小学校PTA本部役員決めの選考委員になってびっくり!主婦も能力審査されるの?

子供たちの小学校のクラス役員をなんだかんだと5年連続引き受けてきましたが、今年はクラスの学級代表の中から選考委員という役になってしまいました。

学校によって推薦委員とか、選考委員とか呼び方があるようですが、来年度のPTA本部役員を決めるための委員ですね。

立候補がいない場合、電話をかけて「本部役員に向いていると思うのですが、興味ありませんか?」「やっていただけませんか?」など、電話で声掛けをする嫌な役割。

あぁ~!いやだぁ~!

スポンサーリンク

PTA本部役員のハードルが高くなってる!?

クラス役員決めでさえ積極的な人が少ない状況

子供たちが通う小学校では新学年の最初の授業参観&懇談会でクラス役員決めをします。

出席者の中で役員決めをしようとする流れが出来上がってしまい、みんな授業参観の後の懇談会に出席せず逃亡~。

お人好しが損をするということで、私、なんだかんだと5年連続役員をやっております・・・。

好きでやっているんじゃないですよ~。

(Noと言えない日本人の私(泣))

子供たちが通う小学校では来年度に向けてPTAの役員決め改革が行われています。息子が入学する前は、毎年、1人1役でPTAはもちろん、そ...

結局は、お仕事をされていたり、介護をされていたり、未就園児がいたり、シングルだったり、みんな忙しいんですよね。

その中で学校のことにどれくらい時間を使えるかは、気持ちも時間的な余裕も人それぞれですが、立候補がいないため、いつも恐怖の役員決めとなり、来年度からは最終手段にくじ引きということになりました。

まぁ、これで平等ということにはなるので、こちらは一件落着ですが、お次の問題は「PTA本部役員決め」が出てきました!!

今までの選考委員は楽だった?

PTA本部役員は任期2年で、2年目に次の人に引き継ぎをし、引退ということになっていますが、実際は2年以上の長期間、PTA本部を続けている方が多いんです。

それで、毎年、保護者に立候補や推薦のアンケートを配布し、ほぼ「ゼロ」回答なので、本部さんが知り合いを口説いて本部に入ってもらうという習慣ができていました。

同じ人がずっとPTA本部にいることがよいのかどうかわかりませんが、やってくださるのはとってもありがたい!

本来は、選考委員が秘密にして人選を行うべきということですが、どうしたって「やる人が毎年いない!」ため、しょうがないようです。

今年、選考委員となった私は、卒業してしまう枠だけの人選だから、また本部さんが声掛けをしていつの間にか決まっているのかな~と思ったら、大間違いでした。

PTA本部役員決めのルールも変更

副会長さんの意見として、

PTA本部の口コミで仲間が増えたため、井戸端会議になってしまったり、責任感がなく、たまにしか出席しなかったり、仕事ができないのにただいるだけで「PTA本部役員やりました~!」というのは困る。

来年度からPTA本部役員を2年引き受ければ、クラス役員は子供1人2役から免除されるため、子供が多い家庭にはPTA本部役員は魅力的になる。

いい加減な気持ちで参加してほしくない。

そのため、少しでもPTA本部役員に興味があれば、説明会を開き、作業内容、どういう人を望んでいるか、あなたができるスキルは何か?、パソコンができるか?、平日の会議に参加できるか?というアンケートを書いてもらう。

そこでやる意識を見せてもらい、その中から、本部が協調性や人柄、アンケート結果を見て、人選を行う。

というルールに変更となったそうです。

えっ~~~!ハードル高すぎやしませんか??

今回、立候補します!という回答はなかったものの、1年生のお母さんたちからは「説明を聞いてから考えたい」という回答に30人くらいいたので、低学年のうちにやってしまいたいという方が多くなったようです。

しかし、お友達同士で立候補したとしても、パソコンができなければ本部の協議で落選することもあるとか・・・。

ひぇ~!役員といっても、能力が必要なんですね。

現実は主婦でも能力を試される

確かに、現実問題、本部役員というだけあって、しっかりしていないと困りますし、あれできない、これできないでは運営できません。

でも、普通の一般の保護者であって、就職活動と言う訳でもありません。

「やる気!」だけではダメですが、参加することに意義があるという考えもあれば、それでは仕事にならないという現実も。

やる気があるなら、パソコンの勉強を少しでもしてと言われた人もいたそうで、主婦でも作業能力で役員の幅が決まってしまうんですね。

ちょっと前までは、

「パソコンができないなら、お手紙は手書きでもいいのよ~。味があっていいじゃない?」

と言っている人もいましたが、フタを開けてみれば、白い目で見られるようで・・・立場がないそうです。

PTA役員問題は、全国的にも話題となってきてニュースでも取り上げられるようになりましたが、時間的な問題だけでもなり手がいないのに、仕事能力や人柄まで審査され、PTA本部の内部で人間関係がゴタゴタしているし・・・。

お給料制のお仕事じゃないからといって、いい加減な気持ちで引き受けられても困りますし、中には色々トラブルや問題を起こす人もいるため、今回のルールは用心した結果だと思いますが、主婦のパソコン能力が必要とされることは「時代」なんでしょうね。

選考委員としては「誰もやる人いないんじゃない??」とちょっと心配になりました。

しばらく憂鬱ですが、割り切っていこうと思います!