子連れでフィリピンセブ島へ海外旅行♪人気のシャングリラホテルに宿泊!その4

海外旅行の楽しみの1つはお買い物~♪

ハワイやグアムはブランドや免税店が充実しているので大人の買い物としては楽しいかもしれませんが、セブ島でのお買い物は・・・庶民的なお店しかありません!

でも、物価が安いので物によってはワクワクします。

シャングリラのホテル周辺は何もなかったり、ホテルを出て散歩をするにはちょっと発展途上のような状態なので、勇気がいる感じです。

楽しそうな屋台とかあるんですけどね・・・。

子連れセブ島の体験記の第4弾は「セブ島でのお買い物・レストランについて」です。

6回にわたって記事にしています。

【その1】セブ島と日本の行き帰り
>>子連れでフィリピンセブ島へ海外旅行♪人気のシャングリラホテルに宿泊!その1

【その2】セブ島のホテル
>>子連れでフィリピンセブ島へ海外旅行♪人気のシャングリラホテルに宿泊!その2

【その3】ホテルのプール・海
>>子連れでフィリピンセブ島へ海外旅行♪人気のシャングリラホテルに宿泊!その3

【その4】セブ島でのお買い物・レストラン
>>子連れでフィリピンセブ島へ海外旅行♪人気のシャングリラホテルに宿泊!その4

【その5】セブ島でのマリンスポーツ体験
>>子連れでフィリピンセブ島へ海外旅行♪人気のシャングリラホテルに宿泊!その5

【その6】セブ島での英会話・キッズルーム
>>子連れでフィリピンセブ島へ海外旅行♪人気のシャングリラホテルに宿泊!その6

【番外編】セブ島のお土産
>>フィリピンセブ島のお土産は何がいい?もらって嬉しかったもの

スポンサーリンク

セブ島で必ず行くショッピングモール「SM(シューマート)」

シューマートへの行き帰り方法

シャングリラのホテルからシャトルバス(有料)がでています。

朝一番のシャトルバスはお店の開店時間よりも遅く到着するため、時間を有効活用するならホテルで車をチャーターして好きな時間に行く方法もありです。

シューマートに到着したら、帰りのバスの時間、乗り場を確認しておいてくださいね。

(シューマートには出入り口がいくつかあり、ものすごく広いので慣れないと迷います。)

時間を気にしたくなければ、タクシーで帰ることもできますが、日本と違いますので乗車する前にタクシーの運転手さんと料金の確認だけはきっちりすることをおすすめします。

シャングリラのホテルから40分くらいで市街地にあるシューマートにつきます。

一度、スコールが激しくて一気に道路が水浸しになりました。




ちょっと心配なくらいの水浸しだったのですが、外を見ていると、一気に上半身裸の人たちが水遊びを始めていてびっくり!!

なんか自然との自由さを感じましたね(笑)

シューマートってどんなところ?

フィリピンといっても、普通に大きいショッピングモールで入り口で簡単に手荷物検査があるんです。

トイザらス、クロックス、ノースフェイス、クリスピークリームドーナッツ、スタバなどなど日本でも知っているお店があり、デパートのような総合ショッピングセンターやスーパーなども入っています。



このシューマートはものすごく広く、半日は簡単に過ごせるので、小さいお子さんがいる方はベビーカーがあった方がいいですね。


このインパクトあるものは何??おじいちゃんが食べられてる??



なんと子供を乗せるカートを有料で貸し出してくれる受付カウンターなんです。

グッチやプラダ、ヴィトンなどのブランドはありませんが、日本でいう「ららぽーと」のような感じで、ぶらぶらお買い物が楽しい場所です。

本屋さんには子供向けの英語絵本、おもちゃ、ぬりえなどもあり、日本で買うより安いですね。

ドライマンゴーを買うなら、空港ではものすごく高いのでシューマートで買うと安くすみます。

デパート内にはディズニープリンセス・アナ雪やスパイダーマンなど日本では高い輸入雑貨やポーチ、リュック、パジャマなどが買えるので、スーツケースに入るならぜひお持ち帰りで!!

お土産にも喜ばれます。

お昼ご飯ではフードコートもありますが、どんな料理かちょっとわからないので、マクドナルドやクリスピークリームドーナッツで食べました。

子供たちは、ワゴンで売っているポップコーンや綿菓子も食べつつ、一緒にお買い物。




室内遊園地やゲーセンもあります。

おもちゃは結構高めだったり、パッケージが破れていてもディスカウントしなかったのですが、文房具類が安かったり、ネイルも安くできたり、楽しみ方を見つけて下さい。

子供用のかわいい洋服もいっぱいあります(もちろん、夏物ですが(笑))

他のショッピングモールやスーパーは?

