日能研のカリキュラムテスト4年生の結果・2017年3/25 第3回

6年生の兄に比べると、4年生の妹はまだ日能研の通塾は週に2日なので少ないはずが、日々が過ぎるのが早い~。

ついこの間やっと思ったら、あっという間に2週間に1度の確認テストであるカリキュラムテスト(カリテ)の日が来ちゃいました。

私が兄にかかりっきりで、あまり構っていない娘。

兄が塾へ行ったら、私もついリラックス~と思って休憩しちゃうのがいけないんですけどね(汗)

スポンサーリンク

ヒラメキ型ではない娘にはコツコツ勉強

旅行で行ったところを覚えていない

今回の社会の範囲で、山脈や火山がでてきました。

暗記ものが増えてきて、カルデラの「阿蘇山」という名前がなかなか覚えられない娘。

一昨年の夏休み、家族で熊本の阿蘇山へ行ったのにぃ~!

移動中、レンタカーの車でほとんど寝ていたからでしょうか(笑)

途中で立ち寄ったかわいいプリン屋さんのおいしかったプリンは覚えているようなのですが、そこがどこだか覚えていないって・・・。

兄のために地理や歴史にでてくるところを巡り、いつか娘も役に立つしな~と思っていたけれども、娘には楽しかった旅行という記憶で、親の想いは通じなかったですね
Σ( ̄ε ̄;|||・・・

コツコツと真面目ちゃんタイプ

算数では分配法則で理解するのに苦戦した娘。

兄は理解力があったので、ちょっとコツがわかればサッサと使いこなせていたのですが、娘は手が動かず。

タイプが違うので、勉強方法も変えて、娘と色々な例題をやりながら確認しましたが、テスト本番ではできなかった部分もちらほら。

今は難しく感じるかもしれませんが、次々に色々なことを学んでいくうちにわかってくることもありますし、そこでつまずいて後に引きずる場合もあるので、ちょこちょこと確認チェックしなくちゃなという感じです。

私の小学生の時にそっくりの娘なので、応用力をつけるには、ヒラメキより、基礎をコツコツタイプかな。

きっと、「前にやったじゃ~ん」という状態になりそうな予感。

兄が小4の時カリテ前にやっていた問題集

今回のカリテは、国語の共通と算数の応用が振るわず、共通7、応用5となりました。

社会と理科は問題が全員同じなのですが、基礎クラス問題と応用クラス問題の平均点は10点くらい違うんですよね。

兄が小4の時、カリテ前に本科や栄冠以外に、日能研の問題集をやっていました。

カリテと同じ単元なので、わかりやすいです。




日能研のテストでの正答率が80~100%のA問題と、50~80%のB問題でできています。

娘は・・・私が兄にてこずっているため、そこまで手がまわらず、やってません(汗)

兄の時はこんな記事を書いていましたが、娘はこれでもいっぱいいっぱいになりそうな予感・・・。

日能研の4年生は2週間に1度、単元ごとの確認テスト・カリキュラムテスト(通称:カリテ)があります。教科書の問題と、栄冠という問題集の...

それだけ、妹には私がまだ関わっていないので、余裕がないのが本音ですね。

算数も、理解するためには頭で自分で問題を解く力をつけないといけないので、カリテ前にやっていきたいなと思っています。