国語がマズイ!物語文の登場キャラの性格を読み取れない!

息子は、ADHDを疑われただけあって、人の気持ちというものに敏感ではありません。

相手が嫌がっているのにさらにちょっかいを出すこともお友達にはしなくなりましたが、4年生になった今でも妹にはしょっちゅうです。

兄妹なんてそんなものとも思いますが、お母さんが怒っていて、怒られていると感じれば少しは行動も意識をして変わるかと思いますが、息子の場合は焦りもせず、後から「あの時はごめんなさい」と、すっごく反省に時差があるんですよね。


そして、今回の日能研4年生の国語の単元が物語文での登場人物の性格を読み取るというところなので大問題発生です。

スポンサーリンク

想像力が乏しかったり、人に興味がないと相手の性格を読み取るのは難しい?

息子は、低学年まで1匹狼でも平気で、特定のお友達がいませんでした。

まぁ、それはそれでもいいかなと思っていたのですが、3、4年生になり仲良くするお友達ができるようになりました。

少しは人への関心がでてきたんだなと思って一歩前進。

お友達との関わりってとっても大事ですし、家では学べないことですよね。



でも、読解の問題となると物語文の中にでてくるお友達同士のやりとりの背景がまったくわかっていないんです!!

昨日、日能研の問題集の栄冠をやってみると、



全バツ (* ̄□ ̄*;

あぁ、どうしましょう。



一緒に読み返してみると、どうして主人公がそのような行動にでたのか、どういう気持ちだったのか、まったくわかっていませんでした。


しかも、

どんな性格だと思いますか?

という問題に対して、息子の中にあるのは

明るい性格、暗い性格、優しい性格、意地悪な性格

の4パターンくらいしかないんです。


気が利くとか、気が強いとか、しっかりしているとか、はずかしがりやとか、消極的・積極的とかのキーワードが存在していません。


塾の説明会でも、男の子は特に女の子の心理がわからないから、恋愛感情のある話は理解しにくいと言っていました。

どこかで、女の子の恋愛マンガを読むといいという話も聞いたことがあります。

中学受験のために、少女漫画ですか・・・。


栄冠の問題で全バツの息子は、自分で

「ぼく、人の気持ちを考えるのが苦手だから、無理~!」

って。



だからいつも相手を怒らせてばかりなんでしょう!

それじゃぁ困るのだぁ~~~!

今日から人間ウォッチングで特訓だ~~~!



ますます国語の状態がやばくなっていく気がします。