小学生が読む文学作品は原文に近い方がいい?書き換えたバージョンがいい?

小学校5年生の息子が、日能研のお友達に影響を受けてなんと、「坊っちゃん」を読みたいと言い出しました。

国語の読解がまったくできず、普段は学習漫画系や図鑑ばかりを読んでいる息子はあまり読書をしていなかったので、私としては大賛成!!

やっと、少しでも字が小さい、文庫本を読む機会ができた!と思い、本屋さんへ夏目漱石の「坊っちゃん」を買いに行きました。

スポンサーリンク

たまたま本屋で気が付いた児童文庫の違い

お友達の影響って素晴らしい!

私自身、夏目漱石の「坊っちゃん」を呼んだことがなかったため、あらすじもよく知りませんでした。

というか、文学作品はちょっと苦手のイメージが・・・。

息子にはハリーポッターを読んでほしいなと勝手に思ってお薦めしていましたが、「難しそう」と言って食いつかず。

そんな時、塾のお友達から「坊っちゃんが面白いんだって」と聞いてきた息子。

これは即購入せねば!!


本屋さんで迷った私は塾に相談

いざ、本屋さんで夏目漱石の「坊っちゃん」を買おうと思うと、色々な出版社があり、迷いました。

小学生向けのコーナーに文庫本がいっぱいあるのですが、「坊っちゃん」だけでも種類がいくつかある、さてどうしましょう?

さらっと中身を見てみると、挿絵が今どきだったり、あまり挿絵がなかったり、これまた色々。

最初の方を読んでみると、あれっ?

と、あることに気が付きました。

なんと、内容は同じでも、文の書き方がちょっと違うんです。

どういうことかというと、ある出版社では、昔の原文のままなのか、改行もなく、会話のカッコもなく、昔風の言葉で書かれています。

また、ある出版社では、適度に改行され、会話文にカギかっこがついていて、意味は同じでもちょっと書き換えられているんです。

中学受験を考えるなら、原文のままのスタイルがいいのか?それとも、ただでさえ国語が出来ず、普段から読書を好んでするタイプではないのでアレンジされている方がいいのか?

塾の先生にアドバイスを聞いてみた

文体が違うバージョンがあるなんて考えてもいなかったのですが、興味もあったので、普段通っている塾にちょっと聞いてみました。

すると、国語の先生からの回答は、

「入試を考えると原文のままのタイプがいいですが、中身を面白く読んでみたいと思っているのであれば、アレンジバージョンで大丈夫ですよ。」

という内容。

ほっ。息子にとって、読みやすい方でいいんだと思って安心しました。

というわけで、すぐに本屋さんへ行って、こちらの本を購入してきました。


ポプラポケット文庫は、昔風の書き方になっていました。



他にも、角川つばさ文庫は漫画のように登場人物が最初に紹介されており、挿絵も多めで子供にとっては読みやすいかもしれません。

あえて文学作品と言う堅苦しさを取り除いているのかなという感じです。

岩波少年文庫の坊ちゃんは、アマゾンでのレビューも多いようですね。

難しい文庫本を読める子、まずは中身を楽しく読みたいという子、小学生、中学生・・・読む層によって、お好みで選ぶといいかなと思いました。

どちらにせよ、息子は読み始めてからゲラゲラと笑いながら、読んでいますが、物語の奥深い内容までは・・・

きっと読み取れていないと思います(苦笑)。

それでも、夏目漱石の作品を読んだことがあるということで、幅が広がっていくといいですね。

夏休みの読書感想文に向けて、また読書に注目していこうと思います!!