中学受験の国語で差がつくのは語彙力?親の言葉がけ?

ここ数年、語彙力に関する本が中学受験コーナーにたくさんでてくるようになりました。

私が子供の頃、語彙力に関する問題集とかなかったと思うのですが・・・注目されていますね。

確かに、言葉を知っている、知らないで理解力も表現力も大きな違いがあります。

子供が生まれて赤ちゃんんの時から周囲の声掛け、特に母親の声掛けで言葉を覚え、成長していきます。

小学生になって、会話に困らなくなってきていますが、まだまだ知らないことは山ほどです。


スポンサーリンク

語彙力はどうやって身に着けるのがいいの?

息子が小学校3年生くらいの時、まずは簡単な方からと思い、「ちょっと難しいことば1000 ジュニア版」を買ってみました。

こちらの「ジュニア版」と書いてあるものは、低学年用に作られています。


似た表紙で「ジュニア版」と書いていないものもあり、小学校中学年の児童の多くが「少し難しい」と感じる語句、「使いにくい」と感じる語句となっていますので種類が異なります。


ジュニア版と言っても、辞書みたいにとても厚さがあるのですが、昔でいう、わら半紙みたいな紙で、


「どれとどれがつながるかな?」


と、言葉と意味を線でつなぐ問題がたくさん載っています。

柔らかい字体で読みやすいと思い、購入しました。


しかし、息子の食いつきが悪かった・・・


そして、この本はそのまま本棚で眠っていました。

でも、塾でやる国語の問題や模試ではやはり、


「これどんな意味~?」


の連発。


一回一回辞書で調べると、さらにそこからまたわからない言葉がでてきて、結局解決できないので私に聞いてくるんですよね。


「入試では言葉の意味がわからないこともでる、前後の文脈から、漢字から想像するということも必要なので、とりあえず自分なりにざっくりこんな感じかな~と想像しながら読んでみて」


と言っています。


日能研の個人面談でも、語彙力については相談しました。


「日常の会話の中でお母さんが意識して使ってみて下さい。」

とのこと。


「えっ!?私もたいした言葉を使わずにしゃべってるし・・・」


「それ、あれ、これ」ばっかりです(汗)

私がしていることと言えば、ドラえもん、妖怪ウォッチ、ドラゴンボールでもアニメを見ながらふと、


「今の言葉の意味わかった?」


と聞くようにしています。


語彙って私もそうですが、的確に意味まで答えることが難しいですよね。


なんとなく、こんな雰囲気の時に、こんな感じで使うよ

大袈裟に言えば、マルの雰囲気かバツの雰囲気で使うかの区分?

など場面、状況でなんとなくしか教えてあげられていません。

たとえば、「かろやかに」という言葉では、「スキップらんらん~のように足が軽くなるような感じね」という風になっちゃいますね。

息子は、想像力に欠けて物理的な子なので、

「足が軽くなる」

という単語で、

「骨が細くなるの?肉が取れるの?」


となってしまうんです。



「10才までに覚えておきたい」とタイトルにあると、つい焦ってしまいますが子供の成長にあわせてやってみてもいいかなという時期に始めてよいかと思います。



英単語もそうですが、1000も単語を多く知っていたら、それは自分の力になります。

英単語の丸暗記もそれは大変なことで、ひたすら覚えるというのは苦痛です。

あと2年、あらためて日常生活に取り入れてうまく活用していこうと思います♪




【追記(2016年6月29日)】

その後、花まる学習会より発売された語彙力の本に息子が夢中になりました。

やっぱり子供の学習には漫画が有効なのでしょうか。。。

知っているのと知らないのでは違いがでるので、どんな方法でも身に着けてほしいと思います。

>>やっぱり漫画効果?小学生の語彙力アップに息子が夢中になって読み始めた本