よみうりランド【グッジョバ!!】へ行ってきた感想その2(日清UFO編)

2016年3月にオープンしたよみうりランドの「グッジョバ!!」へ大晦日、家族で行ってきたレポート第二弾です。

大晦日は高速道路も空いていて、千葉方面から東京都稲城市のよみうりランドまで1時間以内に着き、園内も激混みではない様子。

比較的空いている穴場デーでした。

今回は、ものづくりをアトラクションで体験できる「グッジョバ!!」エリアについて感想を書いていこうと思います。

>>よみうりランド【グッジョバ!!】&イルミネーションを楽しみに家族で大晦日に行ってきた感想その1

スポンサーリンク

最初へ行くところは「グッジョバ!!」一番人気のアトラクション!

朝の情報番組、日テレのZip!で「これから予報カミングスーン」でグッジョバ!!のクイズがあったんです。

”オープン初日、15種類のアトラクションのなかで1番乗客数が多いアトラクションは何かを予想していただきます。”

というものでした。

結果としては、1位は桝アナが予想した通り、日清食品の「スプラッシュU.F.O.」

子供たちも、

「行くなら、絶対スプラッシュUFOがいい~!」

と言っていたので、最初の目的はグッジョバ!!のフードファクトリーへ。

我が家も一目散で入場ゲートを入って右方向へ行きました。

すぐに、巨大やかんが見えるのでわかります。

Food factoryのスプラッシュU.F.OとマイU.F.Oファクトリー

スプラッシュU.F.Oはずぶ濡れになる??

フードファクトリーのスプラッシュU.F.Oに並ぼうと思ったのですが、先に自分だけの日清焼きそばU.F.Oが作れる、「マイU.F.O.ファクトリー」の予約をすることに。

機械で30分単位の時間予約ができ、1時間後の10時30分に予約をし、整理券を発券しました。

横浜みなとみらいにある、日清のカップヌードルミュージアムと同じような感じですね。

>>日清のカップヌードルミュージアムで自分だけのカップラーメン作り

予約後、すぐ近くにあるスプラッシュU.F.Oの入り口に入っていきました。

入り口付近に人がいないので、もしや空いている??

と思いきや、細い通路をずっと行くと・・・すでに30分待ち近くの列が!!





入り口付近が空いていても、中の通路が長くて様子がわからず、開園直後は待ち時間が書いていないのでわかりませんでした。

中に進んでいくと60分待ちの目印もあるで、入り口付近だけで空いているかも!と思わず、待ち時間表示を見て確認してくださいね。





私たちが入った時には30分待ちくらいのところまで行列ができていました。

モニターや、壁に謎解きが紙で貼ってあり、待っている間も楽しめます。

そして、このアトラクションは、濡れることで有名。

どれくらい濡れるのかな~?靴までびっしょりになるのかな~?

とちょっと心配。

レインコートを持って行こうと思っていましたが、家族分のレインコートは荷物になりますし、濡れた後の保管も面倒・・・。

アトラクションの乗り場で係の人に言うと、1枚100円で使い捨てポンチョを購入できるので、買った方が楽です。





アトラクションに乗る前、ロッカーに荷物を入れ、ポンチョを着ます。

(ポンチョを着ていない人もいました・・・)

100円で購入した使い捨てポンチョは、身長150㎝くらいの私でも足元まで隠れ、170㎝くらいの主人もギリギリ足元が隠れるか隠れないかくらい。

ポンチョはものすごく薄いビニールなので、破けやすくて注意です!

でも、手首にゴムが入っているので袖口から濡れることはなさそうです。

ゴムボートの4人乗りで、ドキドキしながらアトラクションに乗りました。

水の流れでどんぶらこ~と、ゆったりした動きではなく、結構速く、動きが読めません~。

工場をイメージして、焼そばの製造を邪魔するケトラーから焼そばを守るストーリーということで、所々にキャラクター達がでてきます。

映像ボタンシューティングゲームでケトラーを退治するということなのですが、正直、ボタンを押した反応がイマイチなのか、初めてでよくわからなかったのか、展開が早すぎてよくわからずに終了。

結構、ちゃぷんちゃぷんと水が入ってきたので、ポンチョがないと、どこかしら濡れると思います!

