「ねこねこ日本史」漫画本とNHKのEテレゆるアニメがおすすめ!小学生女子がハマるかわいさ

ここ最近、小学生から日本の歴史に親しめる漫画が増えてきましたね。

子供って何事もとっかかりや興味がないと、なかなかなじめないお勉強。

今の日本の状態もよくわかっていないのに、歴史で何千年も昔から学ぶことって難しいですし、年号や人物、流れを覚えることばかりでは面白くもなんともな~い!

スポンサーリンク

ねこねこ日本史

4コマ漫画

本屋さんで見つけたこちらの漫画本。



現在2巻まで発売中です。

2016年12月には第3巻が発売予定だそうです。

4コマ漫画になっていて、歴史の登場人物がみんな「ネコ」

猫が日本の偉人に扮する歴史コメディー漫画です。

内容も歴史にそっているものの、ギャグ系、ゆる系、かわいい系?で歴史要素があるけど、普通の4コマ漫画ともいえるようなミックスさが面白い!

偉人たちがみんな猫で、人物の特徴をとらえているので、独眼竜正宗だったり、卑弥呼だったり、豊臣秀吉(ただのサルで描かれているけど)だったり、猫キャラの違いがなんとなくわかるんですよね。

巻末には、「ねこねこ年号ゴロゴロ合わせ」というのがおまけでついているのですが、これまた強引な覚え方でして・・・(笑い)

1つ例でいうと、

239年邪馬台国の女王、卑弥呼が魏に使いを送った語呂合わせが、

「2(にゃん)が3(み)て9(く)る魏の国を」

と、なかなかインパクトありな覚え方なので、頭に残るかも??

他にも、

「奈良の猫、泣くよにゃーにゃー平安京」

など、笑いに変えてくれています。

もう1つのおまけが、世界史の地図なのですが、大陸がこれまた強引にネコだらけの大陸でして・・・お絵描きしながら、大陸を覚えるのもいいかもしれませんね。

NHKのEテレでアニメが放送中

2016年4月からはNHKのEテレ(水曜 18:45 – 18:54)で放送されていて、ナレーションがあの山寺宏一さん!

かいけつゾロリやドラゴンボール超のビルス様の声でも有名ですよね。

主役のネコ役は小林ゆうさんで、ポケモン、クレヨンしんちゃん、魔法使いプリキュアでも活躍されている声優さん。

声がとってもかわいいです。

オープニングテーマ曲はチームしゃちほこが歌っています。

(2016年8月情報)



日本の形も猫、登場人物も猫、行動も猫仕様・・・

ネコを活かして日本の歴史を表現していて、クスッと笑えちゃうんです。

1話の卑弥呼編を見たのですが、本の4コマ漫画をまとめて動画にした感じですね。

卑弥呼のセリフ「争いはやめニャさ~い!」だったり、聖徳太子をスーパーキャットと言ったり、上手い!

娘も気に入って漫画も読みますし、アニメも見始めました。

10分のアニメなので「歴史」を意識しなくても、小学生女子はアニメキャラのかわいさから入ればそれでいいかもしれません。

いまどきの小学生が学ぶ日本史の入り口

私が子供の頃は、「日本の歴史」という学習漫画はありましたが、かたい内容で、なかなかすんなり入ってこないまま授業で人物や年号を丸暗記。

今は本屋さんでも日本の歴史に関する漫画も多様化されて、アニメもあり、すごく親しみやすくなったように思います。

英語もそうですが、とっかかりで苦手意識を持つと受け入れにくい子供たちにとって、どんな形でも楽しめる勉強が理想ですよね。

いまどきの参考書が変わってきていると、日本テレビの「スッキリ!!」でも取り上げられていましたが、上手く活用してくれれば親としては有り難いかもしれません。

>>大ヒット!小中学生は漫画と参考書のコラボで学習力アップ!ボカロやファッションブランドと勉強?

コメンテーターの方もおっしゃっていましたが、親の世代でこのような勉強法に理解を示しにくい方がいらっしゃるかもしれません。

でも、堅苦しいやり方だけが勉強とも言えず、幅広い入り口の中から自分に合った学び方を選べるということは親にとっても子供にとっても有り難いことだと思います。

おふざけのことばかり覚えて、肝心の勉強内容がおろそかでは意味がないのですが・・・(笑)

要は、使い方次第ということですね。

我が家は漫画から取り入れる知識がすごく増えました。

ぜひ、参考にしてみてください。

コメント