子供が英語嫌いになる前に!小学生の英会話教室の習い事でわかったこと

私も主人も英語は・・・まったくダメです。

海外旅行へ行っても心臓ドッキンドッキンで愛想とジェスチャーで乗り切るタイプ。

でも、これからの子供たちはそれじゃぁ通用しませんよねっ!

英会話ができて当たり前、仕事でも必要、ましてや大学は海外へ向かって!!という流れにかわってきています。


私の時代は典型的に、英語と言ったら単語を覚え、文法を習い、文章を読んで解くことに重点が置かれ、英会話のコミュニケーションは後回しでした。

ぺらぺらぺら~と英語を話している人を見ると、もう尊敬のまなざしです。

スポンサーリンク

英会話・英語教育の必要性はあるの?

英語は習得するまでにも時間がかかるし、一度やめてしまったら忘れる一方で習い事として始めたらやめられないものです。


ましてや、これから小学校3年生から英語が始まるという発表もあるし、子供たちはやるかやらないかのギリギリの変わり目。



中学受験でも帰国子女とは別枠で、受験科目に英語を入れる学校が増えてきていますね。

かえつ有明中学、東京都市大学付属中学、公文国際学園中学、桐蔭学園中等教育中学・・・英語入試を実施する学校が数校でしたが、面談、筆記、リスニングなど試験内容は学校ごとに違い、科目を選択することもできるなど、これからは英語に特化したクラスが増加傾向になるそうです。



四谷大塚の統一テストを受けている間に保護者の説明会があった時にも英語についての話があり、大学の入試改革から高校の授業内容の変化、小学校からの英語教育に伴って中学入試も変わってきているという説明をしていました。



教育雑誌にも、子供の英語教育についてテーマとして取り上げられていることが増えています。

日能研の教室説明では、軽くさらっとしか英語についての話はでていませんが、四谷大塚が運営している東進こども英語塾は先を考えてのことだなと思います。



ゆとり教育じゃないですけど下の学年の子たちはできるのに、自分たちができないということになりかねません。



子供の習い事としても、英語・英会話は人気ランキングの上位に常連となっています。

子供たちのお友達もかなりの人数が英語教室に通い、4年生以上になってくると人気があるご近所の教室は定員いっぱいになってしまうようです。

子供たちには英語の抵抗をなくして世界を見ていってほしい

実際に海外旅行で英語に触れて子供たちが感じたこと

我が家は子供たちが小さい頃から、おじいちゃんが毎年セブ島へ連れて行ってくれていました。

セブ島のホテルではキッズパーティーがあり、子供たちだけで遊んだり、ご飯を食べたりするプログラムがあったので、参加させてみたことがあるんです。

英語をまったく教えていなかったので、ある意味子供にとっては未知の世界。

そんな中に放り込んでしまった私たち・・・

案の定、ホテルのスタッフから「Takezo Cry!なんとかかんとか!」と渡されていた携帯電話にかかってきたんです!!

どうやら、迎えに来てくださいという感じですが、その受け答えも英語ができない私はとりあえず、走ってキッズルームへ。

息子曰く、

「みんな何言っているかわからない~!ご飯も何だかよくわからないからポテトしか食べれなかった~!」

「『ドント クライ』ばかり言ってくるし~!」

としくしく。

ここで初めて覚えた英語が「Don’t Cry」でした・・・。

妹は、「アイスティーが甘くてまずかった」と言っていましたが、逆によくわかっていないなりに、スタッフの言う通りにしていたそうです。

それから、息子は



「自分も英語が話せるようになりたい!」



と自分から言ってきました。



次を目指すものができて、とってもよいきっかけ!!



でも、英語教室はどうしようか・・・

私としては、せっかく英語圏に連れて行ってもらっているんだから、子供たちにもただ楽しいだけじゃなく、やっぱり言葉を少しでも習得してほしいなと思っていましたが、私には英語を教えることができず・・・というか、私の発音なんて子供に聞かせちゃダメ!という状態。



そこで、持つべきものは友達ですね!!


幼稚園の時のママ友が子供英語教室の講師をやっているので、子供たちにプライベートレッスンを週1回お願いすることにしました。

もちろん、息子の問題児っぷりも小さい頃からよく知っていて、扱いがとっても上手なので言うことなし!

