1日でできる夏休み自由研究レポート「ペクチン」について実験してみよう!

息子が小学校3年生の時に、夏休みの自由研究として「ペクチン」をテーマにレポートを書いてみました。

「牛乳とまぜるだけ~」でできるデザートがありますよね。

それを使って研究しちゃいましょう!

あれは何で、牛乳とまぜるだけでプルンプルンになるのか??

1日?半日?くらいでできるので、ネタに困っている方は参考にしてください。

詳しく調べれば、小学校3年生だけでなく、高学年でも使える内容なので、どこまで掘り下げるか、色々と試していただければと思います。

スポンサーリンク

ペクチンと牛乳について研究してみよう!

テーマは「くだものパワーはすごい!」

計画としては、

1.フルーチェと牛乳をまぜると固まる仕組みを考える
2.自分で果物フルーチェを作ってみる

です。

フルーチェと牛乳が固まる仕組み

【牛乳以外の乳飲料をフルーチェに混ぜて比べる】

★用意するもの★

いちごフルーチェ200g(50gずつに分ける)

1.牛乳50ml
2.カルシウムの多いミルク50ml
3.豆乳50ml
4.飲むヨーグルト50ml



★フルーチェ50mgずつ




実験してみよう

1~4の飲み物をフルーチェに混ぜて、ストローでぐるぐる混ぜた。

左から順に、1~4で並んでいます。





結果はどうなった?

実際にやってみてください♪








プルンプルンだったり、かためになったり、サラサラだったり、ドロドロだったり、違いがでてきました。

ついでに試食の感想も書けます。

考えたこと、調べたことを書いてみよう

なぜ、フルーチェと牛乳?を混ぜると固まるのか?

キーワードは「ペクチン」!

1~4の飲み物に入っているカルシウムの量を成分表で確認してみると・・・

100ml当たり、〇mgのカルシウムが入っているか違いがわかります。

それと、実験で比較したかたさを比べると、カルシウムが多いフルーチェがかたくなり、少ないものはサラサラだった!ということがわかりました。

自分でくだものフルーチェを作れる?

ペクチンとカルシウムが混ざると、固まる性質があることがわかったので、自分でもできるかな?

と思って試したのが、バナナ!

バナナにはペクチンが含まれているんです。

では、実験開始!

牛乳とバナナで固まるの?

★用意するもの★

・バナナ1本
・牛乳少し

★実験★

1.バナナ1本を輪切りにする
2.お皿に切ったバナナをのせて、電子レンジで1分加熱する
3.あたたかいバナナをつぶす
4.つぶしたバナナと牛乳を混ぜる
5.冷蔵庫で冷やす

それだけ~。





★結果★

牛乳の量が少ないバナナはかたまり、牛乳の量が多いバナナはかたまらなかった。

牛乳の量が少なく、かたまったバナナはババロアみたいになり、結構、しっかりかたまっていた。






ペクチンって何物?

ペクチンについて、掘り下げて調べていくと、ペクチンの中にも種類があるようですが、どこまで研究するかによってどんどん調べることができそうです。

ペクチンは食物繊維として、下痢や便秘を予防する効果があり、色々な果物に含まれているので、バナナ以外にも試すことができそうですね。

夏休みの自由研究として、写真を貼りながら、調べたことをまとめるだけで、研究レポートが完成です!

他の自由研究も参考にしてください♪

夏休みの宿題は読書感想文やドリルだけでなく、自由研究や工作作りがありますよね。なかなか子供1人で全部をやるのは大変なので、親が協力す...