日能研のカリキュラムテスト4年生の結果・2017年3/11 第2回

新4年生の妹ですが、母として新6年生の兄にかかりっきりで、娘を完全放置。

兄にかかりっきりといっても、勉強を熱心にみてあげている母ではなく、受験勉強どころじゃなく、日常生活、学校生活まで大変な状態になってしまったことに頭がいっぱいでして・・・

詳しくはこんな状態でした。

なかなか平和にすんなりいかない過酷な中学受験。親の気持ち、子供の気持ちがうまくかみ合えばパワーになるのだと思いますが、お互い言いたい...

もうね、当たり前のことなのに時間通りに学校へ行く娘がエライ!と思えるほど、兄の生活態度がめちゃくちゃで、トラブルを起こさない娘はほんと平和だな~と思っていました。

が・・・そこは子供。

放ったらかしにしていた分、ツケがまわってきました!!

スポンサーリンク

兄弟姉妹で中学受験って大変!通塾中の妹を完全放置で大慌て!

子供たちそれぞれの性格の違い

今までのブログを読んでいただければわかるかと思いますが、兄はと~っても手がかかる子で、ほんっと色々とやらかしてくれますが頭の回転は早い方。

妹は、しっかりもののお姉さんタイプで、敵を作らず、平和な感じですが、あまり考えることが好きではありません。

よく言われるように、足して2で割るとちょうどよいというまさに我が家の子供たちですが、新学年になり、中学受験として一番大変な時期に突入しました。

みなさん、兄弟姉妹がいる中で、どのような生活スタイルを送られているのでしょうか?

2才差でも大変なのに、双子ちゃんで中学受験、年子での中学受験、息つく暇もなさそうですね。

子供たちの性格や得意分野、不得意分野も違うので、親としての関わり方も色々考えさせられます。

が・・・私、今、それどころじゃないくらい娘の塾勉強を放置しちゃっていました。

兄にかかりっきりで親として反省

兄が4年生の時は、初めての塾勉強に付きっ切りで一緒にやっていました。

その時は社会や理科で覚えることも増えてきたり、算数の計算方法が学校より難しくなってきたので色々な問題で練習したり、私の時間は兄についていたので、妹はパパとお遊びタイムでした。

そして、兄が6年生になり、妹が4年生でいよいよ、娘も塾で習ってきたことの復習やテストのためにちょっと勉強をするようになったのですが・・・

兄のトラブル対応でへとへとの私は、すっかり妹のカリテ(カリキュラムテスト)のために本科や栄冠の解き忘れもチェックせず、気づけばテストの3日前~。

あぁ~、娘よ~、ごめん!

と、慌ててあれやこれやの問題を解き、なんだかやっつけ仕事のような勉強のまま、テストを受けることになってしまいました。

いくらしっかりものと言われている娘でも、やりたくない勉強は親に言われないからいいや~と逃げちゃいます。

兄が4年の時と、娘の今を比べると、関わり合いが完全に少ない私・・・。

結局、なんとか一通り4教科の勉強をしてカリテに行きました。

結果としては、社会>理科>国語>算数、共通8で悪くはなかったのですが、やっぱり算数がわかっているようで、わかっていないかった部分がボロボロでてきて親としても反省。

下の子は手がかからないからと放置は危険

娘も、「もうちょっと算数の苦手なところをお母さんとやりたい。お兄ちゃんばかりで私の方も一緒に勉強して~」と、言うようになりました。

さすがに4年生で新しい分野のことばかりの勉強を1人でやるにはつらいですよね。

兄が通常通り、塾へ行くようになったので、その間に妹と私でお勉強タイムが取れるようになってきました。

手がかからないから平気なのではなく、下の子なだけに、親に怒られないようにする術がいつの間にか身についていて反抗しないだけだということはよく聞きます。

上の子にはあれこれ教えてあげたい!と、小さい頃から何でも一緒にやってきましたが、下の子にはつい親としての楽も覚えてしまって半分くらいしか物事を教えてあげていないかも・・・。

私の母からも以前、アドバイスを受けました。

小学校5年生の兄は入塾テストを受け、3年生の2月(新4年生)から日能研に通っています。5年生となると、親としても兄にかかりっきりとな...

今年1年は兄優先でありつつも、妹にも関わる!

今年1年は兄が6年生、妹が4年生で日能研の兄弟割引があると言っても、季節の短期講習、オプション講座、模試代、受験料・・・かなりの出費となります。

勉強面に関しては、兄の自立をうながしつつ、妹にも関わるようにしていこうと思います。

まだ4年生で、娘は難関校が希望ではないのでマイペースでいいかな。
(本人はカフェがある学校が希望だそうですので♪)

と思っていても、だんだん社会も山の名前、川の名前・・・暗記が増えてくるのでそうも言っていられないんですよね。

兄が塾へ行っている間、つい休憩してしまう母ですが、娘との時間も大事にしなきゃ後々に響きそうなので頑張ります。