日能研のカリキュラムテスト5年生の結果・2016年12/10 第17回

気づいたらもうすぐ冬期講習が始まります。

まだ冬期講習のクラス分けが発表されていませんが、12月3日までの公開模試、カリテで決まるそうで、今回のカリテは新6年生へのクラス分け判断材料となるんですね。

4年生から通塾して、その時その時で大変だ~!と思ってきましたが、経験者のアドバイス通り、やはり5年生後半は大変だなと思います。


なんといっても、歴史が幕末になり、さらに覚えることが多い~!

言葉も難しくなってきた~!

明治時代以降は政治も絡んできて、私もちんぷんかんぷんです。

スポンサーリンク

5年生後期を振り返ってみて

突き進んで来た毎日

夏休み以降、日本の歴史が始まり、2回分がカリテのテスト範囲ということで覚えることがたくさんありましたね。

算数も1問解くのに時間がかかるような問題になってきました。

毎週のように公開模試、カリテ、思考力育成テストがあり、なんだか日々突っ走っています。

冬期講習を前に、塾からカリテ成績の個人結果表(カリテ結果の平均値)をいただき、ちょっと成績を見直してみました。

Web上からも今までの成績を見ることができるので、子供のアップダウンがよくわかります。

カリテを見ていると、良いところも悪いところもだいたい同じような成績ですね。

4科目で共通8、応用5~6といったところでしょうか。

その中でも一際目立っている数字がこ・く・ご♥

なんと、国語の共通評価は10段階で、応用なんていったらという数字がずら~っ。

あえて数字をちっちゃくしています(笑)

ぶっちぎりで足を引っ張っている国語ちゃん。

見て見ぬふりしてもいいですか?
((\( ̄ー ̄)/))


今回のカリテ結果

今回のカリテ結果は、いつもと同じようにほぼ息子の平均値でした。

社会はちょいミスをしてしまうと応用クラスの平均点が高いので評価が下がってしまって痛い。

みんなしっかりと勉強して、確実にしてきているな~と感じます。

あやふやの記憶だと太刀打ちできないですね。

そして何といっても致命的な国語!

今回は大問2つとも「」で、想像力がない息子は大苦戦

本人も「詩は無理!」と言っていましたが、


いやいや・・・詩でも詩じゃなくても成績同じなんですけどぉ~
ヾ(- -;)

4年生当初からもがいていた国語

4年生の時から国語には本当に苦戦してきた息子。

私としてもあれやこれや色々と対策してきましたが、どうにも点数が取れないんです。


もうね、これは初心に戻るしかないっ!

やるっきゃない!

ということで、基礎からやり直してみることにしました。

特に、記述の設問がいつも空白なので強化!

ちょうどよい問題集があったので、取り組み始めました。



結局は、本人が意識をしてテストの時に取り組んでくれなくては意味がないんですよね。

学校説明会では、

「1教科だけ成績が悪くても、それで不合格の判断にはならず、あくまでも4教科で決めます。」

という学校がほとんどでした。

でも、国語がこんなにできないと不利ですし、点数配分も算数・国語が100点で理科・社会が50点というところもあるのでやっぱり国語をどうにかしたい・・・。

息子には、4教科の総合点で合否が決まることは言っていません。

(他を頑張るから国語はいいや・・・となりそうな子なので、塾にもその辺りはお願いしています。)

きっとこのまま国語でヒヤヒヤしながら入試を迎えそうです(汗)