日能研の全国公開模試5年生の結果・2016年2月6日

日能研の新5年生公開模試がありました。

4年生最後のカリテがものすごく悪かったので、今回はちょっと復活したい所ではありますが、親としては何もできず見守るしかありません。

と言いつつ、小言はビシバシ。

読解のスピードをあげて、ケアレスミスをなくすように見直して、字をきれいに、記号ではカタカナか平仮名で答えるか問題をよく見て・・・

いつも繰り返し言っていますが、試験前にガ~ッと言っても試験が始まって問題にとりかかったら、頭真っ白になっちゃうんですよね。

>>日能研のカリキュラムテスト4年生の結果・2016年1/23 第19回

スポンサーリンク

お絵描きの大事さがまだわかっていない

今回の公開模試、本人なり国語以外はできたようです。

算数は1問間違いということでしたが、なんと、聞かれている方と違う線の長さを答えてしまってのミス!!

1問間違いといっても点数配分が大きかった問題のため、順位に大きな影響が・・・。

正解だったら満点なので1位、でもその1問間違いのために算数の順位が一気に150番近くまで下がってびっくりです。

息子もこれで、1点の重さ、1問の重さにちょっと気が付いたようです。

結果として、4教科・算数・理科・社会は60以上、国語はなんとかギリ50くらいで、やはり国語は・・・

今年は、平均して60前後になれるようにワンラックアップが目標です。

理科では、息子が苦手な文章+計算の問題ができていませんでした。

理科は好きだけど、文章を読みながら状況を理解して、グラフなどを利用して計算をするという問題が苦手な傾向にあります。

その原因は、

お絵描きをしていないから!!

これだと思うんです。

「算数も理科も、文章問題は前から読んだまま順番に絵にしていって、頭の中を整理するんだよ。」

と言ってきているのですが、1人でそれができない状態。

実験の条件を確認しながら「お絵描きしてみて」と言っていたら、図工の絵のようにご丁寧なお絵描きを始めるし・・・。

「お絵描き」っていう言葉がいけなかったかな・・・

あてつけでしょうか?反抗期でしょうか??(笑)

結局、図式化するアドバイスを素直に聞いて取り組んでみると、すぐにひらめくのに、息子はどうしても頭の中で全部を考えてしまうんです。

手を動かさない。

答えだけポッとだそうとする。

途中過程がふっとぶ。



計算式が複雑なわけではなく、文章の流れからどういう実験、どういう結果、どういうつながり、そして違う条件だったらどう?と全部関連付けられているので、説明の長い文章でまどわされないでほしいんです。

理科のテストは、単語の丸暗記、計算方法だけわかっていても文章を読み取る力がないとダメですね。

読解ほど複雑じゃないので、素直に読んでいけばある程度わかるし、頭の中の整理の仕方を簡単な問題のうちから習慣づけないと今後が大変。

子供って色々なことを考えすぎたり、大事な部分を気づかずに見落としたり、ドツボにはまってしまうこともあるので、頭の中の整理は大切です。

まずは、手を動かそう!!