赤から鍋の辛さ定番の3番より辛い!5番のスープ登場で食べてみました

鍋がおいしい時期になりましたね~。

我が家では1年中、鍋を食べていますが・・・(野菜たっぷり、時短だから(笑))。

スーパーではたくさん鍋スープの種類がありますが、私が数年前からおすすめなのが、「赤から鍋(3番)」!

初めて見た時は、真っ赤っかスープにビビった私。

そんなに辛いものが得意ではなかったので、恐る恐るでした。

しか~し、主人にすすめられて食べてみると、ただ辛い~!ヒ~!というわけではなく、味噌ベースなのでコクもあり、甘さもあるんです。

カラムーチョみたいな感じ??

定番の辛さ「3番」よりも辛い「5番」の家庭用スープがスーパーにも登場しました!

というわけで、赤から鍋ファンであるので興味津々で買って比べてみました。

スポンサーリンク

おすすめ!家庭で食べられる赤から鍋

年々スーパーで見かけるようになった

数年前、ロピア(TOKYO-BAYららぽーと内)というスーパーで主人が「これ食べたい」と言って、家庭用の鍋スープ「赤から3番」を買ったのが始まりでした。

赤から鍋は名古屋に店舗があり、主人が出張で行っておいしさを知っていたんです。

ここ数年で店舗も増え、我が家も千葉の店舗に行ったことがあります。

詳しい記事はこちらをご覧ください。

お鍋の季節じゃなくても我が家は一年中鍋です。だって・・・料理苦手な私にはすごく早くできて、ヘルシーで次の日にもリメイクできるし、おい...

赤から鍋スープの3番と5番を比較!



今年は、辛さ5番を同じロピアで発見し、家庭でも食べられるとなれば、どれくらい辛いのか、チャレンジ!

ちなみに、私はカレーの中辛がギリレベル、主人は辛口が好きレベルです。

そうすると、定番の3辛は私にとって、やや辛いけど後をひく~、主人は余裕でおいしいという状態。

3番と5番のパッケージの裏を見てみると・・・表示は成分の多い順に記載されると聞いたことがありますが、それぞれ内容の順番が違う・・・。

【3番】



【5番】



5番は、豆板醤が多いってことですね!

なめてみると・・・3番は味噌っぽい甘さの後にピリッと辛さを感じますが、5番は最初っからピリッと辛い~!

鍋にしてみると、5番の鍋、地獄温泉のように真っ赤でぐつぐつ・・・なんか怖い・・・。



今までは、3番でも真っ赤!と思っていましたが、こうやって並べてみると、3番はまだ味噌っぽさがあって色も薄く見えます。
(白菜が多かったからかもしれませんが・・・)



では、いただいてみます。

5番、私にとってかなり辛いです!

辛いですが、絶望的な辛さではなく、カレーの辛口くらいで食べられるけれど、汗がでる・・・カライ・・・。

3番も辛いけれど、やっぱり5番は辛さが引き立ちます。

カレー辛口派の主人は、「5番もいけるな~。名古屋で4辛を食べたことがあるけど、5辛もなかなかいけるよ。辛いは辛いけど、おいしい」という感想。

店舗では、10段階の辛さがありますので、こうなると6番以降は私にとって、恐いゾーンですね。

赤から鍋で体がポカポカ

赤から鍋を2つも作りましたが、子供たちは辛くて食べなかったので、2日目に雑炊にしたり、うどんを入れて食べました。

5番は、雑炊に卵を入れているので、多少まろやかつつも、やっぱり辛い(笑)

けれど、なんだか後を引くんですよね~。

私はそんなに量を食べられませんでしたが、辛いもの好きな人は、5番もおいしくいただけると思います。

赤からデビューの方は、まずは定番の3辛をおすすめします。

購入する時は、辛さの番号を間違えないようにしてくださいね。