小学校3年生・4年生は中学受験の入塾準備、継続に向けて意識する時期に

先日、小3妹の日能研保護者会がありました。

今、3年生の予科教室に通塾中で、2月から始まる新4年生に向けてのお話でした。

通室曜日、授業時間帯だけでなく、もちろん、「お・か・ね」の話も・・・。

もうそんな時期になるんだなと、時が経つのが早くてびっくりです。

スポンサーリンク

小3・小4から動き始める中学受験

現在小5の兄が3年生だった時

現在5年生の兄が小3の秋の時に、日能研の入塾テストを受け、新年度の2月から中学受験に向けて開始しました。

我が家が中学受験をしようと思った記事はこちらです。

>>中学受験をする?しない?最後に決めるのは小学生の我が子の意見

>>中学受験を目指す理由☆子供の希望と家族の話し合い

家が最寄りの駅から離れているため、電車での通塾は考えていなく、車での送迎になること、お迎えの駐車スペースなどを考えました。

そうなると、サピックスか日能研の二択に。

合格に近づけるならサピックスの方が可能性が高いけど、それなりに内容が濃く、競争も激しいこと、4年生からの3年間を考えると息子の性格上、きついかな、上手く乗れればいいけど気分のアップダウンが激しい息子にはムリかなと思い、偏差値としても幅があり、アットホームな日能研に決めました。

アットホームと言っても、クラスのアップダウン、成績での席順変動、中学受験界での老舗、データー量が豊富など、総合的に考えて決めました。

中学受験の塾は2月がスタートです!

2月にはもう新学年として授業が始まるので、中学受験を視野に入れている場合は、1月までに入塾手続きをした方がいいですね。

たいてい、入塾テストがあったり、体験教室があったり、冬期講習で様子を見ることもできます。

習い事もそうですが、入塾してみないと先生やスタッフの方たち、相性などもあるのでなんとも言えません。

校舎へ行ってみると雰囲気など見えてくるものがあるので、いくつかの塾で迷っているのであれば、1月くらいまでにリサーチです。

もちろん、4年生の段階では途中入塾の子たちもいるので、春期講習から始める子もいます。

ただ、日能研は期間講習は復習スタイルですが、サピックスのようにどんどん進んでいくカリキュラムだと、それなりに大変になってきてしまいます。

学習面だけでなく、塾の生活に慣れることに時間がかかる子もいます。

親も、2週間単位のテストの流れを把握するのに、2ヶ月くらいかかりました・・・。

通塾中の3年生は自動継続

兄とは違い、兄弟割引があるという理由で3年生から日能研へ通塾中の娘。

お友達とも先生とも楽しそうに学び、兄妹そろって、塾は楽しいようです。

3年生から通塾していると、成績に関係なく新4年生へ自動継続ができます。

(複数クラスになる場合は、普段の成績によってクラスがわかれます。)

授業料などは自動引き落としなので、期日までに申し出がない限り、自動継続という案内がありました。

金額が高いため、2ケ月にわたって引き落としです~!

【上期(2月~7月)4科目の場合】

教材費:20,864円
カリテ代10回分:32,400円
公開模試3回分:9,720円
2月度授業料:20,520円(兄弟割引:10,260円)

合計:83,504円(兄弟割引:73,244円)

わぉ~!

入塾を検討されている方は、入会金もあるので約10万くらいかかりますね。

学習面ではどう変化していくか

今の3年生は、今後やっていく相似のことだったり、補助線の引き方だったり、問題数は少ないながらも頭が柔らかくなるような面白い問題に取り組んでいます。

塾の先生も言っていましたが、兄の時を考えると、やはり算数は計算でつまづくと結構やっかいかもしれません。

割り算や掛け算の筆算をつかいこなせるようにしておいた方がいいなと感じています。

すぐに体に染みつくものでもないので、練習しておかないと、4年生は次々に色々なことを習うので計算でつまづく訳にはいきません。

それに加えて、時間数は少ないながらも理科、社会もあります。

3年生は週に1回の算数、国語ですが、4年生になると4教科でも2教科でも週に2回(1日2コマ)となります。

そして、2週間ごとにカリキュラムテスト(通称:カリテ)ですね。

【1週目】
1日:算数・算数
2日:国語・理科

【2週目】
1日:算数・算数
2日:国語・社会

というように、2週間単位で算数4コマ、国語2コマ、理科・社会は隔週ずつで1コマずつなんです。

4年生の時はそれはそれで覚えることや理解すること、塾の生活に慣れることで一生懸命。

5年生は4年生の復習をしつつも応用になり、問題量が増加。授業も増えて、新しい内容もてんこ盛り。

でも、その時その時が必死なんですよね。

こうやって、兄で経験して先が見えているかと思いきや、妹は性格も理解力も違うので、これまた違う意味で苦労するとは思います。

2020年教育改革で受験内容も変化

兄は理科が大好きなので、実験がいっぱいできる学校へ行きたいという希望もあり、受験をしようという方向で始めました。

しかし、娘が中学受験するかどうかはまだ、はっきり決めていません。

ただ、2020年の教育改革に向かって、大学受験が大きく変わってきていますし、中学受験の内容や試験も一昔前と大きく違います。

先日のニュースで、

「2015年の首都圏1都3県の小学6年生は約30万人、四谷大塚の調査によると延べ約6万5千人が中学受験をした。女子の進路に対する保護者の意識が急激に変わってきているようだ。」

という記事がありました。

確かに女性の社会進出も増え、学歴ばかりじゃありませんが、日本ではまだまだ大卒は大きな強みです。

そのため、大学附属の中高一貫に人気がでています。

高校受験で大学附属を選択してもいいですし、英語が好きなら留学もありだし、中学受験をして食堂で好きなものが食べられる学校へ行きたいならそれもありだし、選択肢は広げてあげたいですね。

まだまだ小学生ですが、途中途中、子供と話し合って方向転換していこうと思います。