面白い学習法!覚えることが苦手な小学生でも社会地理を完璧にしたい

小学校の低学年では理科と社会が一緒になった「生活」というくくりですが、中学年から「社会」として科目が増えます。

4年生になると、本格的に日本の地理が始まり、日本地図と仲良くしなくてはいけない時期に突入。

日本地図に興味がある子もいれば、ふ~んとまったく興味がない子もいますよね。


でも、都道府県名は覚えなきゃいけない!!


丸暗記をして覚えるよりも、楽しみながら身につけ、都道府県に関係する特産・名産・観光名所など身近に感じられる学び方をしたいものです。

子供が社会を習ってから丸暗記をするよりも、少しずつ知っていてほしいなと思い、小学校に入って遊び感覚で日本地図に関わるようにしてきました。

旅行に行きながら、地図を一緒に見たり、湖の名前を覚えたり、新幹線の駅を一緒に言ってみたり。

子供なんて興味がなければすぐに忘れてしまいますが、それでも思い出話をしつつ、ちょっと関連性を持つことで、後になってから役立つことがあるかもしれません。

スポンサーリンク

社会は日本地図を知らないと始まらない

日本地図を楽しく学べるグッズ

子供たちが小さい頃からパズル感覚で使っていたのが「くもんの日本地図パズル」

地方別に色分けしているタイプと全都道府県が真っ白のパズルの2種類で自分で付属でついている都道府県名のシールを貼ります。

都道府県の形をあてるために使う場合はシールを貼らない方がいいかもしれませんね。

これで位置関係や距離、日本の形がわかっちゃいます。



折り畳み式になっているので、半分にして中にパズルを収納できます。



これはロングセラーですね。


遊び感覚といえば、日本旅行版の「すごろく」がトイザらスにありました。

ドラえもんやゆるキャラで日本地図を知るというのも面白いですね。

ゆるキャラ大活躍!





ゲームで言えば、「桃太郎電鉄(桃鉄)」で遊びながらやるのもいいかも!

そういえば!と思いついたのがここ最近だったのでゲームを子供たちはやってはいないのですが、「アリ」だったかもなぁと思っています。

子供服で有名なミキハウスからもパズル絵本がでています。

パーツをはめ込むタイプでウレタン素材。

持ち運びがしやすいですね。




低学年から使える本やカード

絵本からお勉強まで日本の地理に関する本もいっぱい!



子供って視覚的に絵を覚えたり、特徴をつかむのが上手ですよね。

私なんて、都道府県をさかさまにされてしまったら、もう何県かわからない・・・。

都道府県の形を面白い特徴でとらえているのがこちら。


きりかぶ、野菜、生き物、乗り物などの形を使って、特徴をとらえて覚えよう!みたいな、ちょっとこじつけ感がありますが(笑)面白いんです。

「〇〇のかたちは△△県!」

特産物や有名な物も書いてあるのですが、ぜ~んぶ平仮名なので、イラスト入りの絵本感覚で親子楽しめます。

笑えると言えば、ダジャレを使った覚え方の絵本も気になりました。

すごい口コミ数の本です。

つい、自分が住んでいる都道府県はなんて書かれているのか気になっちゃいます。

ダジャレばかり覚えて、肝心の都道府県がまったくわからないのでは困りますが、これも一つのきっかけ。

お勉強重点ではなく、面白さを考えたら子供にとってプラスだと思います。

低学年からでもカードをパラパラめくって使える日本地図があります。

1つの都道府県に観光名所や産物など2~3個ずつしか書いていませんが、ひとこと方言が書いてあって、絵も親しみやすいカードなので、パズルとは違って1つ1つの都道府県を確認するために使えると思います。


中学受験モードに使える細かい内容

中学受験モードに突入すると、細かく覚えていかなくてはならない地理。

日本地図や白地図についての詳細は過去記事を参照してください。

>>中学受験の地理学習には地図帳・白地図を使ってどんどん書こう!

我が家で大活躍しているのが、サピックスの地理カードですね。

繰り返しベッドでゴロゴロしながらやっています。


データやニュースが載っている時事関連とミックスした日本の地理は5,6年生向き。



ダジャレもありつつ、各都道府県の説明を漫画形式で読みやすく面白く細かい内容まで載っているのがこちらの本(というか漫画)です。


地理を漫画で表現して面白いのか?と思いますが、大人が読んでもなかなか楽しく読めます。

詳細は過去記事でも紹介していますので参考にしてください。

>>中学受験勉強に役立つ勉強法!学習漫画で理解力アップ!

まとめ

日本の地理、地図関連だけでもかなりたくさんのものがありますね。

どれも工夫されているので面白いです。

一番理想なことは、自分で旅行することではありますが、現実なかなか厳しい~。

でも、おじいちゃんおばあちゃんが住んでいる所、仲の良いお友達が夏休みにどこへ帰省しているのか、自分が行ったことがあるところはどこなのか、ゆるキャラはどこの地域のことなのか、お土産でもらったお菓子はどこのものなのか、スーパーで売っている野菜や果物はどこが産地なのか、自分が住んでいる場所以外にも関わるところがいっぱいあります。

娘はすみっコぐらしのご当地キーホルダーを集めていますが、なかなか集まらない・・・。



でも、こういうきっかけで日本のことを知っていってもらいたいと思います。