中学受験ならサピックスの基礎力トレーニングの算数と理科で基礎固めバッチリ!

小学校より一足早く、日能研で新6年生になった息子。

塾に入塾したのが新4年生の時からなので、中学受験勉強を始めて2年が経ちました。

もうクネクネした道のりどころか、グネングネン、上がって下がって地下に潜り込んで行ったり来たりしているような道のり?だった気がします。

まだあと1年ありますが・・・
( ̄△ ̄)

そんな息子ですが、基本的に毎日欠かさずやっていた勉強があります。

関東でもすごい実績力のあるサピックス(sapix)の「基礎力トレーニング」という問題集です。

まだ新6年生で中学受験勉強の途中ではありますが、「どの問題集が役に立ったか?」と聞かれたら、私の中でナンバー3に入るくらいのおすすめ★ですね。

スポンサーリンク

サピックスの基礎力トレーニングは日々の一行問題練習

簡単にいうとどんな問題集なの?

色々と中学受験の情報をネットで見ていた時に、サピックスの基礎力トレーニングというものの存在を知りました。

薄い冊子に1か月分、毎日の日付が既に記載されていて、1日当たり10問。

算数であれば計算問題と一行問題(図形も含む)、理科であれば用語だけでなく、計算問題もあります。

4年生は2月から算数が開始、4月から理科の問題も開始されます。(中学受験の塾は2月から新学年がスタートとなるので、2月~1月というくくりです。)

5年生は1年分の算数と理科があり、6年生は算数のみです。

我が家から通塾できる範囲の塾がサピックスと日能研だったのですが、息子の性格を考えて、和気あいあい系の日能研を選びました。

日能研にも薄い冊子の計算問題集がありますが、ボリュームもなく、イマイチだな~と思っていたところにサピックスの基礎力トレーニングに遭遇しちゃったのでした。

外部生が問題集を手に入れる方法

本屋さんにも一行問題集や計算問題集でよいものがたくさんありますが、すごく「基礎力トレーニング」に興味津々だった私。

内部生が塾で毎日やるように言われている問題集だったので、知り合いもいない我が家には入手方法がなく・・・

息子が新4年生の時に、これはヤフオクしかない!と思い、利用しました。

2月の中学受験が終わった方が出品し始めるので、最新版がぞくぞくと出てきて、春休み頃にもお片付けのために出品されるのか、ある時期はヤフオクで最新テキストなどを狙ってにぎわっています。

タイミングや入札価格はなかなか読めないので、思い切って決めないと手に入れることもできなくなってしまいます。

運よく、秋ごろにポツッとでてきてすんなり落札できたり、本当にタイミングは運次第。

ヒートアップしている時は、入札価格がどんどんあがっていくので、精神を落ち着かせないとつられてしまって怖い~!

もちろん、書き込みしていないものが希望だと思いますが、その分、人気もあり、値段も高くなりますね。

書き込みの程度は様々ですが、実際に「少し書き込みあり」を落札した時には、お子さんの筆圧が高く、消すのも大変でした。

算数は特に、回答だけでなく、周囲に計算式などの書き込みが多いと大変です。

書き込みの状態は説明などを読んで、確認することをおすすめします。

実際に子供の自信にもなり、力がついたと思う

「基礎力トレーニング」の使い方で色々な口コミを見ていると、簡単な問題なのでおまじないみたいなもの、準備運動みたいな位置づけ、偏差値アップした・・・など必要性の感覚はそれぞれ違うようですね。

算数も理科も、サピックスの単元にあわせて進んでいきますが、同じような問題が数日間続いているので、悪い意味で言うと子供も機械的に慣れて解けてしまうこともありましたし、良い意味で言うと、繰り返すことによってわからなかった問題が1人で解けるようになったりもしました。

(改訂されたという話もあるので、新バージョンは変わっているかもしれません。)

もともとサピックスの進度が早く、日能研と単元の進み方が異なるんですよね。

ちょっと予習っぽくなってしまう部分もありましたが、その分、日能研でその単元が出てきた時には入りやすかったようです。

理科は同学年で習う内容が日能研よりちょっと深かった感じがします。

(例えば、渡り鳥の問題とか、植物の種類の問題など)

我が家では、慣れてくると算数と理科で1日15~20分くらいでできるかなということで、朝勉強にしたこともありましたが、息子は朝起きることにも一苦労で朝勉強をやめてしまいました。

みなさんのお子さんは平日に朝勉強(通称:朝勉・あさべん)をしていますか?勉強習慣の一つとして、早朝に学習することで効果が得られるとい...

本当は、毎日決まった時刻に時間を計測してやるとよいそうですが、朝勉強に挫折したため、学校の宿題と同じタイミングで続けています。

気分が乗っている時は、10分で算数と理科をやる時もあれば、やる気がない時は・・・計算問題もちんたらり~。

それでも、お出かけしてしまってできなかった日などは、日付がバッチリ書かれているので、まとめて数日分やって、漏れがないようにしていました。

親子で競争してみたら5年生後半には抜かされた

息子がどうしてもやる気分が出ない時は、基礎力トレーニングの算数を私と競争して解いたりしています。

秋くらいまで私も負けていなかったのですが、ここ最近は・・・息子のスピードがアップし、完全に私が負けモード。

まぁ、ボケボケの私を抜かしてくれないと困るんですけどね(笑)

あと、この基礎力トレーニングの目的はスピードと正確性!

なんでも頭で考えようとする息子なので、基礎力トレーニングではクドクドと「途中計算の式」「計算ミスを減らす」注意点は言ってきました。

本当に何度言ってもへっぽこミスが連続する時もあるので、この基礎力トレーニングでチェックすることができました。

日々のコツコツがいつか発揮できることを願って、4年生から続けていくことは大事だなと感じたので、我が家としてはおすすめの問題集だと思っています。