室内の遊び場「トンデミ」トランポリンで大人も子供も運動!イオン幕張新都心にGO!

暑い夏休みに室内で小学生が満足して遊べるところはないかな~と思い、探していたところ、面白そうなところを発見!

イオンモール幕張新都心にあるナムコが運営している「トンデミ」というスペースアスレチックにはトランポリン、クライミングウォール、ロープアクティビティなどがあり、楽しみながら体を動かす施設です。

テレビでも話題になっているようですね。

雨でも、暑くても、寒くても気候に左右されない室内で、子供たちが思いっきり体を動かせるなんて親としては嬉しい限り!

もちろん、親も一緒に参加してもOKですし、付き添いでまったり見守るのもありです。

どんな様子だったか、気になる混み具合はどうだったか、我が家目線でレポートしたいと思います。
(2017年夏の情報です。)

スポンサーリンク

スペースアスレチック「トンデミ」はこんなところ

Webサイトから事前に会員登録

初めて行く場所は混み具合がわからず、しかも日曜日だったので、なるべく早い時間を狙って行くことにしました。

ネットで調べると、会員登録の時間を短縮するために「トンデミ」のサイトから、事前登録をした方が受付がスムーズに進むそうです。

アスレチックを利用する子供たちの情報について事前登録をしておき、受付番号をメールなどで受け取ります。
(時間予約を確保するためではなく、あくまでも初回の会員登録用です。)

詳しい流れ・事前登録についてはトンデミのサイトをご確認ください。

>>「トンデミ」のHP

もし、事前に会員登録ができない場合は、当日の受付で必要事項を記入することもできます。

混雑日は優先ご案内がある

混雑する日であろうという優先ご案内の指定日には、事前にトンデミ公式ツイッターやサイトで案内があります。

私が行った時も日曜日だったので、優先ご案内の日でした。

何が優先ご案内なの??

通常は、直接オープン時間の10時にトンデミの方に並んで受付ですが、優先ご案内日は早くから並ぶため、集合場所が違うんです。

9時45分までにファミリーモール立体駐車場の3階に並び、オープン前にぞろぞろトンデミの受付の方に案内される流れとなっています。

午前9時以降に並んでくださいということだったので、9時15分くらいに到着してみました。

すでに立体駐車場の3階に列ができていて、1回目の回には入れないよな~という順番でした。

ファミリーモール3階にはカンドゥもあるため、並ぶ列を間違えないようにしてくださいというアナウンスがあったので、ご注意くださいね。

店内に入り、受付までの時間が結構長かった~。

9時45分に駐車場から移動してきて受付(会員登録・時間予約・会計・リストバンド受け取り)が終わるまで20分~30分かかったかな。



やはり2回目の11時15分からの回になりました。

10時30分の時点で、この日は11時45分開始が終了していました。





混雑状況はトンデミのツイッターで確認できます。

料金設定がかわるので確認

料金設定については、通常90分入れ替え制で遊ぶ場合、1人につき2400円+初回会員登録料500円、付き添い保護者で遊ばない場合は500円で会員登録不要、小さなお子様専用のキッズスペースは90分で800円(会員登録不要)です。

しかし、たまに3人の割引プランがでたりしますので、サイトでチェックしてください。

私は運動したくない派なので、子供2人で遊ぶことにしたところ、2900円×2人、保護者500円で合計6300円なり~。

90分でこれは高いなり~。

身長・体重制限も確認

身長110cm~190cm、体重20kg~120kgの方はOKです。

キッズエリアは3歳以上で遊べますが、身長120cm以上のお子様はご利用できません。

いよいよ遊べるよ!

