変りやすい子供には安いもので十分だと思います。


スポンサーリンク

スキーへ行くための準備ってそんなに大変?

旅行の準備と言ったら、お母さんがやることがほとんど。

宿泊、日帰り、新幹線、車・・・行き方も泊まり方も様々ですが、最悪、国内なので忘れ物をしてしまってもお金さえあれば大丈夫です。


持ち物として、着る物やニットの帽子、ゴーグルやサングラス、スキーウェア、スノーブーツ、スキー用手袋、ネックウォーマー、スキー用靴下は最低限必要ですね。


スキー用手袋は子供によって濡れてしまうので、予備があるといいかもしれません。

スノーブーツは雪道を歩く時や移動に使います。

地元でも雪が積もった時に学校へ行く時に長靴より歩きやすいのであると便利ですね。

子供用なら、スポーツショップで1000円台で買えました。


スキーウェアの下にはヒートテックやユニクロのフリースを着せていました。

スキーパンツの下にはモモヒキは子供が嫌がるので、パジャマのズボンをはかせていましたが、スキーもスポーツで動いていると結構暑くなるようなので、調整した方がいいかもしれません。


スキーの板やブーツは荷物にもなりますし、レンタルで十分です。


4人家族となると、荷物だけですごい量になり、スポーツバッグでは大変なのでスーツケースに入れて新幹線に乗っていきました。

もしくは、先に宅配便でスキー場へ送ってしまうのもありです。


到着してからアタフタしないように、全部男女別に袋をわけておくと、更衣室で着替えやすいですね。

手荷物に関しては、スキー場によってコインロッカーで有料のところもあれば、無料で荷物預り所のところもあるので、確認するといいかと思います。


ゲレンデでは、親はリュックがあると便利です。

ちょっとしたお菓子や、濡れてしまった時のタオル、暑かった時に脱いだものを入れるためにもリュックは便利です。

吹雪になってしまうこともあるので、スキーウェアもリュックも防水スプレーを事前に自宅でかけておくとよいかと思います。


今まで行ったスキー場は上越国際、湯沢中里、NASPA(ナスパ)

子供たちを初めて連れて行ったのが、NASPA(ナスパ)です。

ナスパニューオータニに宿泊しました。

越後湯沢駅からも送迎バスで近く、とってもきれいで設備がよかったです。

ピングーのキャラクターもいて、キッズガーデンもあり、初めてのお子様でも雪遊び、スキーレッスンが楽しめます。

まだ3歳~5歳くらいだったのでキッズエリアだけで遊びました。

スキー専用ゲレンデなので、スノボーの方がいないのも特徴です。







次に行ったところが湯沢中里です。

ここにはスキー場が2つあります。


エンゼルグランディア越後中里というホテルの目の前にある中里スノーウッドスキー場と、ホテルから離れるのですが大きいゲレンデの湯沢中里となっていますので、位置関係に注意してください。


エンゼルグランディア越後中里のホテルから、湯沢中里のゲレンデまで徒歩15分くらい雪の中を歩かなくてはならず、往復するとものすごい体力です。

しかも、子供の分のスキー板を担いで行き来するのはかなり大変。

スキー板を履いたまま行き来できると書いてありますが、まったいらなので、なかなか思うように進みません。


エンゼルグランディアに宿泊するのであれば、目の前の中里スノーウッドスキー場は便利です。

設備はリーズナブルで良いのですが、ただ、目の前のゲレンデのコースが少なすぎるので、ちょっとすべれるようになると湯沢中里の方が魅力的になります。

まとめると、小さいお子さんでキッズエリアで遊ぶ&ちょっとゲレンデデビューしてみようかなというお子さんがいる場合は、ホテル前の中里スノーウッドスキー場で十分です。






結構すべれるようになってきたので、もっと色々なコースを滑ってみたいというのであれば、湯沢中里はお薦めですが、エンゼルグランディアのホテルからはかなり距離があるので大変です。



というわけで、少し子供たちも滑ることができるようになってきたので日帰りで湯沢中里のゲレンデへ直行しました。

新幹線でお昼前に到着したのですが、シーズン中ということもあって、なんと


レンタルスキーの在庫がない!!



という状態に。


すごい行列に並んだのに、板がない!!



そこで、結局たらいまわしにされ、結構歩いたところにあったレンタルスキー貸し出しでなんとか借りることができました。

日帰りで時間のロスです。

でも、湯沢中里は初心者の子供にも滑りやすいゲレンデだったので、十分楽しむことができました。




最終的には、我が家は上越国際スキー場に落ち着きました。

旅行会社のパンフレットをかき集めるより、ネットの方がプランも多く、Web限定などのお得プランもあるので探してみて下さい。

グリーンプラザ上越を宿泊とするプランで安いものを調査するひと手間で、だいぶ金額がかわることも多いので調べてみるといいですよ。



数ある旅行会社からお得なプランを探してくれるTripAdvisor (トリップアドバイザー)
でチェック!旅行前に気になる口コミもぜひ忘れずに見て下さい。



子供たちも滑れるようになると、キッズエリアで遊ばず、ゲレンデで楽しめるのでリフト券やナイター付き、などの項目を確認しています。

上越国際は私が子供の頃からあり、インパクトがあるホテルですよね。

越後湯沢からバスで20分くらいかかりますが、渋滞があるわけではないので、結構あっという間です。


高速の出口からも近いということで、車で行ったこともありましたが、車の方が高速で渋滞にはまり、ものすごい時間がかかりました。

みんなスキー場へ大集合ですね。


上越国際ではホテル内にサロモンステーションがあり、事前にネットでサイズを入力するとスキー板、ブーツなど確保しておいてくれるんです。

しかもレンタル受付での記入もなく、すぐに用意してくれるのでとっても早いし、おすすめです。


ゲレンデのコースもいっぱいあり、子供たちも滑れるようになってきたのでリフトを乗り継いで、あちこち行ったり、ナイターに行ったり満喫です。

雪質もいいですね。

スキーとスノボーが混ざっているので、たまにヒヤッとすることもありますが、子供のペースで滑っています。

と言いつつ、私が一番遅くて中級コースになると、完全に子供たちの方が早いんです(>o<)付き添いになっているのかいないのか・・・リフト付近になってくると込み合いますが、ゲレンデがものすごく広いので、他は結構ゆったりと滑れます。




所々、雪山を見つけてはスキーブーツのまま雪遊びも満喫♪

スキー板やブーツのレンタルもホテル内にあり、ゲレンデも目の前、コースもいっぱいということで、我が家では上越国際が気に入ってリピートです。



中学受験を控え、しばらくスキーに行くことができませんが、きっと子供たちの体には感覚が染みついていると思います。

これから中学、高校、大学でスキーをする機会があると思いますがすぐに感覚を取り戻して、また家族でも行きたいな。

その頃にはお母さんは、ホテルでお留守番して温泉に入っていたいです。。。