幼稚園役員の初仕事は懇親会・親睦会!ママ友との新しい出会いは面倒?楽しみ?

幼稚園の入園・進級のクラス替えは子供だけが新しい出会いではなく、親にとっても幼稚園生活が左右される出会いの時期となります。

さらに、役員ともなればお母さんたちを取りまとめるためのイベント企画もでてきますよね。

幼稚園では4月、5月になるとお母さんたちの親睦会・懇親会という名目のランチ会がだいたい行われるのではないでしょうか??

それを楽しみととるか、憂鬱ととるか・・・。

もちろん、地域、周囲の環境、幼稚園の雰囲気、恒例行事などそれぞれ異なります。

子供たちが通園していた幼稚園で私が参加者として、役員としての体験談(あくまでも私個人の話)ですのでこういうこともあるんだ~というくらいの気持ちで読んでいただければと思います。

スポンサーリンク

新しいスタートで様々な思いがある母親たち

役員・有志として企画するランチ会では参加者側の立場になって考える

【場所選び】

懇親会の企画をするということは、とても気を遣いますよね。

日時決め、手紙、お店の予約、人数の把握、料理の注文、会計、席順、進行などたった数時間のことですが、事前準備も当日の進行も大変です。

私が役員をしていた時にお店を決める時はなるべく「お座敷」を選んでいました。

まだ小さい幼児がいる場合、テーブル席だと時間を持て余してしまったり、店内をウロウロされては困るため、お座敷があるお店をチョイス。

なるべく各自がそれぞれ行ける範囲のお店を選んでいましたが、地域によっては周囲にお店があるとは限りません。

知り合い同士で車に乗り合わせたり、役員が車出しをする年もあり、それはそれで万が一のこともあるので難しいですよね。

「自転車なら行けるけど、雨が降ってしまうと距離的に行けない」ということもあり得ますので、地域事情によって場所選び、行くまでの手段を考える必要がでてきます。

【人数の把握・お店の席のレイアウト相談】

みんなに案内を出し、出欠席をとり、準備に入ります。

未就園児の数も知っているとよいかもしれません。

お店でのテーブル配置を確認しておくと、当日スムーズです。

その他、受付での準備、段取り、お店での注文方法の確認など、幹事はこまごまとやることがありますね。

【当日】

役員は早めに行って名札の準備、受付での料理注文を聞いていました。

お店にもよりますが、バラバラと注文されるより、幹事がまとめてオーダーを取った方がいいこともありますし、テーブルごとにオーダーを取ることもあります。

例えば、当日のランチメニューから選んでもらい、お店によってはドリンク付き?ホット?アイス?ミルク・レモン?デザート付き?を各個人に聞いて先に支払いまでしてもらいました。

後でのお会計にすると、途中で帰ってしまう方もいるためこれも1つの方法です。

(おつりが必要な場合もあるので、小銭の準備も時には必要かも・・・)

席順は、席に番号札を置き、受付でくじを引いてもらった番号と同じ席に座ってもらうようにしました。

すでに知り合い同士がかたまって座ってしまうと、そこだけで盛り上がり、輪の中にすでに入りづらい雰囲気ができてしまうのを避けるためですね。

デビューママにとっては、この輪になってすでに盛り上がっている雰囲気がベテランママ・先輩ママの集団!という見方で結構怖かったりもします・・・。

幼稚園によってはボスママがいて、その周囲に媚びる人が座ったり、複雑なやりとりが出てくることもあるようで・・・(ひゃ~!!)

役員が用意した名札や、その場で参加者に記入してもらった名札があるととても有り難い!!

あまり話をしたことがない人、初めて会う人、どんな人なんだろう??、もしかして長い付き合いになるのかもしれない・・・

色々な気持ちが入り混じって、なんだか合コンのようですよね。

全員が集まり、どこかのタイミングで自己紹介タ~イム!!

これがとっても憂鬱で仕方がないという人も中にはいますが、初めての親睦会では恒例の儀式だと思った方がいいです。

幼稚園でも小学校でも親が1人ずつ懇談会などで感想や子供の成長点、家での様子を一言ずつ話す機会は多いので、メンバーに慣れてくれば気も楽ですが、初めての子供の時は親もドキドキでした。

イベント企画として、自己紹介の中でみんなが興味ある内容であっても答えにくい人もいるので、サラッとタイプの自己紹介で終わりにしていましたが、「好きな芸能人」「趣味」「普段何をしているか」「特技」「お気に入りのお店」などみんなの前で披露する懇親会もあるようですね。

あまりプライベートのことや、頭を使うような内容はやめて~~~!と私個人では思っていました(汗)

自己紹介であまり時間を割いても、お料理がなかなか進みませんのでほどほどに。。。

参加者側として思ったこと

長男が幼稚園に入園した時は引っ越してきたこともあり、ママ友は未知の世界でした。

世の中で色々と言われているママ友の世界・・・怖い・・・だけど、友達にもなれるかな?・・・子供同士遊ぶことになるだろうし、変な印象を持たれては・・・

もんのすご~~~~く、頭がフル回転、ほどほどに?積極的に?おしゃべりに参加し、数時間のことでしたが、もう究極にどっと疲れがでました。

顔と名前を覚えよう、子供の名前、何の話をしたっけ??ボスママだったりしない?年上?どこまで敬語??

あぁ~~!頭の中がキャパオーバーだ~!

というくらい、ものすごいエネルギー消費だったことを覚えています。

初めての子だった時は自分でも頑張っていたなぁと思います。

参加するまでは憂鬱だったり、下の子を連れての参加は面倒だったり、でも下の子同士で遊ぶきっかけにもなったり、おしゃべりするようになったり・・・

結果的には懇親会に参加することで知り合いが増え、親子で楽しい幼稚園生活を送ることができました。

そうやって経験を積んで、母親もたくましくなっていくんですね。

感想

自分が最初の子の入園の時はママ友の新人気分だったこともあり、自分なりに一生懸命でした。

下の子の時に役員をやり、初めて幼稚園に入ったママたちを見ていると、ものすごい緊張しているのが伝わります。

隣の席になった人が無口で会話に困り、誰か助けて~!ということもありましたが、もともと自分から話すタイプではないけど話をしていくと実は面白い人だということが後でわかったり・・・

正面の席になった人が嵐の松潤のファンで、延々と語っているのを聞いていたり・・・

家庭の事情でランチ会におばあちゃんが出席して、悩み相談の会になったり・・・

色々な経験をしてきたり、年齢の幅もあったり、自分の世界が広がっていった感じがしました。

役員や幹事となると参加するだけでなく、段取りや進行、準備を考えますが、それはそれで、またたくさんの人たちと交流が持てて意義があります。

わざわざ憂鬱な思いをしてランチにお金を出したり、時間を使うのは嫌と言う人がいるのもわかります。

欠席をする人に無理やりしつこく誘ったりせず、批判せず、大人のお付き合いをしたいものです。

今、ちまたでは「ママカースト」という言葉やママ友いじめの話もあり、きれいごとばかりを言っていられない状況の方もいるかと思います。

しかし、その中でも子供が同じ学年で過ごしている仲ですので、親も変に上下関係や力関係なく和気あいあいとお知り合いになれる人もいるはず!

子供の成長を願って、親子で有意義な幼稚園生活を過ごしてほしいなと思います。

コメント

  1. […] 子供の成長を願って、親子で有意義な幼稚園生活を過ごしてほしいなと思います。 引用元-幼稚園役員の初仕事は懇親会・親睦会!ママ友との新しい出会いは面倒?楽… […]