入園・入学準備にお名前シールがとっても便利!名前書きが不要です♪

子供たちの幼稚園入園、小学校入学はとっても嬉しいことですが、準備となるとお母さんは大変なことがいっぱいですよね。

なんといっても、膨大な持ち物の名前付け!

特に小学校で使う算数セットのおはじきやカードに名前を記入するとなると、



母さんが~夜なべして~



となってしまいます。

しかも細かい作業にイライラ・・・



そんなことにならないように、便利な方法があるのをご存知でしょうか?

スポンサーリンク

たくさんのパターンから選べるお名前シールは防水タイプやアイロンタイプもあるよ!

子供たちが幼稚園へ入園した時、持ち物に油性ペンで名前を書いても消えてきちゃうし、素材が色々なものに名前を書くのは嫌だな~と思っていました。

子供たちが入園した幼稚園は、お道具箱、カラー帽子などの持ち物に先生が名前を記入してくれているという、とっても有り難い幼稚園でした。

入園時や進級時に、担任になった先生が、子供たちの名前を覚える意味もあってそのような習慣があるようです。

それでも、幼稚園児には全部の持ち物に記名が必要なので、お弁当箱やらプラスチックコップ、ナフキンや巾着袋、買い替えれば絵具やクレヨンにも名前付けが必要に。

小学校入学時には、算数セットの中身全部、カード1枚1枚、おはじきやマグネット1個1個、いったいどれくらいあるんでしょう?

ものすごい数に名前を書くなんて、手が震えてきちゃいます。

そこでとっても便利なものが

「お名前シール」!!



お母さんたちの間では当たり前のように有名になっていますが、絵柄や素材にあわせてのシールなど組み合わせもたくさんあり、持っているととっても便利なものなのでおすすめです。

算数セットを購入した時におまけで名前シールを作ってくれましたが、枚数が全然足りないし、真っ黄色デザインでイマイチ・・・というものでした。

我が家ではこちらの「ゼスト お名前シール工場」で兄・妹それぞれが幼稚園の時に2枚、小学校の時に1枚を注文して、残っているものを今でも使っています。

どういう種類のお名前シールがあるの?


幼稚園で使うために、ワンポイントのかわいい絵柄と名前が入ったかわいい系シールを選びましたが、種類が豊富でどれもかわいいので、子供と一緒に決めました。






お弁当箱やコップに貼れて洗うこともできる防水タイプのシールと、布に貼れるアイロンシールを1枚ずつ購入。

色々な組み合わせのセットも用意されているので兄弟でわけたり、先のことを考えて選ぶこともできます。

小学校で使うためには、算数セットがメインでしたので、絵柄はなくシンプルに名前だけの「算数セット用シール」を購入。

1枚のシートに、大きさや形が何種類かあり、使い分けることができてとっても有り難いですね。

友人は、子供の名前で色々なサイズのスタンプを作ってもらうセットで、インクも水に強く、紙や布にもOKなものがついていて、押した感じもとってもかわいい字体でした。

ただ、スタンプはカーブしているものなどには不便だったようですので、シールの方が断然ラクです。

今では、保育園に必要なおむつへの名前はんこや、体操服用ゼッケンの名前付けもオーダーができるようです。

私が使っていた感想


子供の持ち物に名前を書くよりも、シールを貼る方が断然、見栄えもきれいですし作業効率もアップです。



色鉛筆や、鉛筆などにあう細いお名前シールもありますが、取れやすかったので、シールの上からセロハンテープで補強すると持ちがよくなりましたので、ひと手間加えてみて下さい。

それでも作業は楽ちんです。

幼稚園児のシールが余ってしまっても、かわいい絵柄の部分は切り取って、シールの名前部分だけ小学校でも使っています。

小学校も入学時の算数セット意外にも、絵具、書道、水筒、普段の持ち物など、ちょこちょこ使用する機会が多いので、重宝しまくりです。

幼稚園の時に購入したものと、算数セット用に買ったものだけで、小学校生活でも十分使えています。

幼稚園児に購入したアイロンシールは余ってしまいましたので、実際にどれくらい必要か考えてから購入してみてもよいかもしれません。

幼稚園の時も衣服類に名前を書かなくてもよかったこと、小学校は給食がお盆トレイのため、ナフキンや巾着袋も持って行かず、小学校で布製品にシールを貼ることがなかったことで、アイロンシールが思ったよりも減らなかったんです。

ちょっと使い道に困ったかも・・・。

お友達から、入園祝いにとシールをいただきましたが、子供は絵柄が気に入らず、名前部分だけ使用しました。

もし、プレゼントとして選ぶ際には、絵柄を本人に確認するか、無難に絵柄ナシの方がいいかもしれませんね。