コナンと日本の歴史に挑戦!日本史探偵コナンの漫画で楽しく勉強

我が家の子供たちはコナン大好き。

今の学習漫画は種類が豊富で、昔からの定番がリニューアルされたり、特典セットが発売されたり、ドラえもん、クレヨンしんちゃんなどキャラクターが登場したり、楽しく読めるものが増えましたね。

日本の歴史は小学校5年生から学習しますが、小学校低学年から読める歴史まんがも多く、子供が興味を持ったら親としてはぜひ読んで~!と大歓迎です。

スポンサーリンク

日本史探偵コナンがシリーズで発売

すでにコナンが登場する歴史の学習漫画「名探偵コナン」シリーズがありますが、ちょっと内容の難易度が高めなんです。

>>名探偵コナン学習まんがシリーズで推理しながら謎に迫る!

このシリーズがあるにもかかわらず、コナンで今度は初心者というか、低学年からでも楽しく読める歴史まんが「日本史探偵コナン」が登場しましたっ!

さっそく買ってみたので、紹介したいと思います。

これを読んで歴史を知る!

すでに発売されている1巻の縄文時代、2巻の弥生時代、8巻の戦国時代を子供たちと読んでみました。

12巻あるため、1時代1巻となっています。

ストーリー設定がアニメ風になっているので、できれば1巻から続きを読む方がいいかなと思います。

過去へタイムワープした子供たちが12個の「時のイシ」を集めて現代に戻る、その時代時代で起こる事件やトラブル、イシ集めを現代にいるコナンやコナンの仲間である少年探偵団たちがアイテムを使って通信しながら助ける、全部のイシが集まらないと現代に帰れない・・・

続きが気になる設定なんですよね。

ストーリー設定やアイテムなどの説明はどの巻の最初にも書いてあるので、好きな時代を読んでもよいと思いますが、怪盗ウルフが邪魔をしてくるので、コナンとどうやって対決していくか、子供たちとしては気になるようです。

その時代の歴史上人物が登場したり、途中に推理ノートといって、約15個のテーマでコナンが文化や時代についてなどの説明をしてくれるので、歴史内容も楽しく読めます。

中学受験などにでてくるような歴史用語は期待できませんが、これから歴史を始める、これを読んで歴史を知るという意味で、続きが読みたくなるストーリーと、興味惹かれる資料的な推理ノートでバランスがとれている学習まんがとなっています。

全12巻が発売予定



2017年12月に発売が開始し、2018年3月に全12巻がそろう予定です。

今後の予定としては、

2017年12月22日ごろに3巻の飛鳥時代、4巻の奈良時代、10巻の幕末・維新

2018年2月22日ごろに5巻の平安時代、6巻の鎌倉時代、11巻の明治時代

2018年3月22日ごろに7巻の室町時代、9巻の江戸時代、12巻の昭和時代

となっています。




私と子供たちの感想

私としては、歴史まんがサバイバルシリーズに似ていて、歴史を知らなくても読んでいるうちに歴史を知ることができる漫画かなという感じがしました。

小学校6年生の兄は中学受験勉強で多くの用語を知っているので、「漫画として普通に楽しく読めたし、歴史を知らない子が読めば、歴史ってこういうものなんだと楽しみながら知ることができるんじゃないかな」と言っていました。

4年生の妹は、「コナンが主人公じゃないから現代からの通信相手としてしか登場しない~」と不満だったようです。

(タイムスリップしている子供たちがその時代で事件にあったり、現代に戻るためのイシを探しているので実際には漫画の主役はコナンではないんですよね。)

どちらにしても、また続きを読みたいと言っているので、次の発売を楽しみにしています。

もう少し詳しく内容を知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください♪

>>初めて歴史を学ぶ小学生向き!日本史探偵コナンで歴史の面白さを知ろう