嫌だぁ~!PTA役員決めで1人1役制どころか1人2役以上?

子供たちが通う小学校では来年度に向けてPTAの役員決め改革が行われています。

息子が入学する前は、毎年、1人1役でPTAはもちろん、その他にもトイレ掃除、イベントの手伝い、運動会の自転車整理など、何かしら係や委員をやらなくてはいけなかったそうです。

しかし、不満が高まったため、出来る人ができる時にやろうという制度にかわり、数年が経ってみると・・・

現実、ひどい状況になっていました。

愚痴のようなものなので、興味ない方はスルーして下さいね。

スポンサーリンク

どんどん苦しくなる小学校の役員決め

PTA役員決め制度の改革中

今までも何度かPTA役員について私の体験談を書いたことがあります。

>>PTA・幼稚園役員の記事一覧

結局、息子がやんちゃだったこと、私のお人好し、娘の入学したこともあり、なんだかんだと5年連続で役員をやってきてしまいました。

傍から見ると、「役員やることが好きなのね~!」「適任だわ~!」と言っている方もいるようですが、

やらなくていいならやりたくない!

というのが本音です。

Noと言えない日本人というか、Noといえない私ですね。

まぁ、やるからには前向きにやってきましたが、責任、集まり、作業など、時間も気持ちも負担になったことは事実です。

役員決めのくじ引き&免除について

毎年、新学期の先生との初顔合わせで役員決めがあるのですが、保護者がほぼ欠席。

役員立候補の事前アンケートがありますが、学年が上がるにつれて立候補がいない・・・

その場の出席者で何とか決めようとする・・・

沈黙でみんな下を向く・・・

帰れない・・・

しょうがなく役員を引き受け、お人好しが損をする

という流れが出来上がってしまい、先生との初顔合わせに出席したが最後、「役員お願いします~!」がもれなく付いてくる、というのがここ数年の構造でした。

そこで、来年度に向けて役員決めの改革がされているところなのですが、基本は今まで通りに立候補をつのり、いなければくじ引きで決めよう!ということになりました。

しか~し!!

全員でくじ引きをするわけではなく、免除というものがあるんです。

もう何度も役員をやってきた人は、くじ引きをしなくてよいということですね。

その免除対象になる役員の経験回数というのが、

・子供1人につき、2回以上の役員をした人
 (子供の人数が少ないため、学年が上がると、8割近くが1回以上の役員経験があるため)

・任期2年のPTAの本部役員をした人

です。

ということは、子供がたくさん小学校に在籍しているとものすごく損!

2人在籍していたら、4回も役員をやらなきゃいけないんです。

もしくは、立候補しないで、ずっとくじ引きで自分の運命を信じる(笑)

これは、双子ちゃんや子供が多い人は恐ろしい制度じゃないですか!!

そこで、PTAが考えたことが・・・

PTA本部を2年間やると、役員が永久免除~!

ということで、まだ小学校に入学していない下の子にも適用され、ずっと役員免除の権利があるそうです。

「兄弟姉妹が多いご家庭は、PTA本部をやることをおすすめします」

という提案になりました。

あぁ~!失敗だったぁ~!

私、兄で4年間、妹で1年間、役員をやってきましたが、妹では役員経験が1回となっているんですね。

こうなるんだったら、兄でしょうがなく役員をやらないで、妹で引き受けておけばよかったぁ・・・

来年以降、妹で私はくじ引き対象者になっちゃうんです。

そりゃないよなぁ・・・と思いつつ、いつか制度を変えるためにはしょうがないですね。

子供が多い家庭はPTA本部役員をやればお得ですよ~とアピールしていますが、実際、PTA本部は学校での式典参加や毎週のようにある集まり、色々な行事の手伝いなど、やはり簡単にできるものではないよなと思います。

くじ引きで決める件についても、不参加の場合は「担任の先生がくじを引く」という流れだそうで、それまた先生も酷な役目ですね。

下手すると恨まれちゃいます。

役員免除の対象として、持病、介護、妊娠などがあげられますが、プライバシーの問題なので担任の先生の判断に任せるということになるそうです。

役員決めの時期になると、妊婦が増えるという話を聞いたことがありますが、こんな役員決め、本当に必要なのかな・・・子供のため、学校のお手伝いのためなら、もっと他にやり方があるんじゃないかなと思いつつ、来年もビクビクしちゃう日が恐ろしいです(汗)