アクアビーズアートは水でくっつく女子に大人気のおもちゃ

娘が最近お気に入りがアクアビーズアート。

CMでもよくやっていて、お友達のおうちでやらせてもらってから注目していました。

女の子たちに根強い人気があり、ロングセラーおもちゃになりましたよね。

最初は付いていた図案を見て作品を作っていましたが、だんだん自分でアレンジして、大好きなすみっコぐらしや、お父さんが好きなドラクエのスライムにも挑戦。

色々な絵柄を作ることができて、これは楽しいかも!!

スポンサーリンク

手作りアートが楽しい

アクアビーズアートって何??

アクアビーズアートはエポック社の商品で対象年齢6歳以上となっています。

基本はトレイの上にプラスチックビーズを乗せて、水を吹きかけてしばらく置き、くっつくと完成です。

たとえば、こんな感じのものが作れちゃいます。



最初は何が必要かよくわからなかったので、セットで購入しました。


何が入っているかというと、こんな感じでデラックスなだけあって盛りだくさん、ビーズもカラフル!



便利グッズがあるので簡単にできる

セットに図案が何種類か入っているので、透明のトレイの下にはめて、配置通りにビーズを置いていきます。

しか~し!

ビーズがBB弾のように小さいので、指でつまむのはちょっと厳しい!!

というために、魅力的なアイテムがあるんです。


その名も「くるリングペン」♪

この白い補助道具を使って、1つ1つのケース部分にビーズを入れておきます。

使いたい色のビーズを下に合わせ、ボタンを押すとコロコロ~とビーズが転がってくるので、透明トレーのくぼみにポトン。



くるリングペンのケースを回してビーズの色を変えながら、トレイにポトンポトンしていくと、簡単です。



お次に、付属のスプレーに水を入れ、ビーズに霧吹きして水をかけると、ビーズがやや溶けてビーズ同士がくっついてくるので、そのまま1時間くらい乾かします。


乾いたら、ぺりぺりっとはがして完成!!



失敗することはないの?

やることはすごく簡単なのですが、1つだけ注意することがあるんです。

それは、水を吹きかける量!

びちゃびちゃと水をかけると・・・

トレイのくぼみの下に水がたまり、このようにカスっぽいのがくっついてしまったり、前に溶けた色の色素がうつってしまったり、隣の水色ビーズが溶けて白色ビーズに色移りしたりすることも。




多少はカスっぽいのがつきやすい感じです。

大人でも加減が難しく子供が作っているものですので、なかなかきれいに完璧できるわけではありませんのであまり神経質にならずにこんなもんかなというくらいで。

ただ、びちゃびちゃの水をかけると乾きが悪いですし、出来上がりも裏側がちょっと残念なことになってしまいますので、水加減にご注意くださいね。


最初から最後まで子供1人で作れる魅力

お友達のおうちにはアナ雪セットがあるらしく、エルサを作らせてもらったり、自分でキャラクターを工夫して作ってみたりしています。



かといって・・・これでどう遊ぶのか???

アクセサリーでもなく、とりあえず作ってコレクションして満足しているようです。

女子ですもん。色々作りたくなりますよね。

というわけで、どんどんビーズがなくなり、ビーズだけ追加購入となりました。



追加購入と言っても、単品の色を買うか、人気のキラキラタイプを買うか、それじゃぁ足りないか・・・

と、結局、24色セットを購入。


しばらくこの在庫のなかでビーズを使い切ってもらわないといくらあっても足りません。

アイロンビーズもちょこちょこやっていますが、アイロンは親が最後にお手伝いをしなくてはならず、子供が作った作品をうっかり落としちゃうことも・・・
(私だけ??焦って拾い集めて、私が結局作り直したり・・・)

>>子供が夢中になれる!手先が器用になるアイロンビーズ

アクアビーズは子供が一人で作れるので親としてはありがたいです。

アイロンビーズもアクアビーズも、それぞれの楽しみが子供にはあるようで、その時の気分で手作りしています。

何かを作るというのは楽しいですよね。