シューマートよりもちょっと遠いところにアヤラというこれまた大きいショッピングモールがあります。




どんどん新しいお店ができているようですが、いつもシューマートで買い物をすませているので、アヤラには1回だけしか行ったことがありませんが、パーティーグッズの専門店が面白かったです。




子供用の遊び場もあったり、セブ島のなかでもこのようなショッピングモールでお買い物する人と、ホテル周辺の住民との格差がすごいなと感じます。

マリバゴブルーウォーターホテルの近くには歩いて行ける距離でスーパーマーケットや、有名なマリバゴグリルというレストランがあります。

スーパーマーケットで子供たちもお菓子やアイスをチョイス。




マリバゴグリルは、観光客にも人気があるお店で、日本人でも食べやすい料理が多いです。

口コミも多いので参考にしてみてください。




マリバゴブルーウォーターホテルの近くには、ピザ屋さん、マッサージもあり、おじいちゃんが一人で滞在中に色々開拓しているようです。

ここ最近では「花魁(おいらん)」という和食レストランに1人でも毎日のように行っているそうで、セブ島へ留学しにきている人たちがよく集まっていてホールでスタッフがダンスをしたり、みんなで大盛り上がりという話を聞きます。

他には、ゴールドマンゴーというピザやパスタのイタリアン料理のお店や、ファイヤーダンスを見ながらの食事も。




セブ島ではシャングリラホテルが大きいホテルで有名ですが、もう1つ、韓国系のジェイパーク アイランドリゾート&ウォーターパーク(旧インペリアルパレス・ウォーターパーク・リゾート&スパ)というホテルがあります。

ビーチが少ない分、プールが充実しているホテルですが、韓国色が強いので好みがわかれますね。

宿泊はせずに、レストランだけよく行きました。

ブッフェの料理がものすごく充実しているのでお値段もそれなりですが、満足度が高いです。

帰国日の前日に、よく連れて行ってもらいました。

おじいちゃんが1人で宿泊しているマリバゴブルーウォーターホテルのシーフードレストランはのんびりできるところです。

子供たちにも水槽からロブスターをだして持たせてくれたり、調理方法も聞いてくれたり値段が高いだけあっておじいちゃん、大奮発。




マリバゴブルーウォーとホテル内のレストランでは他にもバイキングだけでなく、オーダーで頼めるレストランがあり、ピザ、やチキンの照り焼きなど子供たちもモリモリ。

セブ島ではチキン料理がたくさんあり、照り焼き風でおいしい~。

そのまま、ブルーウォーターのバーラウンジでシェイクを作ってもらったり、好きなドリンクを注文してみんなでまったりタイムです。




スタッフと英会話を楽しむのもすごく楽しい(まったく英語ができない母なので頭フル回転ですが・・・)

セブ島ではレストランでもショッピングモールでもあちこちに「ヤモリ」がいるんですね。




虫が大好きな息子は、バーカウンターの天井にヤモリがいっぱいいたり、壁にいるのを追いかけていると、スタッフが「リザード」と教えてくれました。

日常的にいるのが当たり前のようです。

我が家でヤモリを見つけた時は大騒ぎでしたが・・・

>>ヤモリがなぜこんなところに・・・本物?フィギュア?ぎゃあ~!

ざっくりでしたが、宿泊している以外のホテルで食事に行ったり、おじいちゃんが開拓したレストランに連れて行ってもらったり、旅行プランについているシャングリラのブッフェと組み合わせながら食事場所を決めるのも楽しみの1つです。



日本と違い、子供用の食器やスプーン・フォークなどがないことがほとんどですので、いつも紙皿やプラスチックスプーン、フォーク、割り箸を持ち歩いていました。

他には飲み物をオーダーする以外に出された水は手をつけず、日本から持ってきたお茶類をペットボトルに移し替えて持ち歩き、氷類は食べませんでした。

大腸菌のトラブルを多々聞くので、防げることはなるべく防ぎたいですし、日本に帰ってからも空港や保健所騒動になっては大変です。

神経質になりすぎるか、なりすぎないかは個人の判断ですが、一応、そういうトラブルもあるよということで、対策を考えておくといいですね。

次の記事は・・>>セブ島でのマリンスポーツ体験について「子連れでフィリピンセブ島へ海外旅行♪人気のシャングリラホテルに宿泊!その5」へ続きます!



スポンサーリンク
【市川さんのおうちスタイル】をご覧くださり、ありがとうございました。

私も中高一貫校受験ランキング小学生の子ランキングを参考に、子供たちと楽しんだり、悩みを考えたりしています。