子供の卒園で幼稚園の先生へ感謝の記念品って何がいいかな?

娘が幼稚園の年長の時、私は役員の副会長を引き受けていました。

実は、副会長って会長がいれば黒子役で前でしゃべることもなく、会長のサポートで一緒にいるというポジション。

私は人前で挨拶とか嫌だから役員はやりたくないと言っていたのですが、ママ友が会長を引き受けてくれると言うので、それなら副会長ならOKということで楽しく役員をやりました。

幼稚園側も派手なことはせず、子供たちを第一に考え、お母さんたちの意向を聞いてくれる先生たちだったので、役員をやってもいいかなと思いましたが、周囲の関係や幼稚園のやり方に不信感があったら、きっと逃げ回っていたと思います。



役員として年長の一大イベントは、やはり卒園準備ですよね!


スポンサーリンク

卒園の時の先生へのプレゼントはどうしよう?

父母会の会費は年少・年中・年長のお母さんたち役員が1年を通してイベントごとに色々な準備をして子供たちへのプレゼントに使われます。

だいたい例年通りにするので、流れもわかっているし、卒園式もシンプルで謝恩会もないので役員も負担があまりありません。


ただ、年長さんは卒園ということもあって、先生へのお礼の会の準備や進行などがあるため、11月くらいからちょっとずつできる準備を始めました。


担任の先生へ使ってもらえる記念品

記念品として、年長の担任の先生へ用意するのですが、予算の関係もあり、最終的に名前入りマグカップに決定!

ディズニーの絵柄がついたマグカップに名前を入れることができるんです。

先生たちもお茶をするので、職員室でも使えるかなということで意見が一致しました。




ディズニーの絵柄は先生の好きなキャラクターにしました。


これ、自分用にも欲しい!!

名前入りってオリジナルで、自分だけのもの!と特別な感じがしますよね。


こちらの「ディアカーズ」は名入れ専門でディズニーグッズがたくさんあるんです。

タオル、ビーチサンダル、ステーショナリー、マグカップ、チョコレート、絵本、Tシャツなど、プレゼントにも自分用にも最適!


Tシャツの名前入れは、我が家も注文して海外旅行で着ました。

過去記事はこちら

兄妹お揃いのお出かけファッション♪子供の双子コーデしてみたよ

毎年進級前のお別れでも先生にあげていた手作りミニアルバム

毎年、子供たちが進級する前の終了式でも親の有志ということで先生にミニアルバムをプレゼントをする習慣がありました。

いつも誰かママ友が率先してやっていてくれたのですが、年長の卒園となると役員がやることになっています。

上下に写真が入るミニアルバムを買って、上の段に子供の顔写真、下の段にメッセージを書いてもらい、ポケットアルバムに差し込んで先生へのプレゼントとすることが多く、例年通り私たちも同じタイプですることに。

私自身、スクラップブッキングが大好きだったので道具や材料もあり、飾り付けに大活躍!

我が家では卒園しましたが、ママ友が幼稚園で役員をしているということでスクラップブッキングの材料や道具を貸し出すことに。

イメージがまったくわからないということで、30分で試作までやってしまうお人よし。



こういうチマチマしたペーパーアイテムが私、不器用なんですが、大好きなんです。

今はデジタル写真を作ることもできるし、新聞タイプやスクラップブッキングでの手作りや、フォトブックなどお母さんたちの力量で幼稚園によって違いますが、先生への感謝の気持ちが大切ですので、出来る範囲でやりたいですね。

謝恩会はなかったけれど、お礼の会の準備や練習などの段取りが大変だった

子供たちが通っていた幼稚園は卒園式の後、謝恩会というものがありませんでした。

式の後、司会進行を父母の会がかわり、先生たちをホールに招待してそのまま「お礼の会」をやってしまうんです。

子供たち1人1人から担任の先生へ花をプレゼントしたり、他の先生たちへも花束贈呈、子供たち&親からみんなでぶっつけ本番で歌のプレゼントなどです。

幼稚園によっては親の出し物があって、事前練習が大変なところもあるようですね。

もちろん、ぶっつけ本番でしたが、歌の歌詞カードを配ったり、知らなければYoutubeで聴いてもらうようにお願いしたり、音響やCD、花の手配、進行などは事前準備でした。

でも、謝恩会に比べるととっても楽な方だったと思います。

幼稚園によっては、夜から先生を交えての大人だけの謝恩会もあると聞きました。

我が家の近くで、ディズニーリゾートのミッキーバスが通っていたことがあったんです。

なんでこんな田舎道にあのディズニーのミッキーバスが??

知人の話では、東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルのサンルートプラザ東京で謝恩会をすると、近隣であればバスも頼めるそうなんです。

近隣という距離でもありませんが、ここまで来てくれるんだ!!とびっくりでした。


様々な企画がありますが、幹事や役員さんは大変です。

批判ばかりを言うのであれば、ぜひ幹事をやって意見をだしてください。


やりもしないで文句を言うのはいけないとも思うのですが、幹事さんも色々なご家庭があるので強制ではなく、柔軟な対応ができるとよいかと思います。




卒園の準備をするのはとても大変ですが、お世話になった幼稚園への感謝の気持ちと、子供たちの成長を喜んで、楽しく本番を迎えて無事に式を終えることがメインです。

お兄ちゃんの時は問題児だっただけに、次は小学生か~と涙ものでしたが、妹の時は役員をやっていたこともあり、卒園式当日は使命感でドタバタを終わってしまいました(笑)