お台場のレゴランド・ディスカバリーは前売りチケットがおすすめ!世界で愛されるlegoはすごい!

私が子供の頃に買ってもらったレゴブロックがまだ祖父母の家にあり、孫たちが使って遊んでいます。何十年経っても、まだまだ遊べるおもちゃは素晴らしいですね。

しかも、レゴは世界中で大人気。

我が家の子供たちもレゴにハマり、小さい頃からたくさん遊んできました。

10歳になってももちろん、レゴで遊びながら息抜きしているはずが夢中になってやめられないパターンになっています。

スポンサーリンク

レゴブロックの魅力ってなんだろう

レゴはアメリカの会社だと勝手に思っていましたが、実はデンマークだったんですね。


子供たちが小さい頃は、レゴシリーズ中でもサイズが大きいデュプロからスタート。

ボックスサイズも数種類あったり、女の子用のピンクバージョンもあったり、随分増えたなと思います。

友人や親戚の子供たちに贈り物をする時もよくレゴブロックのセットをプレゼントしていました。

「おうちにもある~!持ってるよ~!」とかぶってしまう可能性もあるので、既に持っているかどうか確認してからの購入をおススメします(笑)


カラフルな色合いと、自分で組み立てて指先も使い、想像力で作ったもので遊べるおもちゃですし、電池もいらず、壊れないというとっても有能な玩具ですよね。

その後、子供が少し大きくなってきてからハマったのが、レゴブロックのアトランティスシリーズ。




海の世界で、お誕生日やクリスマスのたびにセットが欲しくて集めてお城作りに夢中でした。

その中で敵と戦わせてみたり、おままごと感覚で世界に入り込んで、作っては壊し・・・アレンジしては壊し・・・

結構遊びました。

他にも色々なシリーズにはまり、完全に想像力というよりもプラモデルでしたね。

シリーズとなると、次が欲しくなるのもわかります。

ハリーポッターやスターウォーズ、レゴニンジャゴーは幅広い人気があります。

我が家で一番高かったレゴセットは・・・

レゴの貨物列車セット!!

これは、レゴと電車のラジコンが組み合わさったような感じで、自分で作った列車を線路で走らせ、コントローラーで発車・停車ができるという大人でも面白いセットです。

結構なお値段だったので、ご褒美をためにためて、買ってもらったものでした。

他にも列車シリーズがあり、線路のパーツを増やせばジオラマ状態にもなり、部屋が大変なことに・・・。

子供が夢中になっている姿はかわいいですが、息子は途中でやめられない~とまらない~♪

その真剣さ、集中力はいい時も悪い時もありますね。

レゴブロックはパーツの形、種類を判別したり、説明書を読みながらまずは組み立てるのに頭を使いますし、一応、目安の対象年齢が書いてありますが、年齢関係なく息子は作りたいものにどんどんチャレンジ。

プラモデルのように接着剤やはさみを使わないので、自分で説明書を見ながら組み立てる器用さができました。





レゴブロックは、もちろん説明書通りに作ってもよいのですが、自分でカスタマイズし放題、遊び放題、他のシリーズと組み合わせてもOKと、なんでもありなところがこれまた面白いかもしれません。



自分で、輪ゴムを使って走らせるパーツを作ってみたり、テーマを決めて作品作りを見せ合ったり、やり方によって無限大で楽しめます。

お台場・デックス東京ビーチのレゴランドは遊んで体験して見て楽しい屋内型施設!

お台場にあるレゴランド・ディスカバリー・センター東京へ行ってきました。

室内なので、雨が降っても、暑くても寒くても快適に遊べます。

チケットに関しては、もともとがちょっとお高めなので、オンライン予約はスムーズに入場もでき、値段も安くなるのでおススメです!

前日までに行くことがわかっていれば、、予約するといいですね。

他にも平日限定親子チケットや年パスもあり、価格改定や前売り券情報の詳細や注意事項などもありますので、最新情報を公式HPでチェックしてください。








我が家が行った時はオープンと同時に入ったのですが、オンラインで事前予約をしている列から先に案内が始まり、当日チケット購入の列は15分くらい遅れで入場しました。

レゴのジオラマはものすごい!!としか言いようがないくらい、芸術ですね。




街並みがすごくよくできていて、実際にコツコツ作り上げるのに大変だっただろうなと思いますが、設計から考えているのかなと思うとこれまた大変さが伝わってきます。

ついつい見入っちゃうくらい素晴らしいです。

子供が遊べるゾーンがいくつかあり、カフェの前にはミニアスレチックみたいな遊び場もあります。




その他、乗り物に乗って敵をやっつけるシューティングや、仕掛けがある4D映像などのアトラクションもあり、自分で車を作ってサーキットで試してみたり、とても楽しく、夢中になって遊べます。

そんなに広いというわけではありませんが、レゴ教室もあったり、カフェでは軽食も販売されていたり、レゴのオリジナルショップもあるのでお台場に行く機会があれば、ぜひおすすめしたい所です。

大阪にもレゴランドがありますが、どちらも大人のみの入場ができません。

しか~し、「Legoナイト」という大人だけでも入場できる日時設定もあるので、レゴ好きなカップル、大人は入るチャンスです。

名古屋にレゴランドホテルが2017年春オープン


レゴランドホテル&テーマパークができるという話を数年前に聞きましたが、2017年の春にオープン予定だそうです。

全部レゴでできているのかな~?

やっぱりカラフルなのかな~?

とかなり興味があります。

現在、世界で6か所のレゴランドがあるそうですが、海外のレゴランドの様子を見てみると、まさに

レゴ!Lego!一色のテーマパーク

ですね。

かわいいです!

ホテルにも泊まりたい!!

カラフルで落ち着かないかな?でもなんだか、かわいい!

我が家のレゴたちも、全部シリーズものがごちゃごちゃになってしまいましたが、先祖代々引き継いでいってもらえる?おもちゃとして大事にとっておこうと思います。