新聞スクラップで世の中の話題を知って、まとめる力をつけよう

子供たちの学校の宿題はどんな感じでしょうか?

基本的に漢字ドリルや計算ドリル、プリント類があるかと思います。

4年生の息子の学年では、プリント類は次に日に提出、ドリル系は毎週金曜日にまとめて提出となっています。

習い事の関係なども考慮され、自分で予定を立てて取り組み、提出日に間に合うようにすればよいというルールです。

その他に、新聞が大好きという先生が学年に1人いるため、
新聞に関する宿題
が週末にあるのですが、これが結構大変でした。

スポンサーリンク

学年に影響する先生がいるとガラリとかわる

新聞の宿題ってどういうことをするの?

毎週末にある、新聞に関する宿題。

最初の60字に記事の内容をまとめる、後半の90字に自分の体験などをまじえて感想を書く


150字のマスに、1週間にあった出来事、社説、投稿記事など自分で記事を見つけて内容をまとめて感想を書くというものです。

新聞大好きということで、新聞について語れるくらい活動をされている先生が1人いるため、今年の学年はこのような取り組みがあるそうです。

百人一首が大好きな先生がいると、その学年は百人一首がものすごく強いなど、先生によってカラーがでている学校です。

子供たちにとって、何かに一生懸命取り組むことは1年という単位を考えると、とても影響するので親としても有り難いですね。

実際にやっていた作業は最初とても大変だった


まず、我が家では新聞をとっていません・・・(汗)

なので、新聞紙と言ったら、おじいちゃんのおうちから数束もらってきて、書道で使うようなくらいで読んでいませんでした。

毎週、宿題となったため、おじいちゃんから週末だけ新聞をもらうようにお願いしました。

おうちで新聞をとっていない子は、学校にある新聞から記事を選んで切り抜いていってよいそうですが、新聞の切り抜きも貼りつけるためインターネットの記事はダメというルールです。

まずは、記事選び。

子供は、何をどう選んでよいのか全くわからず・・写真を見て選んでいる状態・・・

それは広告だよっ!!

という見わけがよくわかっていないこともありました。

4年生が始まった新学期の頃は、私も「えっ~!これ結構面倒だし、難しいし大変な宿題だね~。これじゃぁ、親の宿題だよ。」と思っていました。

やっている取り組みはすごくいいことかもしれませんが、大変。

お次に、記事を決めたら読まなくてはまとめと感想が書けませんよね。

しか~し、言葉は難しいし、習っていない漢字も多くて、1人では無理!

「題材を学校でいくつか選んでほしいな」と思った私。

書いてある言葉も結構難しく、子供にかみ砕いて説明するのも一苦労でした。

夏休みくらいまでは、親がかりでやっていたのですが、だんだんお互いにコツがわかってきたんです。

記事選びも、難しい話ではなく探せば、子供にもわかりやすい話がいっぱいあること、手紙の投稿などは、心温まるエピソードやおかしいと思っていること、自分が参加したい、したことがあるイベント情報、スポーツ好きならスポーツについてなど新聞にはたくさんの記事があります。

何も難しい経済などを選ばなくてもいいんですね。

ただ、事件についての記事はNGということです。

半年以上、やってみると変化がでてきた

最初は、新聞スクラップの宿題にかなり時間がかかっていましたが、今では自分でも新聞を広げて、「この話題はどうかな?」とだいぶ選べるようになってきました。

まとめる時は、新聞の記事に上手にまとめが書いてあるので拾う部分がわかれば書きやすく、あとは自分の感想も自分はこう思う、こうしていきたいなど、思いつくようになってきたため、成果がでてきたようです。

出来が良いと、新聞スクラップが教室の後ろに貼りだされるため、嬉しいことも。

もともと、本を読むことは好きだけど、文章を書くことが苦手で手が動かなかった子、文を書く作業では必ず居残りか、持ち帰りの宿題となっていたため、親としてこれはまずい!!ということがありました。

そこで見つけた「齋藤孝先生監修 国語・作文なら「ブンブンどりむ」」という作文の添削をしてくれる通信教育を1年間やっていたことがありました。

体験記事
>>作文・読書感想文が苦手な小学生!ブンブンどりむで書き方を教えてもらおう!

今思えば、あの時からつたない文章だったり、自分の好きなことしか書いていませんでしたが、文章を書くという大きなハードルが、息子にとって低くなったように思います。

子供って、何も考えていなくて手が動かないのではなく、逆に頭で色々考えてしまって上手く表現ができない、まとまらないということが多いようですね。

そういう場合には、順序良く、簡単な箇条書きをまとめるという、ブンブンどりむのやり方は、一番基本の短いマス目の中にまとめる力がつくなと感じました。

応用すると、その1つ1つの文にエピソードを追加したり、感想を増やしたり、出来事を詳しく書いていけば長文になります。

そういう意味では、この新聞スクラップも150字というそんなに長い文章ではなく、出来事と感想を書くちょうどよい長さなので、積もり積もれば子供も自然と力がついていっているなと思います。

最初は取り組みにくかった新聞スクラップですが、これからの時代の子供たちは、自分でまとめて、自分で言葉を発信していく力が必要と言われていますので、学校の宿題に感謝です!!