科学館のイベントは実験教室並みに学べる!どんどん参加しよう!

科学館というと、ちょっと難しそう、小さい子にはよくわからなそう、子供って楽しめるのかな・・・というイメージがありました。

息子が理科好きなこともあり、行ける範囲で色々な科学館へ行ってみましたが、どこも子供はワクワクで結構楽しめるんです。

小さいいとこも一緒に行きましたが、わからないなりにも触れて、刺激を受けて感じるものがあればそれでいいんだなと思っています。


スポンサーリンク

無料のイベントは面倒くさがらずに子供も参加してみよう

科学館では時間ごとにイベントがよく開催されます。

入館する時にはイベントスケジュール、ワークショップをチェックしてみてください。

難しそうな話かなと思っても、結構子供(小学生がメインですが・・・)にわかりやすいように説明してくれるので、大人でも改めて、「なるほど~」ということもいっぱいです。

夏休みに自由研究のために科学館へ行かなくても、一年中イベントをやっているので、前もってネタ探しもできますね。


今まで行った科学館を簡単にご紹介します。(2015年11月現在)



<日本科学未来館>

お台場にあり、大きな地球儀が印象的です。

45分入れ替え制で親子で遊びながら学ぶ「“おや?”っこひろば」ができました。

事前申し込みで本格的な実験に参加することもできるので、確認してみるといいですね。

私たちが行った時は、ホンダのロボット、アシモくんが歩いてきて、ダンスを披露してくれました♪




<東京都水の科学館><リスーピア>

この2か所は、有明エリアで過去記事にもありますので参考にしてください。

国際展示場・有明エリアで1日安く遊ぶ!体験!勉強!




<国立科学博物館>

上野動物園の隣にあります。

規模も大きく、科学館と博物館で見ごたえたっぷり!

4~6歳とその保護者を対象に作られたコンパスという親子のたんけん施設ができました。

リニューアルされてからまだ行っていないので、ぜひ変わったところも見てみたい!!

1日がかりでじっくり見学したい所です。




<がすてなーに ガスの科学館>

豊洲のららぽーと近くにあり、キッザニアの入場前の待ち時間に行きました。

普段お世話になっているけど、実際に見ることのないガスについて、かわいい雰囲気の展示で学ぶことができます。




<科学技術館>

皇居の近くにある技術館です。

日本科学未来館と勘違いしやすいのですが、昭和39年に開館という歴史があるんです。

参加企業も多く、行ってみるとかなり面白い科学館でした。

店員が少ないワークショップなどは開館と同時にすぐ申込みにいかないと参加できませんので、事前に調べておくといいですね。

子供たちは消しゴムにレーザーで名前を彫ってもらい、おみやげに持って帰りました。

たくさんの展示があり、ワークショップもたくさんあるので、あれもこれも参加したくなります。

高学年くらいになると、お友達とまわってもいいかもしれません。




<東芝未来科学館>

ラゾーナ川崎にあるので便利な場所です。

ワンフロアーなのでそんなに展示は多くありませんが、時間になるとリニアモーターカーの仕組みを解説してくださったり、ステージでは光の三原色について、とってもわかりやすく説明してくれました。

ここで妹は、光の三原色を理解したようで

「栄光ゼミナールの12月実験教室に参加してLEDをもらいたい!」

と言っていました。



<三菱みなとみらい技術館>

横浜のみなとみらいにあります。

てこや滑車の体験をしたり、宇宙や海底で活躍する三菱重工に関する展示があります。

子供たちは、航空機パイロットとして史上最年少で単独世界一周を達成したバーリントン・アーヴィング(Barrington Irving)さんに教えてもらいながら飛行機に飾り付けをし、自分で模型を組み立てて、みんなで飛行距離を競い合うイベントに参加しました。

飛行機にサインを入れてもらい、大事にとってあります。




<オービー横浜>

科学館とはちょっと違うのですが、MARK IS みなとみらいにOrbi(オービー)横浜があります。

映像を融合させて大自然や生き物、地球上空からの映像を見たり、マイナス10度以下の極寒体験ができます。

この昆虫や溶岩の映像も変わるので、おっ!という感じです。

4Dシアターもあり、映像を見ながら感覚も体験できるドキドキシアターもありますよ。




<”はまぎん”こども宇宙科学館>

私が子供の頃からあった科学館ですが、どんどん進化してますます面白くなっています。

宇宙トレーニング室もあり体も使って遊べます。

我が家からは遠いのでなかなか行けませんが、イベント内容を見ているだけで、こういう実験もあるのか~と夏休み自由研究のネタにもなります。

(ネタ探しばかりしているわけではありません(笑))



<千葉県立現代産業科学館>

スライム作りの体験をしました。

もちろん、作るだけではなく中に入っているものの説明をちゃんとしてくださりお勉強も兼ねています。

液体窒素の実演もわかりやすく、約100万ボルトの雷を再現した放電実験では雷の恐ろしさ、人間の生活に影響がでないようにしている工夫など間近で見ることができます。



<Qiball きぼーる>

子育て支援館、こども交流館など9つの機能をあわせ持つ施設です。

科学館では実際に触れてみることができ、子供たちも夢中でした。

整理券配布のイベントや、子育て支援のイベントもあるので事前にチェックしてみるといいですね。




<神奈川県立生命の星・地球博物館>

小田原にあり、見ごたえがあります。

過去記事にもありますので参考にしてください。

小田原で見て、知って、体を動かして!子供とぜひ行ってみよう!




<ソニー・エクスプローラサイエンス>

お台場のアクアシティにあります。

入り口から中の様子がわからないので、ソニーの科学館だとは今まで知らず、初めて行ってきました。

パナソニックセンターの「りすーぴあ」みたいな感じでハイテクな技術を知ることができます。

スマイル画像を撮って、判定してくれたり、2人でスマイル対決をしたり、娘はかなり気に入っていました。

こちらでは、土日にサイエンスバトラーという実験ショーがあったり、〇×クイズなどもあり、子供たちも楽しめます。

入ってみるまでは難しそうかな?と思いましたが、子供たちがやり方に迷っていると、スタッフの方が来て操作方法を教えてくれるます。



どの科学館も何度も訪れたい施設で、とても充実しています。

興味がない子は、何をやっているかわからなくてスルーしてしまうかもしれませんが、親子で一緒にどうなっているんだろうね?と会話しながら触ってみることがいい経験かなと思います。

プラネタリウムを見たり、展示やワークショップ、イベントなどで体験して、触って、感じて、考えて、教えてもらって、子供たちにどんどん興味をもってもらいたいですね。

理科に興味がまったくない保護者さんでも、童心にかえってお子様と新しい発見をしてみることをおすすめします☆