日能研のカリキュラムテスト5年生の結果・2016年7/16 第10回

5年生夏休み前、最後のカリテがありました。

これで社会の地理も一通り終了、算数の割合の基礎をやって、理科は物理の範囲という、4年生より少しずつ難易度があがってきていますね。

日能研のテキストの区分けが、

3年生の予科教室・・・ステージⅠ、黄色
4年生前期「親しむ」・・・ステージⅡ、ピンク色
4年生後期~5年生前期「広げる」・・・ステージⅢ、緑色
5年生後期~6年生前期「深める」・・・ステージⅣ、青色

となっています。

9月から次のステージへ行くため、グリーンカラーのテキストはこれで終了なんですね。

毎回毎回は、そんなに膨大な量ではないけど、1冊のテキスト、しかも4教科となるとすごい量の知識~!!

スポンサーリンク

成長点も課題点も見えた最後のカリテ

国語の基礎力がアップ!

ず~っと4年生から国語の読解力で悩んできた息子。

精神年齢が低い、語彙力が乏しい、表現力がない、人の気持ちが読めない、ただの読書状態、線引きをいくら言ってもしない・・・


4年生の時からこんな状態だったんですよね。

>>中学受験の国語・読解力をどうやってのばすか?

そして、私たち親も国語が苦手。

もがきながらも、一緒にやってきた国語ですが、最後のカリテの共通でなんと「10」という今までにない点数をとってきました。

こんなに〇がある解答用紙(上半分の限定ですが・・・)は今までにない!(笑)

下半分の応用問題に関しては・・・聞かないでください・・・今まで通り、漢字以外は時間も足りなかったようで空白も多いですし、悪いです。

本人に手ごたえを聞いてみました。

母:「今回はなんで共通の正解が多かったの?」

息子:「一生懸命やったから」(いつもやってよ!!by母)

母:「線引きを一生懸命やったんだ?」

息子:「そんなにやってない」(お~い・・・やってよと言ってるじゃない!!by母)

母:「選択問題にひっかからなかったの?」

息子:「迷ったものもあったんだけど、あれで正解だったんだ」(イチかバチかだったのねby母)

国語の基礎力が少しずつついてきたのかな?と思いたいですが、この様子だとまぐれかもしれませんね。

5年生の前期はオプション講座で記述演習の授業を受けていて、個別で先生が採点をしてくださっているので、書く力が少しずつですがでてきているように思います。

入試問題を少しずつやったり、クラスの中で順位がでたり、お友達の答えを聞いて刺激しあったり、楽しいようです。

記述演習ですが、しっかり点数化されて、やり直してまた提出したり、先生との相性もよくて受講してよかったです。

後期も引き続き、記述演習は受講するつもりです。

算数と理科の時間切れが問題点

算数と理科は後半に時間切れで最後までできず・・・下降気味です。

これは、日常生活にも明らかにでている問題なんですよね。

「時間」というものにあまり気にしていないで生活をしているので、本人に意識がない!

いまだに、朝から学校へ登校するまでガーガー言いっぱなしですもん。

自立していません(泣)

もうちょっと、生活面から見直すこと、計算力アップが大事だなと思っています。

学校の支度でもチンタラリ~、ご飯を食べた後の動きもチンタラリ~、やりたいことがある時だけ早く動けるという、自分の勝手な都合で動いているからですね。

もう少し、ここから改善!!

後期に向けて思うこと

今回のカリテの総合成績としては、共通9、応用7となりました。

国語は今回限りの点数かもしれませんが、とりあえず、共通と応用の成績の差が大きいのが問題です。

応用問題が解けていないということですからね。

時間が足りないのはもったいないですし、応用力がないのは力不足ということですし、分野も難しくなっていくので頑張りどころ。

いよいよ夏休みに入りますが、これこそ、毎日の生活の時間配分が難しそうです!

目覚まし時計かけないで寝ていたい・・・。