日能研のカリキュラムテスト5年生の結果・2016年12/24 第18回

冬休みに突入した途端、日能研のPRE合格判定テストがあり、その翌日には今年最後のカリテがありました。

なんだかドタバタとした週末を迎え、金・土のテスト翌日の日曜日から冬期講習開始

学校からは冬休みの宿題もあるし、忙しい年末になりそうです。

そんな中、PRE合格判定テストは息子の中で良い結果となりましたが・・・カリテの話を全くしなかった息子・・・。

こりゃ結果がまずいかな??

スポンサーリンク

歴史が戦争時代へ突入!政治的な話が難しい

日本の歴史で戦争時代の理解・暗記に苦しむ

今回のカリテ前、塾で習ってきた社会の範囲が明治、大正、昭和にかけて戦争時代でした。

時代が大きく動いている時で、世界も関わった戦争、政治的な話がてんこ盛り。

私もよくわかっておらず、子供と一緒に確認してもなかなか覚えられず、用語も難しいですね。

完全に私がいっぱいいっぱいの分野です。

一応、栄冠問題を解いたり、確認はしたのですが、イマイチ理解している様子が感じられない息子。

テスト終了後も、手ごたえを何も言ってこなかったので、あえて聞きませんでした。

結果を見てびっくり仰天の最悪ぶり

月曜日にカリテの結果を見てみると・・・

うわぁっ!わるっ!
∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

共通7、応用4という今までにない評価。

社会がやはり出来ていない・・・(泣)

他の教科でも補えないくらいの余裕のなさ。

社会の復習をしてみると、どうやら時間が足りなかったそうで、後半の解答用紙が空白。

前半問題も、私が読んでいても何を言っているかちょっとわからない~!

みんなよくできるよなぁと感心しちゃいました。

息子は、

「お母さんだってできないじゃん」

と言いますが、

「お母さんが入試を受けるわけじゃないからっ」

と、大人の逃げですかね(汗)

そうとしか言えないんですけど・・・。

冬期講習は復習がメイン

日能研の冬期講習が始まり、1日4コマプラス特別講座1コマで毎日8時半くらいから3時過ぎまで授業です。

発展クラスになったので、演習問題を解いているようですが、どの教科も復習がメインで社会は歴史(古墳時代からの復習)となっています。

こうやって繰り返し復習をしながら進めるスパイラル方式というやり方で定着をさせていくんですね。

夏休みはバトルの日々となってしまいましたが、冬休みはそろそろ「やる気」を見せてほしいなと思います。