ただ、身近な存在だけにトラブルになると嫌なのでお金のこと、ルールのことなどはきっちりお互いで納得して、ゆる~く続けてもう3年になります。

英会話を教えてもらってから行ったセブ島では、ホテルの遊び場にある託児に預けて親とは別行動をしてみました。

片言ですが、自分の言いたいことが通じた!と大喜びで更に、自信がついたようです。

ただ、息子の今後の中学受験のことを考えると、いつまで続けられるかな・・・と悩み中。

5年生、6年生はさすがに英語をやる時間はないよなと思っています。

今まで積み上げてきたものを忘れてしまったとしても、中学に入ってからゼロからのスタートよりまだいいかな、思い出すかなとちょっと心配でもあります。

私立の英語カリキュラムは進みが早いですもんね。

特に男の子は頭で考えたり、恥ずかしいというお年頃からか、英会話でしゃべることが苦手だそうです。


そういうとっかかりをなくすために英語に慣れさせてきましたが、数年間やってみて、よかったと感じています。

本格的に勉強をするのはやはり中学高校時代だと思いますが、私たちの時代の時のように机上だけの勉強では頭で文法を考えることが先になってしまい、感覚で話すことができませんでした。

幼児からの英語については賛否両論がありますが、小学生になったら、どんどん英語に触れることはいいことだなと思います。

赤ちゃんの時から言葉を聞いて、自分で話し、読めるようになって、書くことができるようになる・・・

英語も同じで子供の吸収力はものすごいです。


きっといつか、中学受験も4教科ではなく5教科になる時代がくるかもしれませんね。

英会話教室でネイティブの先生にこだわるか、日本人の先生がいいのか

一度、夏の短期で大手の英会話教室に3日間行ったことがありました。

ネイティブの先生で毎日変わるということで、部屋のガラス越しに私は見学し、子供たちの様子を見ていました。

その時の私の感想は・・・

おばちゃんのどっしりとした先生で、床にどっかり座って、カードをやる気なさそ~に配り、立ち上がるのもゆっくりで、アルファベットの「O(オー)」の書き方は、ただの丸。



子供たち、全然楽しくなさそう・・・



次の日は男性の先生で少しコミュニケーションはあったようですが、子供たちはちんぷんかんぷん状態だったので、数日で何かを期待するのもダメだなと感じました。

ネイティブの先生がよいというこだわりがあるご家庭もあると思います。

ママ友でも、ネイティブの先生に子供を習わせているそうですが、聴く耳はとてもよいそうです。

ただ、子供自身、文法的なことはあまり理解していなく、先生も子供が何をわかっていないか感じ取れていないみたいということでした。

日本人の先生とネイティブスピーカーの先生では英語教室でも授業料に違いがあったり、フォニックスを習うには別料金だったり、教室によっても違います。

我が家の場合は、高校・大学をアメリカで過ごしたママ友に英語を教えてもらっているので、日本の教育のことも知っていますし、私からしたら英語の発音は通じればいいなと思っているのでネイティブにはこだわっていません。

アメリカ、イギリス、オーストラリア人と話す英語は、きっと「ぺらぺらぺら~」と早く、ネイティブの先生に習っていた方が聞きとりはいいのかもしれません。

セブ島のように、第二外国語として英語を話しているフィリピン人の英語は、とっても聞きやすくわかりやすい英語だなと思ったので、子供たちが今後学んで感じ取っていってほしいと思います。

今、セブ島留学がとっても人気があるようですね。

物価も安く、英語もわかりやすく、長期滞在して英語を学ぶにはいいなと私も思います。

親子での短期留学があったり、日本にいてもフィリピン人とのオンライン英会話は比較的安いので、英語を学ぶ方法はたくさんでてきました。

時差も日本と1時間しか違わないこと、4~5時間で行ける距離でとっても行きやすい国です。

セブ島については魅力がたくさんあるので、また記事を書きたいと思います。




【追記:2016年3月18日】

子連れでセブ島へ行った体験記シリーズを6回にわけています。

【その1】セブ島と日本の行き帰り
【その2】セブ島のホテル
【その3】ホテルのプール・海
【その4】セブ島でのお買い物・レストラン
【その5】セブ島でのマリンスポーツ体験
【その6】セブ島での英会話・キッズルーム

持ち物、どうやって過ごしたか、ホテルの様子など参考にしていただければと思います。

>>「 海外旅行 」一覧