日能研「学ぶチカラテスト」「全国テスト」無料でおすすめ!

日能研に通塾中の小3娘は週1回、国語と算数を1コマずつ受講しています。

兄弟割引がお得なので塾へ行っていますが、4年生からは授業数が増え、兄も6年生になるため、いくら兄弟割引があっても2人は家計的に厳しくなりそう~。

3年生は月に1回、マイファーストテストという授業4回分の確認テストがありますが、今回は公開テスト「学ぶチカラテスト」を受けて下さいということだったので、参加しました。

スポンサーリンク

無料テストを受けてみる価値あり!

2016年12月4日に「学ぶチカラテスト」(公開テスト)を受けてきた娘。

算数・国語・総合3科目で各40分ずつ、問題数が多くなりましたね。

しかも、算数は計算だけできてもダメで、考え方、問題文の読み取り、図形の特徴、パズル的要素など幅が広かったです。

大人の私から見ても、結構面白く、それなりに解くのに時間がかかりそう・・・。

市販の問題集ではあまりないような内容です。

しいて言えば、サピックスのきらめき算数脳みたいなイメージかな。

計算力とは別の思考力が試されます。

無料テスト、どんどんお試しで受けてみるとよいかと思います。

まだ順位とか気にする時期ではないので、楽しむ感覚でありつつ、チャレンジする気持ち、周りの雰囲気を感じるのもよい経験です。

日能研以外の塾でも定期的に全国テストを低学年から高学年まで行われていますが、塾によって問題のカラーが異なるので、比べてみるのもいいかもしれませんね。

(子供はテストばかりじゃ嫌かな・・・(笑))

日能研のホームページでは、「全国テスト」の案内ページに「こんな問題を出題します」と、過去問などありますので、テストを受ける前に見ておくと不安が減るので活用してみてください。

「学ぶチカラテスト」を受けてきた小3娘の結果

娘の成績結果は、3科目、算数、国語、総合どれも半分よりちょっと上といったところでした。

偏差値などはなく、点数、平均点、順位が表示されます。

娘の解答を見ていたのですが、まだ3年生、解答内容がかわいい~(笑)

国語・算数以外に初めて受けた「総合」テスト

どんな内容か気になったのですが、「自分が決めたことを相手に理由とあわせてわかりやすく伝える」ということがテーマだったようです。

知識がなくても、文章で書いてある内容を理解する、その場で自分で発想し、それを伝えるという記号選択と記述の両方でした。

ある生き物3種類から選んで名前をつけ、理由を書く問題では、娘なりの可愛い名前をつけ、しかも理由もわかりやすく書いてありました。

その他にも、4コマ漫画に描いてあるやり取りや文章の読み取りから、相手に伝わるように書く問題、相手にしてあげられること、理由など、結構長い文章なので、読んで理解するだけでものんびりしていられません。

それから自分のアイディアを書かなくてはいけないので、子供からすると楽しい問題だけど、時間制限があり、集中したんじゃないかなと思います。

低学年なりに考えさせる問題が工夫されている

まだ割り算、小数、分数など習っていなくても色々な角度から低学年が頭をひねる、でもちょっとわかれば解ける、解ける楽しさがわかるという、工夫された問題が多いです。

これからの時代、丸暗記だけではやっていけませんし、知識がなくても応用ができませんし、低学年のうちは頭をやわらか~くする経験がいいのかなと思います。

4年生以降は、最低限の知識としての暗記量も増えますが、さらにそこからまた違う角度で問題がでてくる日能研。

それは5年生、6年生、入試問題でも求められるものです。

私はもう頭カチコチで学生時代を過ぎてきてしまったので、今、子供たちの勉強を見ていて頭フル回転(汗)

母はパズルひっくり返ったらもうわからない~!!