集合時間になったら、遊ぶ人は時間帯で色分けされているリストバンドをつけます。

簡単に注意事項を聞き、中に入ると、4ケタの暗証番号をダイヤルで設定できるロッカーがありますので、荷物を入れられます。

中に小さいビニールバッグがあるので、最低限の荷物だけ入れ替えて持ち歩けます。



会員登録をした人は、トンデミ専用の靴下がもらえますので、それを履いて遊ぶことになっているそうです。





クライミングウォールエリア

子供たちが一番最初にやりたがったのがクライミングウォールにある、ビル登り?&飛び降り。

これも入れ替え制なので、列がすでに長いと待つことになり、90分制のなかでここに並ぶために時間がかかるのはちょっともったいないですね。



命綱のロープをつけて、階段のようにどんどん高くなっているビルを上り、最後は一番高いところからジャンプして飛び降ります。

大人でも勇気がいりそう・・・。





スタッフの方がいるので、危険な感じはしませんでしたが、入れ替え制なので時間が足りずに自分で好きなようにできなかったり、もう一回やりたければ並びなおし。

ちょっとやる分にはいいですが、混んでいると何回も!全部制覇!というわけにはいかなそうです。

トランポリンがいっぱい!

大人も世界中でトランポリンのエクササイズが流行っていますが、子供たちにも注目されているようですね。

我が家も家庭用トランポリンがありますが、置いてあると、子供たち、ちょこちょこ跳んでいます(笑)

前からずっと欲しいと思っていた家庭用トランポリン。でも置き場所が・・・困りますよね。最近、体幹を鍛えるブームもあり、注目され...

トンデミのトランポリンは、広くて楽しそう。



トランポリンから柔らかいスポンジの山に思いっきりダイブしたり、忍者修行として綱渡り体験などもあります。



トランポリンをしながら、ドッジボールやフリスビーができる場所もあります。





プロジェクションマッピングを使用した新感覚トランポリンアトラクション『スペースホッパーズ』もあり、映像とトランポリンのコラボ?で楽しみながら運動できて最新だな~という設備ですね。

高いところで動けるかな?「ロープウォークエリア」

落下しない命綱のハーネスをつけて、空中アスレチックを1周できるコースがあります。



室内なので、簡単バージョンですが、意外と上に行くと恐怖感はあるかもしれません。

話がそれてしまいますが、もっと自然の中でスリルを味わいたい!ということであれば、このロープウォークを体験できる場所があるんです。

小田原にあるフォレストアドベンチャーに行ったことがあるのですが、ハーネスをつけて森の中で空中アスレチック体験ができるのでおすすめです。
(色々なところにありますので、お近くにあるかHPでご確認ください。)

>>「フォレストアドベンチャー」のHP

ターザンのように長い距離をシャーーと移動したり、高いところでバランスをとりながら足をすすめたり、子供がある程度大きくなったら親子で楽しめますし、大人のグループでも運動になります。

他にも、相模湖近くにある「プレジャーフォレスト」の「空中アスレチック天狗道場」でもハーネスをつけて体験しました。

プレジャーフォレストでは、さらに気合が入った施設が最近オープン!

120㎝以上の子供から大人まで標高370mの山頂でロープウォークをするというアクティビティ「マッスルモンスター」ができたみたいで、行ってみたい~。

>>「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」のHP

身長制限などもありますが、大人も勇気をだして自然の中のスリル体験をしてみてください!

飲み物・タオルはあった方がいいかも

室内で飲み物やアイスを購入することができます。

ベンチもあるので、保護者も座って待つ場所はありますが、子供を見守るだけであればヒマです。

(一緒に運動しなよ!という心の声も聞こえますが・・・)

全体的な感想

朝からほどほどに気合を入れていきましたが、2回目以降の回は、1つ前の回の人たちと重なる時間帯があるため、やっぱり一番最初の回に入れる方が理想かもしれません。

10時半過ぎに我が家は受付が終了し、11時の集合時間まで隣のゲーセンで時間つぶしをしていました。

もしくは、逆にゆっくりと夕方以降の回の方がいいのかも。

小学生の子供たちは思いっきり体を動かして、楽しかったようですが、そんなに広いわけでもなく、90分という時間はちょうどよかったのかもしれませんが、お値段が高い!!

親として、次回から会員登録料がいらないとしても、リピートはちょっと厳しいかなというのが素直な感想です。

子供たちは、通りすがりで「今の時間空いてそうだよ!」と言ってきても、お値段を考えると気軽には行けません~。

終了後は、お昼の時間帯だったので、目の前のフードコートが混み過ぎて土日祝日の席取りは大変ですね。

食後にトランポリンも厳しいかと思いますので、時間帯選びにお気を付けください☆