子供の水筒持参について幼稚園・小学校によってルールが様々

子供たちが幼稚園へ入園する時から、毎日水筒にお茶を入れて持って行く習慣がありました。

必ず水筒持参というわけではなく、お昼ご飯の時は幼稚園がお茶を用意してくれていたので、水筒のお茶でも幼稚園が用意したものでもどちらでもOK。

水筒を忘れたり、体操の時間で水筒が手元にない時は水道の水を飲むということで、水筒持参は任意でした。

任意と言っても、ほとんどの子供が水筒を毎日持参して当たり前になっていたので、私もそういう時代なのかなと思っていました。

今はお友達のおうちへ行くにも、公園へ行くにも水筒をみんな持参しています。

私が子供の頃は水筒は遠足の時以外、幼稚園や学校へ持って行くことがなかったんですよね。

スポンサーリンク

水筒持参の学校が増えているけど、ルールは様々

我が家では幼稚園の時から毎日水筒を持参していたので、お茶がかかせません。

姪っ子が入学する時、お祝いのプレゼントに水筒をあげようかと思っていたので好みを聞いてみました。

ステンレスボトルの水筒って、2000円~4000円くらいで結構高いんですよね。

すると、

「幼稚園や学校に水筒を持って行っていくことがないから、遠足の時にしか使わないの。」

ということで、水筒なしのところもあるんだと、ちょっとびっくり。


幼稚園でも学校でも、水道の水を飲む用に指導されているんだそうです。

それならば幼稚園や学校が決めたルールなのだから、子供たちのことも考えて水質検査もしっかりしてくれているんだと思います。

衛生面を考えると、水筒も結構、不衛生なこともありますし。


色々な友人に今の時代の水筒持参事情について聞いてみると、結構、学校によってのマイルールがあるということを知りました。


子供たちが通う小学校では、

・水筒持参は1年中、任意で水道水を飲んでもOK

・学校へ来たら、水筒置き場に置き、休み時間・給食・登下校の時に飲んでよい

・中身は水かお茶

・運動会当日はペットボトルを凍らせたものを持ってきてもよいが、普段はペットボトルは禁止

・コップタイプの水筒は禁止で直のみタイプの水筒で

というルールです。


他の話を聞くと、

・直のみは菌が増えるので禁止、コップタイプならOK

・夏や運動会の練習など期間限定で水筒持参OK

・水筒持参は禁止

・決められた時間に飲む

・残った飲み物は下校時間に捨ててから帰る

など、色々ですね。


学校側は中身に水やお茶以外のものを入れる、飲んでよい時間を守らないから禁止、親側は登下校でも水分補給させたいのになど、親の意見と学校のルールがかみあわないこともあるようです。

冬にはホットのお茶を持って行く子もいるというのですから、学校に必要な物、必要じゃないものの線引きも難しいかもしれません。


先生たちは好きに職員室でお茶やコーヒーを飲んでいるのに生徒は水道水なんて!!

とモンスターお母さんになるのではなく、要望があるなら学校側にお願いしてみるといいかもしれませんね。