日能研の全国公開模試4年生の結果・2015年11月28日

公開模試のテストから帰ってきた、息子の第一声が「お母さん、国語がチョー悪い!きっとお母さん怒るくらい悪い!できなかったぁ~・・・」でした。

これだけ言うんだから、よっぽどできていないんだろうなと思っていましたが、自己採点の結果を見ると怒りがフツフツしてきそうだったので、見ないまま過ごしていましたが、このままという訳にもいかず・・・。

息子は、「国語は悪かったけど、理科と社会はいい方だと思うんだ。だから解答用紙見てみて~!」と言っていましたが、複雑な気持ちの母。

まだまだ裏表がない素直というかなんでしょう??

スポンサーリンク

こういうこともあるさっと思いつつも、課題がてんこ盛り!

日曜日の夜にテストの復習をかねて国語の答案用紙を見てみると・・・



Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン



国語の解答用紙が見事にバツだらけ。

漢字や語句がまったくわからなかったそうです。

理科、社会は数問間違いだったので、まぁ良かったのですが、算数も小数点をつけ忘れただのケアレスミスだの、結構バツが多め。

私の表情を見て息子が、

「お母さん、怒ってもいいんだよ?」

って。



そんなこと言える余裕があるのか~~
(ノTДT)ノ

とも思いましたが、私、どんな顔すればいいんでしょう???

お面でもかぶっておけばよかったかな。

とりあえず、事前報告があったので怒り狂わずに済み、冷静でいられました(笑)

先日の私の健康診断結果で白血球の数値が標準よりも少なく、様子見ということでしたが調べてみると「ストレス」が原因?

今、さらに白血球が減っているような気がします(泣)

今まででも課題であった、算数の応用力と国語は気合を入れなおさないとダメですね。

個別指導も考えてみたけどメリットがなさそう

この状態なら個別指導を頼んでみようかと頭をよぎったので、調べてみました。

日能研の個別指導であるユリウスなら話は早いかなと思い、口コミを見ていると、評判があまりよろしくないようですね。

確かに、学生のバイトで理系でも文系でも算数や国語を任せられたりというのは、自分が大学生の時の家庭教師バイトを考えてみるとよくわかります。

親がやってほしいことを指示しないと時間だけが過ぎていくようなこともあり、担当の当たりはずれもあります。

息子に、

「塾の国語の授業は聞いていてわかるの?」

と聞くと、

「うん、その時はなるほど~ってわかるんだけど、自分で問題を解くとわからなくなる。でも前より記述を書くようになったよ。」

ということなんです。

私も同じタイプだったので、ついつい気持ちがわかるんですよね・・・。

個別指導にお願いしても、目に見えて成績があがるかと言われると、時間とお金が無駄になっちゃいそうな気が・・・。

もっとレベルが高い先生の家庭教師だったらノウハウをきっちり教えてくれるのだと思いますが、我が家にそんな余裕はありませんし、やはり私がなんとかするしかない??

今の生活態度を見直してみると、はっきり言って、国語が出来ない状態なのに国語の勉強はほとんどしていません。

なんといっても時間の管理ができていないので、学校の宿題やら余計な事に時間がとられて、国語は栄冠のみです。

塾の面談でも言われましたが、生活態度が成績に影響するというのはごもっともだと思います。

これからのことを考えてみる

結局、今回の模試の結果は、



理科・社会の偏差値が約60 > 算数 > > 国語 >偏差値30



という、国語は下から数えた方が早い順位となってしまいました。

(あえて色を薄くしています・・・)


ワースト記録更新です。


世の中は羽生結弦選手が世界最高記録をだし、自分との闘いでパワーアップしているのに・・・

息子はまだまだへなちょこくんです。

私自身も、甘えさせていた部分もあったので気を引き締め直していきたいと思っています!

きっと将来、息子に

「あの時のお母さん、おにばばぁだったよね」

と言われるくらい変身しようかな。

と言いつつも、私も主人も国語がまったくダメダメなので、具体的に何をしたらいいか、まだ模索中です。