すみっコぐらしの手作りバレンタインチョコレート&てのりすみっコ大集合

小学校2年生の娘はすみっコぐらしが大好き!

相変わらず、部屋がとんでもないくらいすみっコちゃんたちに囲まれていますが、頭はすみっコだらけの様子。

今年のバレンタインチョコレートは、転写シートがついていてお手軽にかわいい模様がつけられるんですね。

手作りチョコをやりたい娘は、おじいちゃんとお父さんのためにすみっコぐらしチョコを作ることになりました。

スポンサーリンク

娘の本性が見えた!父はその程度なのか???

娘は、お兄ちゃんにも作ってあげたいと言っていたのですが、今日は塾もないし、兄も一緒に作りたいだろうなと思い、チョコレートキットを2つ用意。

今年はすみっコぐらしの転写シートキットがあるので、迷わずこれにしました!!






全部セットでついているので、楽ですね~。

しかもかわいいですし!!

チョコを流す型の箱を組み立てます。

箱の下にすみっコの絵が描いてある転写シートを置いておきます。

湯せんで溶かしたチョコレートを箱に流しいれ、仕切りを入れて冷蔵庫で1時間ちょっと。






これで完成!!



娘は4個のチョコレートが入れられるギフトボックスに入れる時になって、

おじいちゃんに4つチョコレートを入れるけど、お父さんは2個でいいや・・・。

この空白に、チョコチップクッキーを入れておこうっと♪


なになになに~~~!?
ヾ(・・;)

さては、娘、自分がすみっコのチョコレートを食べたくなって、お父さんにあげる分をケチったなぁ!!!

父よ・・・これが娘の本性だよ。

というわけで、お父さんへのバレンタインにはチョコチップクッキーで半分ごまかしたままあげるようです。




残りの自分のチョコレートは冷蔵庫に大事にしまって、小分けに食べるみたい・・・。

兄がすみっコぐらしの学校をダンボールで工作

中学受験勉強の合間に、ちょこちょことダンボールを切っている息子。

何をやっているかと思ったら、妹のために、すみっコぐらしの学校を作ってあげたいとのこと。

思うようにいかないんだけど・・・頭で設計していたけど、実際にやってみるとイマイチなんだよね。

と、納得がいかない様子。

休憩のたびにダンボールいじりをしていたので、母も協力することにしました。

そして、2人で作ったのが「すみっコ学園」




すみっコぐらしのぬいぐるみ絵本にあったぺんぎん?の先生がいたので、学校にしたかったようです。

今まで集めたてのりぬいぐるみたちが生徒ですね。




庭付きで、収納する時は、ひもをクリップに引っ掛けるというアイディアです。




時間があったら、母はもっとやりたくなっちゃう・・・。

兄までハマっているすみっコぐらし。

やっぱりかわいいな~。