シリコンゴムを編んで作るアクセサリー!ファンルーム・レインボールームが根強い人気

昨年くらいから大ヒットしていたシリコンゴムを編んで作るアクセサリーは今や有名な子供の手作りグッズです。

大人もデザインなどアレンジを考えてサクサク作っている方もたくさんいらっしゃいます。

去年か一昨年くらいに、セブ島のホテルのスタッフが子供たちにカラフルなシリコンゴムで編んでくれたブレスレットで知り、瞬く間に日本でもブームになっていました。

小学校でも大流行し、お誕生日係の子がお友達にファンルームやレインボールームで作ってきてプレゼントしてくれたり、男の子も女の子も夢中に。


雑貨屋さん、本屋さん、手芸屋さん、色々なところでカラフルなゴムが売られていますよね。

ファンルームもレインボールームはメーカーの違いで、シリコンゴムの伸び、本体にゴムをかけての編みやすさなど使いやすさにも差があるようです。


スポンサーリンク

最低限、特別な道具がなくても作れる輪ゴムアクセサリー

ファンルームもレインボールームも本体セットは高いな~、できるかどうかもわからないし、途中で飽きても・・・と思い、最初はお試しセットを買ってみました。





輪ゴムが数種類とかぎ針がついているシンプルなセットで300~500円くらいだったでしょうか。

兄、妹で取り合いになってきてしまったため、1人はフォークを使って、家にあるかぎ針で作っていました。

引っ掛けるものがないときはフォークで代用できちゃんです。

娘がお誕生日の時に、もっと色々な物を作りたいということでファンルームの本体がセットになったデラックスタイプを買いました。




色々なアクセサリーができるんですね~。

私もちょっとやらせてもらいましたが、本体にゴムを引っ掛けて、かぎ針ですくっても結構ゴムが伸びるわけではなくて硬い・・・。




コツがいるのでしょうか。

娘も最初は苦戦していましたが、慣れてくるとサクサクと自分で考えてアレンジしていました。

お友達と遊んでいる時も、女子たちは持参して、みんなで黙々とゴムアクセサリー作り。

作ったものを交換したり、ヘアアクセにしたり、女子の遊びをしていました。

ゴムの詰め放題や100円均一ショップなどのゴムは切れやすかったり、使いにくいそうで数があればいいってもんでもないようです。




でも、レインボールームやファンルームのオリジナルゴムばかりも買っていると、みるみるゴムが減っていくので、あるもので作ってもらっています。

アイロンビーズも同じですね。

【過去記事はこちら】
子供が夢中になれる!手先が器用になるアイロンビーズ




お子さんが興味を持ったら、クリスマスプレゼントやお誕生日に話題になるかも!



大人も簡単にできる手芸感覚でハマる方もいます。

お友達は、ピアスを作ったり、シリコンバンドでネームを入れたり、キャラクターのあみぐるみのように立体にしたり、ブレスレットやアンクレットも作っていました。

使いこなせると、編み方をどんどんアレンジしていけるようですので、色の組み合わせも楽しみながら手作りアクセに夢中です。