子供の歯磨きを楽しくするサウンド歯ブラシで虫歯を予防しよう

子供の歯磨きの悩みはやはり虫歯。

子供が幼児の頃は親が仕上げ磨きをしてあげていましたが、いつからか子供任せで親はあんまり見てあげていない・・・。

小学校の歯科検診で歯医者へ行くように手紙をもらったり、定期的に歯医者さんへ検診へ行ったりしていますが、永久歯が虫歯になってしまうのを防ぎたいものです。

しか~し、所詮、面倒くさがりの子供。

急いでいる時はチャチャチャッと済ませてしまうこともあるので要チェックです!

スポンサーリンク

歯に自信がある人になってほしい

歳をとっても歯が丈夫な人は長生きをするというのを聞いたことがあります。

やはり、自分の歯で物を食べられるということが良いみたいですね。

私自身、歯医者が大っ嫌いなので、早めの治療が大切なのはわかっていても、出来ることなら検診も行きたくない・・・。

小学校でも、お昼休みに歯磨きの時間があったり、保健の指導やポスター作りで歯の大切さを子供たちに教えてくれています。

ちゃんとお手入れしていれば、歯医者に行く必要もないので、私自身、あまり子供に言えないけど、だからこそ子供たちに歯を大事にしてほしいと思っています。

子供の歯磨きグッズ

赤ちゃんから乳歯が生えた時から始まる歯磨き。

嫌がる子も多いですよね。

我が家も結構、苦戦しました。

息子が赤ちゃんの時、親が指にはめて歯を磨いてあげる、フィンガー歯ブラシを使ったのですが・・・

思いっきり私の指を噛んだ~!

世のお母さん、ご注意くださいね。子供に噛まれるかもしれません(笑)


幼児になって自分で磨きたがるようになってくると、リングタイプの歯ブラシがお気に入りになりました。


それからは普通の子供用歯ブラシを使っていたのですが、子供たちは電動歯ブラシが欲しいようです。


サウンド歯ブラシで真面目に歯磨き!



そんな中、ちょっと気になっていたのがサウンド歯ブラシ。

対象年齢が3歳以上なので、すでに小学生の子供たちには・・・と思ったのですが、ドラえもんがあったので、お試しで買ってみました。

セットでボタン電池が付いているので、土台の裏側にボタン電池を入れます。(ネジなのでドライバーが必要)



付属の歯ブラシを立てて使えます。

歯ブラシを交換する場合は、バンダイから販売中のこどもハブラシ・こどもハブラシ3本セットが使えます。



どういう流れで教えてくれるの?

この歯ブラシを取ると・・・ミュージックスタート!

ドラえもんなので、「夢をかなえてドラえもん」の曲が流れている中、約2分間、ドラえもんの声で歯磨きの流れを説明してくれるんです。

それにあわせて歯磨きタイム!(以下、曲の途中でドラえもんのメッセージが流れます。)

ドラえもん「歯磨きの時間だよ!準備はいい?メロディにあわせて準備しよう!まずは上の歯の表側から」

約40秒後、ドラえもん「その調子だよ!次は上の歯の裏側を磨こう」

約1分後、ドラえもん「あと半分だね。次は下の歯の表側だよ。楽しく歯磨きしよう」

約1分半後、ドラえもん「そうそう!いい感じだよ!やればできるじゃな~い!次は下の歯の裏側を磨こう」

約2分後、ドラえもん「いい調子!歯磨き楽しいね。もう少しだよ」

約2分15秒後、ドラえもん「よくできました!きちんと磨けたね。これで歯もぴかぴかだね」

ずっと楽しく曲が流れている中なので、まぁ、飽きずになんとか2分間、歯磨きができるかなという感じです。


それにしても・・・上の歯の表側、裏側、下の歯の表側、裏側という4分割だったのがちょっと残念。

できれば、奥歯も入れてほしかったなぁ。

1000円くらいなのでしょうがないのですが・・・。

まとめ

小さいお子さんがいるご家庭にちょっとしたプレゼントになりそうです。

ドラえもん以外に、戦隊シリーズ(今は手裏剣戦隊ニンニンジャー)やプリキュアシリーズ(今は)があるので最初は子供たちも食いつきますね。



9歳になった娘も、付属の歯ブラシは小さめなので別の歯ブラシで曲を流して真面目に歯磨きをしています(笑)

いつかは飽きるかと思いますが、お子さんの歯磨きがちょっと適当になっている時には、面白いアイテムだと思います。