中学受験の勉強に必要な理科の参考書選びはレベルが様々で難しい

家でなかなか実験ができない理科は、教科書だけ見ていてもわかりにくいこともいっぱいですよね。

小学校でも実験が減ったという話もあり、物の変化を見ることが大切な理科なのに・・・とも思います。

特に、日能研の教科書は白黒で、文章もお堅い内容。

実験資料集を見ながら授業をしていますが、この資料集はほとんど説明がなくカラー写真が掲載されているアルバムのような感じですね。


「はじめに」というところに下記のことが書かれています。

この本は答えの無い本です。写真や絵を見て、あなた自身が感じ取り、考えるための本です。
(略)
しかし、たくさんの事柄を覚えたとしても、理科の学びが完成したことにはなりません。最終的には自然現象を見たとき、現象から何かを感じ取る力、現象へ向かって積極的な考える力が絶対に必要なのです。

私個人としては、頭に焼き付かない感じがしますが、息子はすぐこの資料集で確認をしているので、上手く利用しているようです。

スポンサーリンク

参考書のレベルが様々で選ぶのに迷う

理科は興味を持てなきゃ頭に入らない!見ようと思えるものを選ぼう

中学受験で理科の参考書をどれにしようかなと迷っていました。

何も考えなければ「自由自在」を選んでいたかと思います。

自由自在はちょっと説明、字の詰まり具合、書き方などが堅い感じかな~と思ったので、本屋さんでいろいろ見た結果、学研の参考書を選びました。


花まる学習会代表の高濱正伸先生が監修されています。

字が読みやすくて、絵、図、写真などがわかりやすく、私個人としては読み物感覚で馴染みやすい参考書だなと思いました。

細かく言うと、自由自在は3、4年生用と高学年用の2冊に分かれていますが、学研は小学3~6年の1冊にまとまっているため、説明がまとまりすぎている感じで、記載内容が少ないため、自宅学習で中学受験をする場合には物足りないかもしれません。

そこで、サピックスの先生がおススメしているという、スーパー理科事典。



息子は理科大好きなので興味あるかなと思ったのですが、ちょっと難しかったようで、あまり見ていません(汗)

中学理科の全学習内容を中心に、高校1年の内容まで幅広く入っているそうですが、一応、小学校3年生から高校1年生まで、課題研究や宿題にも役立つ

「ビッグな参考書+学習事典+図鑑」

ということだそうです。

確かに、化学反応式も書いてありますし、実験装置も難しめの内容です。

所々は小学生にもわかりますが、まだここまで踏み込まなくてもいいかなという感じがしましたので今の状態ではちょっと使いにくいかも・・・。

中学生になったら大活躍するとは思うので、こちらは必要な個所だけ使おうと思っています。

それにしても、サピックスの上位クラスの先生がこの本を薦めるということは、子供たちの頭の構造がすでに違うんだろうな・・・。

参考書でも問題集でもないけど、理科の基礎でおすすめはこちら

サイズが違いますが、ページ数で言うと日能研の「理科実験資料集」は96ページ、学研の「はてなに答える!理科は711ページ、「SUPER理科事典」は767ページあります。

しかし、191ページですがよくまとまっているなと思う参考書というか、図鑑があります。


写真ではなく、カラーイラストになっていますが理科の一通りの分野が載っており、「くらべるポイント」がいいんです!

さらに、「できる子はこう考える」「できる子はこう読む」とアドバイスがあり、グラフの見方、理由などが簡潔に押さえてあります。

挿絵もあり、理科が苦手な女の子でも見やすいと思う内容だなと私自身が気に入っちゃいました。

例えば、

「中和=中性ではないことに注意しようね!」

とちょっと書いてあるだけで、勘違いしていた子、あやふやに覚えていた子は「何が違うんだっけ?」と再確認できます。



比べてみると何が違うか、どこを気を付けるポイントかがわかると頭がすっきり整理できるかもしれません。

しかし、理科のベースが出来ている子には簡単かと思いますので、難関校向けではなく、あくまでも基礎知識がベースです。

まとめ

確かに、口コミにもありますが難関校を目指す子には物足りないという内容のものもあります。

基礎を確実にしながら1つずつ理解を深めていく子、興味があるからどんどん幅を広げていく子、高学年になるにつれて大きく差がひらいてくるかと思います。

理科は先生や親が口で説明するだけでは理解しにくい部分もあり、中学受験ではさらに子供たちは応用問題にも取り組んでいかなくてはなりません。

わかりやすいものを選んで基礎知識としてどれくらい身につけるか、ちょっと難しめを選んで深い知識をつけるか・・・

どちらにしても、うわべだけの知識では行き詰まる時もありますので、うまく参考書を活用したいですね。