慣用句・ことわざ・四字熟語の意味を説明するのって大変!親にとって有り難い教育DVDは種類が豊富

小学生のお子さんは慣用句・ことわざ・四字熟語ってどうやって覚えているでしょうか?

国語で覚えないとわからないものはコツコツやるしかないな~と思いつつ、試行錯誤をしてきました。

やっぱり遊びながら覚えるのが一番?と思い、ドリルもやりつつ、ちびまる子ちゃんのかるたを利用しています。

中学受験の四字熟語・慣用句・ことわざはどうやって覚える?どんな暗記法?

穴埋めとなると、漢字も覚えなくてはいけないので時間がかかりますが、そんなに時間を割けないのが現状。

しかし・・・慣用句も「目」「口」など、体を使ったものだけでもものすごい一覧ですよね。

親となってはなんとなくわかりますが、1つ1つ子供に説明ができません。

どうしましょう!!


スポンサーリンク

親がなんとなくで説明するよりDVDでイメージをつかむ

教育用のDVDが使える!

ドリルやこどわざ・慣用句・四字熟語一覧がずら~っと並んでいても、小学生にはなかなか頭に入らないよな~と思います。

こんな雰囲気の時に使うんだ、こういう時にはこの言葉が使えるんだ、と日常生活で私自身もよくわかっていないので、会話にでてきません。

子供が問題集などに出てきて、「どういう意味?」となった時、調べるのですが文章を読んでも「ふ~ん」という状態。

そこで、私がわかるものは、

「こんな時のシチュエーションでこんなイメージ」

と、超ざっくり適当になりつつもなんとか話を作ったりしながら説明してきました・・・。

そしてだんだん私も説明するのが億劫になり、どうしたもんかなぁと思っていたところ、よさげな教育DVDを発見!


ことわざ、慣用句、四字熟語のDVDなんてつまらなそう・・・

って思いますよね??

それが、Youtubeで見てみると、意外にもわかりやすかったんです。

【Youtube】NiKK(にっく)映像の学習DVD「知ってる?慣用句1」のサンプル動画

ちょっと幼児っぽいのですが、逆にある程度の知識があるだけに、スラスラとイメージがわくようで気楽に見ることができました。

ストーリーの中の会話がひたすら慣用句のオンパレードなのですが、アニメで状況とナレーションの説明が簡単にあるので、なんとなくイメージがつかみやすいですね。

なんとなく、NHKのアニメでやっていた「スイスイ!フィジー!」に似ている作りのほのぼの系??

慣用句1は80個、慣用句2は90個、




四字熟語は55個が使われています。




これだけの量があるなら、本をじ~っと丸暗記するより効率がいいかも!



迷ったので子供にYoutbeを見せて、意見を聞き、慣用句1、2と四字熟語のDVDを買うことに決定。

小さいうちから利用される方もいらっしゃるのもわかる気がします。

児童幼児向けの学習ビデオ・DVD専門のNiKK(ニック)

今回、慣用句や四字熟語の学習で何かないかな~と調べていて知ったNiKK(ニック)という会社。

他にも幅広く学習向けDVDが発売されていました。

0歳~、3歳~、低学年~、高学年~とあり、ひらがな・すうじ・算数・英語、日本地図、世界地図、国旗、歴史関連、英語、俳句、など「おぼえちゃおう!」「知ってる?」「わかるよ!」「英語のきほん」とシリーズがあります。

中学受験シリーズもあり、日本の産業、体のしくみ、電流・電磁石、力のはたらき(浮力・滑車・ふりこ)など理科も興味深い内容。

どんな内容かはそれぞれサンプルがあるのでYoutubeを見ると参考になり、ついつい私が見入っちゃいました。

日本の歴史でも人物編、時代の流れ編、できごと編があったり、産業や地理がありますが30分くらいの内容なので駆け足的な内容なため、中学受験としてはちょっと物足りないような感じがしますが、映像だとわかりやすく、ところどころに穴埋めのうような問題もでてくるので、さらっとした復習として使えるかな。

もしくは、子供や家庭学習の内容にもよりますが、中学受験を本格的に始める前に先に見ておくのも使い方としてはありかなと思います。
(Youtubeを見た私の感想)

幼児から使えるようにABC、英単語、フォニックス、基本文、フレーズなど英語もシリーズが豊富。

DVDの時間は物によって違い、30分前後~1時間弱のものもあり、様々です。

我が家が購入した慣用句は30分弱ですが、テンポが速く、ポンポンと用語がでてくるので、一気に見てもよし、飽きないようにちょっとずつ区切って合間に見るのもよしだと思います。

アニメといっても子供にとったら教育的な内容なので、つまらない子には頭に入ってこないですし、流しているだけでいつの間にか覚えている子、これがきっかけで興味を持つ子もいたり、兄弟が見ていてつられて覚えるという子もいるかもしれません。

ご家庭での判断になりますが、面白い教材なので参考にしてみてください。