足元は、私や子供たちは背が低かったのでポンチョで足元までカバーできましたが、少しはみ出していた主人は靴がちょっと濡れたそうです。

使い捨てポンチョはそのまま捨てる場所があるので、ロッカーから荷物を出して捨てるだけ~。





子供たちは楽しかった~と言っていましたが、私たち親からすると、急流箇所があって一部分楽しかったけれど、ポンチョを買ってまでもう一回乗るか??と言われると・・・う~ん・・・子供たちだけで行っておいで~という感じでした。
(あくまでも、私たちの感想です。)

開園30分後の時点で、60分待ち近くの列になっていました。





さすが、人気ですね!!

U.F.O.バンプ!は小学生に大人気!

焼きそばづくりの整理券を10時30分で予約しているので、それまでの間、同じフードファクトリーの室内にある「U.F.O.バンプ!」に子供たちだけ乗りました。

身長120㎝制限で、自分で前後左右に操縦して他のカートとぶつかりあう乗り物です。

小学生はこういうの大好きですよね。

10時過ぎには誰も並んでいなく、3台しか乗る子供がいませんでした。

狭い中、隙間をぬって移動したり、わざとぶつかってみたり、操縦になれると思うように動かせるようです。

子供たちは、家の戦車のラジコンと操縦が同じだったからすぐに使いこなせたと言っていました(笑)

数分の時間制限で、交代です。

朝はガラ空きでしたが、時間帯によってはちょっと並ぶくらいで長蛇の列になるほどではありませんでした。

夜、イルミネーションを見た後にまた立ち寄ったのですが・・・

全員小学生で1回目、終了したと思ったらみんなすぐに乗車の列に並んで2回目、また終わったら続けて3回目・・・

同じようなメンバーでずっと乗り続けていました。





小学生は飽きないようですね(笑)

空いていたのでできることですが、これを考えると、ワンデーパスポートが有り難い!!

マイU.F.Oファクトリーで世界にひとつだけのオリジナル

10時30分の時点で、「マイU.F.Oファクトリー」の整理券はまだまだ余裕でした。





時期によってどうなのかはわかりませんが、大晦日は空いていますね。

入り口で1つ300円のチケットを4人分購入しました。

フタの絵柄が冬限定バージョンだったり、レアがでることもあるそうです。

我が家は、3枚が冬バージョン、1枚が通常バージョンでした。





席に案内されて、白い部分に好きな絵を描きます。





妹がすみっコぐらしのぺんぎん?を失敗してしまい、兄がフォローしてくれてなんとかごまかしつつ描いてくれました。





ふたに絵を描き終わったら、順番に並び、小袋1つと具材4つを選ぶことができます。





カップに入った麺の上に、ソースの小袋が切り離されて入っていきます。





1人ずつ、係の人に言いながら、小袋や具材を選んで入れてもらいます。

子供たちは、小袋に「マイU.F.Oファクトリー」限定の「パチパチU.F.O.」を選んでいました。

面白いアイディアですね~。





次に、フタをしてもらい、ビニールと一緒に描いた絵のフタをのせて熱風の中を通り抜けると、お店で売っている状態のようになります。





お持ち帰り用の袋をもらい、空気入れで袋を膨らませ、紐をつければつぶれずにお持ち帰りができます♪





失敗しても、ストローをさせば空気を抜くことができるので、自分で位置調整ができますし、帰ってからも何度でも使えますね(何度も使わないか・・・)。





しか~し!!

これがまた4つもあるとかさばるんです!!

これを持って一日中過ごすのはキツイ・・・。

結構、みなさんベビーカーにぶら下げている方が多かったですね。

我が家は車で来ていたこと、駐車場も入場ゲートに近かったので、パパに一度車へ置いてきてもらいました。

ロッカーに預けるのもいいかもしれませんが、もし、荷物として邪魔になってしまうようであれば、焼きそば体験は帰る時間にあわせた方がいいかもしれませんね。

ただ、1回作るのに40分くらいかかったので整理券の予約時間を考えてみて下さい♪

もしかして、我が家の年越しそばは、この日清焼きそばU.F.O.になる可能性が大かも~!

まだまだ、よみうりランド情報は続きます。